News

19年の滋賀県を盛り上げた逸材が大学日本代表候補に 強化合宿でバッテリー実現するか

2022.11.23

19年の滋賀県を盛り上げた逸材が大学日本代表候補に 強化合宿でバッテリー実現するか | 高校野球ドットコム
関西大・有馬 諒捕手と法政大・尾﨑 完太投手

 11月22日に大学日本代表候補が発表され、多くの逸材が名を連ねた。強化合宿は12月に松山市で行われるが、次第に注目が集まるだろう。

 高校時代に甲子園を目指してしのぎを削ったライバルが、再会を果たす。
 関西大・有馬 諒捕手(3年=近江)、法政大・尾﨑 完太投手(3年=滋賀学園)の2人は、高校時代、まさにライバル同士の間柄だった。

 有馬は近江、尾﨑は滋賀学園と、両校ともに滋賀県の高校野球をけん引する学校。最後の1年は秋、春ともに対戦した。どちらも近江が勝利を飾ったが、互いに甲子園を目指して熱戦を見せてきた。

 大学では別々のリーグに進んだが、こうして大学日本代表候補として強化合宿で再会するのは、何かの縁だろう。もし合宿期間中にバッテリーを組むことがあれば、19年の滋賀の高校野球を盛り上げた2人が、それぞれの良さを引き出しあって、活躍することを楽しみにしたい。

[page_break:【一覧】侍ジャパン大学代表候補選手]

【一覧】侍ジャパン大学代表候補選手

【右投手】
東北福祉大・後藤 凌寿(3年=四日市商
平成国際大・冨士 隼斗(3年=大宮東
立教大・池田 陽佑(3年=智辯和歌山
早稲田大・伊藤 樹(1年=仙台育英
明治大・蒔田 稔(3年=九州学院
中央大・西舘 勇陽(3年=花巻東
中央大・大栄 陽斗(3年=仙台育英
青山学院大・常廣 羽也斗(3年=大分舞鶴
日本体育大・箱山 優(2年=日体大柏
名城大・松本 凌人(3年=神戸国際大附
同志社大・真野 凜風(3年=天理
立命館大・谷脇 弘起(3年=那賀
大阪商業大・上田 大河(3年=大阪商業大高
九州共立大・坂元 創(3年=春日

【左投手】
星槎道都大・滝田 一希(3年=寿都
法政大・尾﨑 完太(3年=滋賀学園
國學院大・武内 夏暉(3年=八幡南
東洋大・細野 晴希(3年=東亜学園
関西大・金丸 夢斗(2年=神港橘
環太平洋大・徳山 一翔(2年=鳴門渦潮

【捕手】
上武大・進藤 勇也(3年=筑陽学園
早稲田大・印出 太一(2年=中京大中京
慶應義塾大・宮崎 恭輔(3年=國學院久我山
日本大・友田 佑卓(3年=九州学院
関西大・有馬 諒(3年=近江

【内野手】
慶應義塾大・廣瀬 隆太(3年=慶應義塾
早稲田大・熊田 任洋(3年=東邦
中央学院大・下山 昴大(3年=八戸学院光星
明治大・上田 希由翔(3年=愛産大三河)
國學院大・柳舘 憲吾(2年=日大三
筑波大・生島 光貴(3年=福岡福岡)
仙台大・辻本 倫太郎(3年=北海
明治大・宗山 塁(2年=広島広陵)
法政大・今泉 颯太(3年=中京大中京
東洋大・石上 泰輝(3年=徳島商
日本体育大・松浦 佑星(3年=富島
同志社大・川久保 瞭太(2年=桐蔭学園

【外野手】
山梨学院大・宮崎 一樹(3年=山梨学院
青山学院大・中島 大輔(3年=龍谷大平安
金沢学院大・井上 幹太(2年=神村学園
近畿大・野間 翔一郎(1年=大阪桐蔭
立命館大・桃谷 惟吹(3年=履正社
大阪商業大・渡部 聖弥(2年=広島広陵)
九州共立大・村上 裕一郎(3年=宇和島東

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?