News

ヤクルトでは「球界最年長」が22年連続勝利を、「球界最年長野手」が2000安打を、それぞれ目指す

2023.01.23

ヤクルトでは「球界最年長」が22年連続勝利を、「球界最年長野手」が2000安打を、それぞれ目指す | 高校野球ドットコム
石川雅規、青木宣親

 春季キャンプがいよいよ2月1日からスタートする。新人たちは各球団で合同自主トレを行い、プロの水に慣れようとしている。一方でベテラン選手たちはそれぞれのペースでトレーニングを行っていることだろう。

 さて、このオフも多くの選手が引退したが、各球団のベテラン選手事情はどのようになっているのだろうか。各球団の年長者3人を振り返ってみたい。(※年齢は2023年の満年齢)

 セ・リーグ3連覇を目指すヤクルトは今年もベテラン勢が主力としてチームの戦力となっている。

 チーム最年長は球界最年長の43歳になる石川 雅規投手(秋田商出身)。昨シーズンも入団以来、21年連続で勝利を挙げるなど、16試合の登板で84回を投げ6勝4敗、防御率4.50の成績を残し優勝に貢献。今シーズンも先発ローテーション入りを目指すことになる。

 今年41歳を迎え、球界野手最年長となった青木 宣親外野手(日向高出身)が石川に続く。昨シーズンは新型ウイルス陽性判定を受けたことで離脱もあり、81試合の出場にとどまった。また、打率.248(222打数55安打)も1軍に定着した2年目以降で自己ワースト。今シーズンは復活をかけて臨むシーズンとなる。定位置である左翼は山崎 晃大朗外野手(青森山田出身)や濱田 太貴外野手(明豊出身)、宮本 丈内野手(履正社出身)らライバルは多い。NPB通算2000安打まであと126本に迫っているベテランが若手や中堅の壁になる。

 石川、青木に続くのが36歳になるシーズンを迎える荒木 貴裕内野手(帝京三出身)と川端 慎吾内野手(市立和歌山商出身)のふたり。両選手ともに昨シーズンは不本意な成績に終わった。

 荒木は2013年以来9年ぶりに50試合出場を下回り、打率.136(22打数3安打)と苦しんだ。シーズン終盤には登録を抹消され、ポストシーズンでの出番もなかった。川端も2021年は代打の切り札として優勝に大きく貢献するも、昨シーズンは打率.175(57打数10安打)と不本意な成績に終わっている。

 ともにレギュラーは難しい状況だが、チームの中で求められている役割を理解できる選手たちだ。各々が役割を果たし、1軍に定着することを目指す勝負の年となる。

<2023年ヤクルト年長者上位3人>
※外国人選手除く
※2023年の満年齢

石川 雅規(投手/43歳)
青木 宣親(外野手/41歳)
荒木 貴裕(内野手/36歳)
川端 慎吾(内野手/36歳)

(記事=勝田 聡

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

駒大苫小牧、北海道栄、苫小牧中央が同ブロック!この3校から南北海道大会に進めるのは1校だけ!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

【北海道】北見支部の抽選は14日!遠軽と北見柏陽が軸<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.13

【群馬】14日に抽選会!センバツ王者・健大高崎が軸、ノーシード桐生第一にも注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに