Interview

東海大相模から系列校に転入した大型遊撃手・百崎 蒼生の現在 そしてかつてのチームメートへの思い

2023.05.10

 東海大相模(神奈川)は、2021年センバツで優勝を果たし、過去5度の全国制覇の経験を持つ。そのスーパー1年生として秋季関東地区大会で鮮烈な活躍を見せた百崎 蒼生(ももさき・あおい)内野手(3年)は、その後、系列校である東海大星翔(熊本)に転校した。表舞台から姿を消して実質1年半が過ぎたが、転校に伴う出場停止期間中も腕を磨き続け、甲子園出場、そしてプロ入りの目標は諦めていない。

 5月から公式戦出場が解禁となるが、すでに残された大会は最後の夏のみ。この1年間をどんな思いで過ごし、ぶっつけ本番の夏へどんな準備をしているのか。そして、かつてのチームメートへの思いとは。

相模時代は周りが見えてなくて幼かった

東海大相模から系列校に転入した大型遊撃手・百崎 蒼生の現在 そしてかつてのチームメートへの思い | 高校野球ドットコム
百崎 蒼生(東海大星翔)

 2021年の秋季関東地区大会。神奈川の名門・東海大相模は、1年生遊撃手・百崎の独り舞台だった。初戦の花咲徳栄(埼玉)戦では5打数5安打と大暴れし、守備でも再三にわたり好プレーを連発。大型遊撃手の出現にスカウトは色めき立ち、2023年のドラフト候補として早々に名を上げた。

 だがその後、東海大相模のメンバーに百崎の名前が並ぶことは2度となかった。有望選手の転学は様々な憶測を呼んだ。

 「チームメートに対して良くない振る舞いをしてしまい、周りはそれを許してくれませんでした。自分だけが結果を残している中で、周りを引っ張っていこうとしましたが、上から目線というか、仲間の気持ちを考えない言葉を口にしてしまいました」

 熊本県出身の百崎。遠く離れた神奈川県で身一つで勝負する決心をし、強豪の門をたたいた。甲子園優勝と高卒プロ入り。掲げる目標とのギャップに焦りを感じ、無我夢中でバットを振り続けてきたが、その「力み」がチームメートとの間に軋轢を生んだ。

 結果の出ない同級生に対して厳しい声かけで奮起を促すが、無意識のうちに相手の気持ちを考えない言葉となり、思いとは裏腹に立場は孤立していくばかり。百崎は孤独に耐えきれず転学を決断した。

 当時は「周りの意識が低い」と捉えていたという百崎。だが、この1年間で自らの非を少しずつ受け入れられるようになり、元チームメートに対してひたすら謝罪の言葉を口にする。

 「周りも頑張っていることくらい、今ならわかります。ですが、当時は周りが見えてなかったし、本当に幼かったと思います。チームメートだけでなく、監督をはじめ指導者の方々にも本当に迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳なかったと思っています」

[page_break:母親思いの優しすぎる少年]

母親思いの優しすぎる少年

東海大相模から系列校に転入した大型遊撃手・百崎 蒼生の現在 そしてかつてのチームメートへの思い | 高校野球ドットコム
百崎 蒼生(東海大星翔)

 地元の熊本に戻った百崎は、同じ東海大学の付属校である東海大星翔へと転入した。チームを指導する野仲義高監督は、中学時代にもプレーを何度か見て、百崎には大きなポテンシャルを感じていた。

 仲間から孤立した経緯を聞き、チームに溶け込めるか一抹の不安もあったというが、最初にグラウンドを見学にきた姿を見て意外な印象を持った。

 「チームメートと上手くいかなかったと聞いて、どんな子だろうと思っていましたが、本当に心優しい子で正直少し驚きました。お母様と一緒にグラウンドを見学に来ましたが、『足元、気を付けて』と声かけたり、そこまで母親に気を遣うのかという感じで。
 百崎は、お母様に女手一つで育ててもらっています。母親を楽させてやりたいという思いがとても強い子で、思いが強すぎる故に、自分を大きく見せようとか、大人びた振る舞いをしようとか、そういった行動に繋がったのではないでしょうか。優しすぎる思いが、悪い方向に出てしまったのだと思います」

 野仲監督の考察を、本人にも伝えた。

 百崎は否定することなく、母への思いを素直に口にする。

 「確かに、そういったところがあったのかもしれないです。母には本当に迷惑ばかりかけてきたので、絶対に恩返ししたいなという気持ちがあります。結果的に東海大相模を辞めてまた迷惑をかけてしまいましたが、今は自分が甲子園でプレーしている姿を見せて、そしてプロに入って楽させてあげたいと思って頑張っています」

[page_break:甲子園で東海大相模と対戦したい]

甲子園で東海大相模と対戦したい

 東海大星翔は、今年の春季熊本大会の2回戦で有明に敗れ、5月に行われるRKK旗争奪選抜大会も出場を逃した。百崎に残されたチャンスは夏のみだ。

 1年秋までに11本放った本塁打は、転入後28本まで伸び、また守備でも大きな手応えを感じている。1年前は遠回りとさえ思った高校野球生活だが、改めて振り返ると、東海大相模での出会いはかけがえのない大きな財産となっていた。

 「守備では、大塚瑠晏さん(東海大2年)と深谷謙志郎さん(法政大1年)の2人がショートの先輩にいて、その後ろでノックを受けたことが大きかったです。見て学ぶこともたくさんあったし、直接教えていただくこともあり本当に勉強になりました。
 東海大相模を辞めた後も、笹田海風さん(東海大1年)に島根のご自宅まで呼んでいただき、中学野球指導者のお父さんから、泊まり込みで打撃を教えていただきました。ただ体重をぶつけるだけだった打撃が、下半身を使った打撃に変わり、打球も一気に変わったんです。東海大相模での出会いがあったからこそ、成長できたと思っています」

 高卒プロ入りを目指す百崎だが、まずは一発勝負の夏が控えている。

 チームメートとして受け入れてくれた東海大星翔の仲間たちや、お世話になったすべての人たちへの恩返しの場と位置づけ、夏に向けて練習に励んでいる。

 「1度高校を中退した自分でも、応援してくれる方々がいて本当に感謝しかありません。母もそうですし、熊本泗水ボーイズの有田代表、松崎監督、東海大相模の指導者の方々、今まで支えてくださった方々に『あいつ楽しんで野球やってるな』って思ってもらいたい。
 そして、もし叶うなら、甲子園に出場して東海大相模と対戦したいです。同級生には迷惑かけたけど、熊本で反省して成長したんだって姿を夢の舞台で見せたいです」

 挫折や過ちは、成長で洗い流すしかない。それを知っただけでも、百崎は神奈川までいった甲斐があっただろう。

 満面の笑みで野球を楽しむ百崎が、もうすぐ表舞台に帰ってくる。

(取材=栗崎 祐太朗

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.17

元営業マンの監督が率いる大阪学院大高が夏初戦、春初優勝の勢いを夏にぶつける!17日大阪大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

シード国士舘が過去5戦全敗の強敵・ノーシードの日大三に挑む!17日西東京大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国ベスト8以上進出校一覧7・16】青森山田と八戸学院光星が8強入りし、準々決勝で対決!山梨、佐賀でも8強名乗り、北北海道では4強が決まる

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」