Column

「初」づくしに「W」快挙 宮城県高校野球の3大ニュースを発表!

2022.12.22

「初」づくしに「W」快挙 宮城県高校野球の3大ニュースを発表! | 高校野球ドットコム
悲願の初優勝を果たした仙台育英(日刊スポーツ_アフロ)

今年も様々なドラマが生まれた高校野球。宮城県高校野球の3大ニュースを厳選した。

仙台育英が悲願の「白河の関越え」

 最大のニュースはやはり、仙台育英が成し遂げた東北勢甲子園初優勝ではないだろうか。東北の高校が甲子園の決勝に進んだのは、春夏通じて13度目。何度も苦杯をなめたこの舞台で勝利し、深紅の大優勝旗がついに、「白河の関」を越えた。

 優勝決定後、JR仙台駅前は号外を求め集まった大勢の人で埋め尽くされた。地元テレビ局は、ナインを乗せた新幹線が「白河の関」付近を通過する瞬間を中継。杜の都は、“育英フィーバー”に沸いた。この快進撃は宮城県民のみならず、全国の高校野球ファンから注目を集め、須江航監督が優勝インタビューで発した「青春って、すごく密なので」という言葉は大きな反響を呼んだ。

 優勝を決定づけたのが、下関国際(山口)との決勝で飛び出した岩崎 生弥内野手(3年)の満塁弾。3点リードの7回1死満塁、真ん中高めの直球を捉え、左翼席へ放り込んだ。岩崎は昨年患った逆流性食道炎などの病を乗り越え高校最後の夏を迎えたが、県大会はメンバー外。それでも甲子園で背番号14を勝ち取ると、序盤は「代打の切り札」として活躍し、最終的にはレギュラーの座を奪った。選手層の厚さを象徴するようなヒーロー誕生劇だった。

 また主に4番を任された斎藤 陽外野手(2年)、4試合に登板し優勝の瞬間もマウンドに立った高橋 煌稀投手(2年)ら、投打ともに2年生の活躍も際立った。センバツ初優勝、夏の甲子園連覇など、次なる快挙の達成も予感させる戦いぶりだった。

[page_break:仙台育英、東北のセンバツW出場が当確]

仙台育英、東北のセンバツW出場が当確

「初」づくしに「W」快挙 宮城県高校野球の3大ニュースを発表! | 高校野球ドットコム
高橋煌稀(仙台育英)、ハッブス大起(東北)

 今秋の東北大会は仙台育英東北が決勝に進出し、来春のセンバツ出場を当確とした。仙台育英柴田が出場した2021年以来、宮城県勢2校が聖地へ向かうこととなりそうだ。

 仙台育英効果もあり、今秋の宮城県大会、東北大会は例年以上に大きな注目を集めた。そんな中、仙台育英に負けじと存在感を示したのが、宮城県内で仙台育英と双璧をなす強豪・東北。8月にOBで元巨人の佐藤洋監督が就任し、早くも結果を残している。

 県大会では、大会10連覇中で甲子園経験組の多く残る仙台育英に、決勝で土をつけた。2対1と接戦を制しての勝利。中でも光ったのが3投手による継投だ。先発の最速145キロ右腕・ハッブス 大起投手(2年)と技巧派左腕・秋本 羚冴投手(2年)が8回まで0を連ね、最終回は根岸 聖也投手(2年)が1点を失うも試合を締めた。県大会は6試合でわずか2失点と、この3投手を中心に投手陣は抜群の安定感を誇った。

 東北大会でも決勝で仙台育英と対戦し、敗れたものの善戦。準々決勝では山形中央(山形)の最速144キロ左腕・武田 陸玖投手(2年)相手に粘り勝ちし、準決勝では3本塁打で今夏の甲子園4強・聖光学院(福島)を下すなど、東北大会では野手陣の奮闘も目立った。

 佐藤監督は「自由に楽しく、でも一生懸命」をテーマに掲げ、丸刈りの廃止やTシャツ、短パンでの練習参加容認など、大胆な改革を行っている。今秋は大会での成績はもちろん、選手たちのハツラツとしたプレーも印象的だった。当確となっている12年ぶりのセンバツ出場へ向け、鍛錬の冬が続く。

[page_break:公立校・仙台南が創部初の夏4強入り]

公立校・仙台南が創部初の夏4強入り

 年々、群雄割拠の様相を呈してきている宮城県の高校野球。今夏の宮城県大会では、仙台育英聖和学園古川学園仙台南が4強に入った。仙台南はこの中で唯一の公立校。4強入りは1977年の創部以来、初の快挙だった。

 初戦の仙台一戦こそ12対4でコールド勝ちしたが、2回戦から準々決勝まではいずれも1点差と、手に汗握る接戦が続いた。2回戦の利府戦は3対2で延長戦を制し、3回戦の仙台城南戦は最大4点差をひっくり返し7対6でサヨナラ勝ち。2、3回戦はいずれも4番の佐藤 蒼空外野手(3年)が決勝打を放った。

 名取北との準々決勝ではその佐藤を欠いたが、渋谷 悠翔投手(3年)、佐藤 暖久投手(3年)の二枚看板を相手に何度も好機をつくり、点を取られてもすぐに取り返す粘り強い攻撃を見せた。守ってはアンダースローの佐藤 和音投手(2年)、エース左腕の中川 陽市郎投手(3年)らタイプの異なる4投手を継ぎ込み、6対5でシーソーゲームを勝ち切った。

 準決勝では仙台育英と対峙する予定だったが、新型コロナウイルス感染者が複数出たことを受け出場辞退。思わぬ形で夏が終わった。仙台育英の須江航監督は共に戦う思いを込め、甲子園では仙台南のカラーであるオレンジ色の腕時計をつけ指揮にあたった。新チームのメンバーは今夏の喜びと悔しさを胸に、来年のさらなる飛躍を目指す。

(記事:川浪 康太郎

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!