Column

智辯和歌山、市立和歌山が優勝争いを牽引か 和歌山大会の注目ポイント

2023.07.11


 第105回全国高校野球選手権和歌山大会が11日に開幕する。39校36チームが出場し、春に4強入りした市立和歌山智辯和歌山和歌山南陵箕島がシード校となった。シード校は4つのゾーンに散らばり、準決勝で再抽選を行うことになっている。6月24日に行われた組み合わせ抽選会の結果を踏まえ、大会の展望を行っていきたい。

 優勝争いは6大会連続の夏の甲子園出場を目指す智辯和歌山と、春優勝の市立和歌山を中心に展開されるだろう。智辯和歌山青山 達史外野手(3年)、中塚 遥翔内野手(3年)の長距離砲を中心に打線が強力。足を使える多田羅 浩大外野手(3年)もいて、多彩な攻撃で得点を積み重ねる。

 投手陣も技巧派左腕の吉川 泰地投手(3年)と最速146キロ右腕の清水 風太投手(3年)を中心に好投手が揃っており、投打のバランスがとれている。センバツ後はケガ人が続出したが、俊足外野手の藤田 一波外野手ら1年生の台頭が目立ち、チーム内競争は激しさを増した。夏にはベストメンバーで戦うことができるかに注目だ。

 智辯和歌山のいるDゾーンは昨夏準優勝の桐蔭や秋の近畿大会に出場した海南、堅い守りを見せる熊野や投手力の高い星林など公立の有力校が揃う。智辯和歌山が頭一つ抜けている感のあるゾーンだが、一泡吹かせるチームは現れるか。

 市立和歌山は最速145キロ右腕の栗谷 星翔投手(3年)がエースとして頼もしさを増した。控え投手の小野 莞都投手(3年)も140キロ超えの速球を投げる本格派右腕で、投手力に不安はない。打線は2年生ながら4番捕手の大役を務める麹家 桜介捕手やパワーのある藤井 新外野手(3年)に当たりが出れば、得点力がアップする。

 Cゾーンで市立和歌山の対抗馬となりそうなのが日高中津。投打の柱である市木 栄勇投手(2年)を中心に個々の能力は高く、初戦敗退に終わった春からの巻き返しを図っている。打力のある日高や春8強の新宮、安定して力を発揮する向陽なども上位進出を目指す。

 激戦になりそうなのがBゾーン。シード校の和歌山南陵は昨夏4強時のレギュラーが多く残っている。主将で4番・捕手の松谷 仙捕手(3年)が好守でチームを引っ張り、キレのある変化球を投げる左腕の片岡 雅天投手(3年)や本格派右腕の上田 航毅投手(3年)や松下 光輝投手(2年)など多彩な投手陣を巧みにリードする。

 秋の近畿大会に出場した近大新宮はエースの大槻 虎生投手(3年)が腰を痛めて登板できなかった影響もあり、春は初戦敗退。彼の復調具合がチームの命運を左右するだろう。このゾーンは初芝橋本県立和歌山商田辺耐久と試合巧者のチームが多く、どこが勝ち上がってきてもおかしくはない。

 箕島は主将で4番・捕手の澤 虎太郎捕手(3年)が大黒柱。今年は投手も務め、フル回転の活躍が期待される。

 昨春の甲子園に出場した和歌山東は打線の中核を担う谷村 剛内野手ら2年生に有望選手が多い。春は3回戦敗退に終わったが、成長した姿を見せられるか。

 Aゾーンは箕島和歌山東の一騎打ちになりそうだが、それぞれ初戦でぶつかる南部田辺工も侮れない。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商