試合レポート

【甲子園】2回戦 仙台育英 vs 聖光学院

2023.08.12


東北対決は仙台育英が制する!150キロ右腕が剛速球、カットボールで聖光学院の勢いを止める

<第105回全国高校野球選手権記念大会:仙台育英8ー2聖光学院>◇12日◇2回戦◇甲子園

仙台育英(宮城)vs聖光学院(福島)の一戦。仙台育英がポイントにしたのは先取点を挙げたことだった。

聖光学院の左腕・小室 朱生投手(3年)の小さく切れるカットボールに苦しみながらも、先取点を挙げたことで、試合の主導権を握った。

先発したのは実戦力が高い田中 優飛投手(3年)。打たせて取る投球を心がけたが、なかなか聖光学院の打者もしぶとく、田中のペースで投球ができない。3対1とリードしていた4回表、杉山 由朗捕手(3年)に本塁打を浴び、4回2死になったところで降板した。

マウンドに登ったのは湯田 統真投手(3年)。この1週間、生活習慣、ホテルの過ごし方の見直しを行った。「特に2ストライクから振ってくる打線なので、しっかりとカウントをとってから、より追い込んでから厳しく投げることをこだわりました」

3対2で試合が均衡したまま動かなかったということもあり、「よりギアを高めていきました」と最速150キロをマークした速球と130キロ後半の斜め変化のカットボールで聖光学院打線を抑えた。

この湯田に応えようと打線が7、8回に追加点を入れた。特に7回はベンチ入り争いをギリギリまで争った濱田 大輔外野手(2年)が2点適時二塁打。須江監督から脚力、守備力の高さ、打撃力を高く評価されている選手が土壇場で仕事を行った。

9回、8対2と点差がついたが、高橋 煌稀投手(3年)が登板。須江監督は「聖光学院さんは最後までミラクルを起こしてきたチーム。もうこの場面は高橋でした」と最速147キロをマークした速球で聖光学院打線をねじ伏せた。

スコア上では完勝に見えるが、紙一重の勝負であった。それでも最善を尽くした投手起用、勝負強さを発揮する選手たち。改めて仙台育英の底力が見えた試合だった。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 仙台出身の船

    2023-08-17 at 10:29 AM

    仙台出身ですが現在広島に居ます。広陵が負けてしまい広陵の分まで優勝して下さい。2連覇期待してます。昨年も同じメッセージ送ったら仙台育英優勝だったので暑い甲子園球場ですが頑張って下さい

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.10

センバツ準V報徳学園を止めるのは? 神戸弘陵の152キロ右腕、逸材集団の東洋大姫路…春の兵庫を盛り上げる逸材たち!【注目選手リスト】

2024.04.11

中京大の新入生に愛知、東海地区を代表する好投手、好打者たちが続々入学! 大阪桐蔭や名門校出身者・甲子園出場組も

2024.04.10

【埼玉】八潮南、所沢商、浦和などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?