試合レポート

創価vs都立片倉

2023.07.15


創価 長谷川輝

創価のエース・土居の好リリーフで初戦に勝利!都立片倉は健闘するもミスに泣く

<第105回全国高校野球選手権西東京大会:創価11ー6都立片倉>◇15日◇3回戦◇府中市民

試合会場の府中市は、東京都から「女子野球タウン」に認定されている。試合に先立ち地元の中学生の女子野球の強豪であるピンクパンサーズの久江 桃子投手・川畑 心愛捕手による始球式が行われた。

シード校の創価は今大会初登場。都立片倉は初戦で都立八王子北に打ち勝って3回戦に進んだ。今大会、都立のシード校はないだけに、都立の強豪として意地をみせたいところだ。

創価の先発は、左腕の長谷川 輝投手(2年)。長谷川の直球を中心に押す投球に都立片倉打線は、3回まで1人の走者も出すことができない。

都立片倉は横手投げのエース・高橋 利季投手(3年)が先発する。1回、創価は1番・小林 正治内野手(3年)の死球と3番・鈴木 太蔵捕手(3年)の左前安打などで1死一、三塁とし、4番・高橋 悠大外野手(3年)の二塁打で2人が生還する。高橋悠も三塁に進んだのち、暴投で生還し、創価が初回に3点のリードをする。長谷川の好投もあり、創価の一方的なペースかと思われた。けれども都立の強豪である都立片倉は、4回に長谷川の直球をしっかり捉える。

4回、都立片倉の1番・生江 健太郎捕手(3年)がチーム初安打となる二塁打を放つ。犠打に敵失で1点を返した後、4番・上野 晴斗外野手(2年)、5番・石川 空汰内野手(3年)、6番・藤井 亜郎内野手(3年)の3連打で同点に追いつき、8番・関田 海陽外野手(3年)の二塁打でさらに2点を勝ち越した。

都立片倉としては力の片鱗はみせたが、勝つためにはリードした次の守りは重要である。しかし4回、創価は、安打2本と四球で1死満塁とし、暴投でまず1点差。さらに1番・小林の三ゴロで本塁への送球が悪送球になり、同点。続く2番・鈴木 敏幸内野手(3年)の三塁打で2人が還り勝ち越し。鈴木敏は3番・鈴木太の左前安打で還り、鈴木太は、6番・藤井の二塁打で還り、創価はこの回一挙に6点を挙げた。

創価は5回からエースの土居 賢士郎投手(2年)を投入。この春、速球に磨きがかかった土居は、夏にかけて「回転数が増しました」。伸びのある速球は、他の投手との差が歴然である。ただ初戦の緊張、それに都立片倉の打線を意識して「力みがありました」という土居は、やや荒れ球になった。それでも6回に四球と失策絡みで1点を失ったものの、大崩れはしない。

都立片倉小野田 礼人投手(3年)、田口 諒登投手(3年)と投手陣をつなぎ、8回に失策絡みで2点を失ったものの、5回から7回までは創価打線を抑えた。結果は11対6で創価の勝利。序盤の一方的な展開を考えれば、都立片倉も健闘した。「やれることはやりました。でも大事なところでミスが出てしまいました」と都立片倉のベテラン・宮本 秀樹監督は言う。

一方、初戦に勝利した創価の片桐 哲郎監督は、「初戦の難しさがあり、ミスも出ましたが、合格点はあげられる。今後も一戦一戦、目の前のことをしっかりやっていきます」と語った。4回戦は18日、世田谷学園都立福生の勝者との対戦になる。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【兵庫】東洋大姫路、神戸国際大附がコールド発進<春季県大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】慶應志木がドラフト候補・冨士大和から2点をもぎとり、完封勝利で県大会へ!大宮東は夏ノーシードスタート

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>