試合レポート

【甲子園】1回戦 徳島商 vs 愛工大名電

2023.08.07


優勝候補・愛工大名電相手に完投勝利を挙げた徳島商の149キロ右腕の覚醒を感じ取った女房役の証言

<第105回全国高校野球選手権記念大会:徳島商2-1愛工大名電>◇7日◇1回戦◇甲子園

 徳島商(徳島)が149キロ右腕・森 煌誠投手(3年)の1失点完投の快投で、優勝候補・愛工大名電に1点差勝利。まさに今大会を代表する本格派右腕に相応しい投球だった。

 多くの人々が想像以上だったという声が相次ぐ中、覚醒を予感していたのが森煌の女房役・真鍋 成憧捕手(3年)だ。大会直前に森煌の球質の変化を感じていた。

「それまでは140キロ後半の速球は球速表示ほど感じなかったのですが、6月下旬になって、急に手元で伸びるストレートになって、覚醒したなと思いました」

 その直球は愛知で数々の好投手を攻略してきた愛工大名電打線にも通用した。森煌自身は直球が走っていなかったというが、最終回に最速147キロをマーク。決め球のスプリットも決まっていた。

 その森煌を支えようと、内野手、外野手も守備で魅せた。1回に1点を取られたあと、三塁に向かう走者を右翼手の森口 圭太外野手(3年)が強肩で阻止したり、遊撃手の岸本 愛翔内野手(2年)の守備も素晴らしいものがあった。

 どの選手も脚力が高く、愛工大名電にプレッシャーをかけ続けた。まさに完勝というべき試合内容だった。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?