Interview

【阪神ドラ1】ラストイヤーで本塁打量産につなげた大学生屈指のスラッガー・森下翔太の打撃フォーム変更の意図とは?【後編】

2022.10.28

【阪神ドラ1】ラストイヤーで本塁打量産につなげた大学生屈指のスラッガー・森下翔太の打撃フォーム変更の意図とは?【後編】 | 高校野球ドットコム
森下翔太(中央大)

 今年ドラフトで阪神1位指名を受けた中央大・森下 翔太外野手(東海大相模)。春季、秋季リーグ戦を合わせて計4本塁打。いつ見ても、本塁打もしくは長打が期待できる選手で、ワクワクさせてくれる。森下はこの1年、どう向き合ってきたのか。後編では打撃の改革内容について具体的に迫っていく。

詰まってでも遠くへ飛ばす感覚を身につけた

ーー打撃練習でラプソードを使っていますが、いつから始めたのでしょうか?

森下:僕達が最上級生になって現在のチームが始まってからラプソードを使ってバッティング練習しています。去年のチームには無かったので、新チームに入ってから導入しました。

ーー森下選手の打球速度はどのくらいですか?

森下:いい時は160キロ近くです。平均は150キロくらいです。

ーー数字はそんなにこだわっていない?

森下:速いことに越したことはないので、数字を聞いて、うまく自分の技術向上に生かしています。

ーーラプソードを使うことで、どんな感覚で打つといい感覚で打てるかわかりましたか?

森下:やっぱり高いフライよりは、ライナー性だと打球速度は出て、個人的には前で捉えるよりは、体の高いところで捉える方が打球速度が出るなと感じました。
自分が詰まった感覚でも打球速度が出るので、そういった確認にもなります。

ーー大学ラストシーズンでは詰まってても飛ばせた当たりは多かったですか?

森下:ホームランは3本でしたが、間を抜く打球があったり、打球速度があった分、抜けていってツーベースやスリーベースになる確率も上がるので、そういうのが多かったかなと思います。

ーー構えについては工夫しましたか?

森下:構えができないとトップにも入らないですし、打ちづらくなりますので、トップはしっかり決めようと思って構えています。

[page_break:打撃フォームを変更した意図]

打撃フォームを変更した意図

【阪神ドラ1】ラストイヤーで本塁打量産につなげた大学生屈指のスラッガー・森下翔太の打撃フォーム変更の意図とは?【後編】 | 高校野球ドットコム
森下翔太(中央大)

ーー今の打撃フォームを見ると、ややグリップを下げて、体に近いところに置いている構えですよね。この意図について詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか。

森下:今までグリップの位置が体から遠い状況から始まっていましたが、自分的には手で操作しちゃう部分があって、なかなか率が残らなかったので、率を残すためにバットを近づけて、耳の横から出すイメージでやっています。

ーー個人練習ではどんな練習をしていますか?


森下:基本的にバッティングか置きティーをやったりしています。ティーをやって調子が良かったので、この感覚を忘れないように調整しようと思います。

ーーやはり自分の良い感覚を常に大事にしているんですね!


森下:良い時ほど練習をするようにしています。
悪い時はいい意味で切り替えられるように、やめとこうという日もあります。
いい時は練習してフォームを固めます。

ーー置きティーで練習する意図も教えて下さい


森下:斜めからのティー打撃をしてしまうと、いわゆる体を迎えにいくような形で打ちにいきますので、グリップが入ってしまいます。バットが出にくくなるのと打ち方がおかしくなってしまうんです。なるべく自分のフォームで、球に正対した状態で打つには、止まっている球に対して打ったほうが自分は良いので、個人練習では置きティーをやっています。

ーー逆方向にも飛ばせる印象を受けるのですか?そこについてはいかがでしょうか。

森下:逆方向に飛ばそうと思って飛ばしているわけではないですが、元々逆方向の長打力は自信があるので、そこのところで逆方向の当たりは振り切って飛ばすイメージです。

ーー打撃だけではなく、守備についても意識高く守っている印象を受けます。

森下:めちゃくちゃ足が速いとか、肩が強いわけではないですが、そつなくこなせると思います。
投げる時はノーバンでライナー性を投げたり、焦らなくていい場面ではワンバウンドで丁寧に投げたり、臨機応変に対応できるのが自分の守備だと思うので、両翼をまとめるのも不得意ではないので、そこは自分の守備の強みだと思います。

ーーありがとうございます。レベルアップへ向けて貪欲に取り組んでいるのが伝わってきました。
森下:次は高いレベルの場所で野球して、そこでもレベルアップしていきたいと思っているので、そこを目指して頑張りたいです。

 これまで森下については試合では見たことはあるが、グラウンドレベルで取材したのは大学3年生になってからだ。

 高校時代とは別人のような肉体になっていて驚かされた記憶がある。森下に聞くと、東都1部の高いレベルに対応するには技術向上だけではなく、フィジカルを徹底的に強化しないとやっていけないと痛感したという。自分が打ちやすいために木製バットへのこだわりも深く語ってくれたことを覚えている。

 類まれな素質に確かな努力をした結果、大学生トップクラスのスラッガーへ成長し、1位指名を勝ち取った。意識も高く、リーダーシップもある。中心メンバーになるに相応しい逸材であり、1位指名は妥当だろう。ぜひ大きく羽ばたくことを期待したい。

(取材:河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【宮崎】日章学園、富島、小林西などが初戦を突破<県選手権大会地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?