試合レポート

北照vs北見柏陽

2022.10.04

北照が快勝で準々決勝へ!先発の田中が完封、打線も10安打

北照vs北見柏陽 | 高校野球ドットコム
取材を受ける北照・田中投手

<秋季北海道高校野球大会:北照6-0北見柏陽>◇2日◇2回戦◇札幌円山

 30日の1回戦で強豪・駒大苫小牧を破った北照と、北見柏陽の対戦だ。北照は前の試合、エース・上川 貴之(2年)が1失点完投の投球を見せ、エースとしての役割を果たしている。打撃では捕手の阿部 達乃介(2年)が先制適時打を含む2安打2打点と活躍。バッテリーで試合を盛り上げた。一方、北見柏陽は1年生を中心としたメンバー。エースの山内 悠生(1年)は182センチ左腕。直球に力があるのが特徴の投手だ。

 ではこの試合に目を移そう。北見柏陽の先発は1年生エースの山内。北照の先発はエース・上川ではなく1年生の田中 大晟(1年)。上川は3番・右翼での出場で、上川を温存する作戦に出た。

 試合は序盤、互いに得点の機会を伺うも、2回まで無得点の試合展開となった。

 試合は3回に動く。3回裏、北照は2死から1番・谷口 塁(2年)の左中間を破る二塁打で得点圏に走者を進めると、2番の手代森(てしろもり)琉輝(1年)が適時左前安打を放って1点を先制する。

 北照はさらに5回裏、先頭の手代森が左二塁打と相手左翼手のエラーにより無死三塁とすると、3番・上川の中犠飛で1点を、6回裏には2死二、三塁として、1番・谷口の右越え適時三塁打で2点を加えて4対0とリードを4点に広げた。

 さらに北照は7回、8回に1点ずつを加え、6点差に。試合はそのまま終わり、北照が6対0で勝利した。北見緑陵は散発3安打で完封負け。来年に向けてチームの立て直しは急務だ。

 北照の上林弘樹監督は9回無失点で10奪三振だった先発の田中について、「良く投げた。テンポもコントロールも良かった」とねぎらい、「上川と田中の2本柱で勝ち上がりたい」と話した。次は昨年の秋季大会王者・クラーク記念国際との対戦。「食らいついて、いい試合をしたい」と落ち着いて話していた。

 一方、敗れた北見柏陽の鈴木快監督は「細かいところの連携や振りの強さについていけないところがあったと思う。今後はこれを克服していきたい」と語った。

(文=小林 英介)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!