Column

大阪桐蔭・星子主将がOBの熊本泗水ボーイズ 今年も投打に有望選手が揃う

2022.11.11

 今年、大阪桐蔭(大阪)の主将としてチームをセンバツ優勝に導いた星子 天真内野手。西谷 浩一監督も認めるリーダーシップの持ち主で、多くの高校野球ファンの心に残ったのではないだろうか。

 星子が中学時代の3年間を過ごしたのは、熊本県菊池市で活動を行っている熊本泗水ボーイズだ。過去に2度全国大会に出場しているボーイズリーグの強豪で、OB星子の活躍は、現役選手たちにとって大きな刺激にもなっている。

 今回、その熊本泗水ボーイズの3年生たちにフォーカスしていく。今年も、星子に続くであろう注目の選手たちが多く在籍している。

九州選抜の西口暁は最速135キロを計測

大阪桐蔭・星子主将がOBの熊本泗水ボーイズ 今年も投打に有望選手が揃う | 高校野球ドットコム
山室 竜之介、西口 暁

 投手陣では、2人の左腕に注目だ。

 1人目は167センチ、63キロの山室 竜之介投手。最速は130キロに満たないが、コーナーへのコントロールと緩急を使った投球が光る。インコースへ強気に直球を投げ込むマウンド度胸もあり、高校野球でも技巧派として活躍が期待される。

「自分は、チェンジアップを決め球に使う投球が持ち味で、プロ野球選手では今永 昇太投手(DeNA)が好きです。ストレートも速いですし、力感のないフォームからキレのある直球を投げるところがすごいなと思います」

 小学校1年生で野球を始め、星子も所属していた少年野球チーム・弓削キングに入団した。憧れの存在を間近で見続けたことで、「自分も上のレベルで通用する選手になりたい」と考えるようになったという。高校野球での活躍を目指して、入学までの約半年間でさらなるレベルアップに励みたいと口にする。

「(進学予定の高校は)とてもレベルが高く、自分よりも速い球を投げる人もいっぱいいると思います。この半年間でもっと頑張らないといけないので、体幹を中心に鍛えていきたいです」

 2人目は173センチ、63キロの西口 暁投手。小学校時代は福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出され、この夏には九州選抜として鶴岡一人記念大会に出場。大会では、中日本選抜を相手に5回無失点の好投を見せ、翌日の東日本選抜との試合でも1.1回を無失点に抑える好リリーフを見せた。学校では生徒会長を務め、幼稚園からピアノも続けるなど野球以外でも常に全力投球だ。

「ピアノでは、最近はYOASOBIさんの『夜に駆ける』を練習中です。星子 天真さんは本当に憧れの存在なので、自分もみんなから応援される選手になりたいです」

 最速は現在135キロ。鋭い腕の振りからスピンの利いた直球を投げ込み、春以降は課題だった変化球の精度も向上した。今後は体を作って、球威アップを目指すという。

「残りの期間で基礎体力をしっかりつけて、高校でも1年生からベンチ入りできるように頑張りたいです。一番の課題は体つきで、今はとても細いのでしっかり筋肉をつけたいと思います」

[page_break:5番の岡村悠暉は俊足・長打が武器の大型外野手]

5番の岡村悠暉は俊足・長打が武器の大型外野手

大阪桐蔭・星子主将がOBの熊本泗水ボーイズ 今年も投打に有望選手が揃う | 高校野球ドットコム
吉野 颯真

 続いては、注目の野手を3人紹介する。

 1人目は、長打力を武器に主に5番打者として活躍した岡村 悠暉(ひさき)だ。179センチ、78キロと大きな体格を持ち、試合では広角へ長打を量産。また俊足を生かして走塁や守備でも積極的なプレーを見せ、目標の存在にはカブス・鈴木 誠也外野手(二松学舎大附)を挙げる。高校野球でも走攻守すべてでハイレベルなプレーヤーを目指すつもりだ。

「泗水ボーイズに入団して、逆方向に長打が出るようになったことが一番の成長だと思います。鈴木 誠也選手のような長打と俊足を生かしたプレーが自分の持ち味で、高校では通算70本塁打、甲子園でバックスクリーンにホームランを打つこと、そして夏の甲子園優勝を目標に頑張りたいと思います」

 大砲として4番に座るのは吉野 颯真(そうま)だ。

 190センチ、100キロとパワフルな体格から長打を連発し、ツボにはまった時の飛距離は九州でも屈指。確実性を上げることが今後の課題と言うが、鹿児島県から通うガッツも含め大きな可能性を秘めた選手だ。

「チャンスで一本が出ない点や、打率が高くないことが課題です。また打撃だけではなく、守備でもチームメートに声かけたり、常に全力疾走の意識を持ちたいと思います」

 最後に紹介するのは、守備の名手・狩塚 光陽(ひかる)。165センチ、60キロと体は小柄だが、流れるようなグラブ捌きと球際の強さを武器に、チームの危機を幾度となく救ってきた。小学校時代は、ソフトバンクホークスジュニアに選出され経験も十分。高校でも自慢の守備力を武器に活躍を目指す。

「元々守備は苦手だったのですが、ソフトバンクホークスジュニアでいっぱいノックを受けて自信を持てるようになりました。一番の課題は走塁です。体は大きくないので、しっかり走って機動力を生かし、得点に絡めるように頑張っていきたいと思います」

 紹介した5選手は、高校では熊本を離れて甲子園を目指す予定だという。彼らが高校でどんな活躍を見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!