Interview

【阪神ドラ1】打撃改革に成功!中央大スラッガー・森下がドラ1クラスに評価を上げるまで【前編】

2022.10.27

【阪神ドラ1】打撃改革に成功!中央大スラッガー・森下がドラ1クラスに評価を上げるまで【前編】 | 高校野球ドットコム
森下翔太(中央大)

 今年ドラフトで阪神1位指名を受けた中央大・森下 翔太外野手(東海大相模)。春季、秋季リーグ戦を合わせて計4本塁打。いつ見ても、本塁打もしくは長打が期待できる選手で、ワクワクさせてくれる。この1年、どう向き合ってきたのか語ってもらった。

頭が真っ白になった大学代表直前合宿での骨折

ーー3年生シーズンは森下選手にとっては満足いくシーズンではなかったと思いますが、オフシーズンはどのように過ごしてきましたか?

森下:結果としても自分の成績も良くなかったので、いい意味で悪かった分、割り切りができた。それを結果として捉えて、オフは改めて自分を見つめ直す機会ができたので切り替えはできました。

ーー具体的にはどう見直していったのでしょうか?

森下:ミスショットが多いなと感じましたので、一球の大切さというか、バッティング練習からミスショットをしないように一球ずつ捉える意識でやりました。

ーー春のリーグ戦ではホームラン3本を放ちました。オフにやってきたことが生きたのでしょうか?

森下:オフを含めキャンプのところで、打撃の部分で見出せたので、春に結果として残ったと思います。

ーーここまで結果が変わったのは球の見え方が変わったのでしょうか?

森下:今まで速い球と遅い変化球というところにタイミングをずらされて、自分のバッティングができなかったところが多かった。そこのズレがなくなった分、自分のタイミングで打てれば、ある程度捉えられる自信があるので、タイミングはしっかりとれたと思います。

ーーこうした活躍が認められて、大学日本代表に選出された森下選手ですが、直前合宿で死球を受け、骨折となりました。この診断をどう受け止めたのでしょうか?

森下:頭、真っ白まではいかないですけど、どうしようという形にはなりました。

ーーそれでも代表チームと帯同を決めた理由は何でしょうか?

森下:行かないで、後悔をするより、行ってチームの一員としてできることをやりつつ自分の吸収できることがあれば吸収したいと思ってそう伝えました。

ーー実際に行ってみていかがでしたか?

森下:国際試合は日本の試合と違い、投手の球だったり、動く球だったり、バッターも自分の間を大切にしてタイムを掛けたり、日本のリズムにならない状況の中での戦いでしたので、見ててやりづらさは感じました。

ーー勉強になることは多かったんですね。

森下:試合に出られない分、いろんな選手とコミュニケーションが取れたので、同級生からも吸収できることもありましたし、相手のチームを見て吸収できることも多かったです。

[page_break:故障から復帰し、秋季リーグでも強打を発揮]

故障から復帰し、秋季リーグでも強打を発揮

【阪神ドラ1】打撃改革に成功!中央大スラッガー・森下がドラ1クラスに評価を上げるまで【前編】 | 高校野球ドットコム
森下翔太(中央大)

ーー他の大学代表選手から学んだことはありますでしょうか?たとえば、同じドラフト候補の蛭間 拓哉選手(早稲田大)などスラッガーから学んだことはありますでしょうか。

森下:バッティングのことで話したり、後輩からもいい刺激をもらいました。

ーー帰国後、治療はどのようにしてきましたか?

森下:主に固定治療だったので、ずっと安静にしていて、右手は基本的に使わずに、左でできることをやりました。

ーー復帰はいつからですか?

森下:骨折してから1ヶ月くらいで骨はくっついて、くっつく前からある程度動いていいとドクターに言われた時には動かしていたので、ある程度骨がくっついたとなった時はバッティングしたり、球を投げたりしていました。

ーーこれほどブランクがあると打撃面では大変だったのではないでしょうか?

森下:練習はできても実戦ができないという中で、リーグ戦の1週間前に実戦復帰したので、そこのところはデッドボールの残像だったり、気持ちの部分で難しいところは多かったです。

ーー感覚的にはまだ戻っていない?

森下:悪くはないですが、実戦が少ない分、まだズレがあると思いますが、気にしている部分は特にないです。

 インタビューしたのは9月26日。その3日後の9月29日、亜細亜大戦で適時二塁打を放ち、更に痛烈なファウルを打つなど、森下の言葉通り、打撃で結果が出た。後編ではさらに自身の打撃について語ってもらった。

(取材:河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

泉口祐汰(巨人)は”大阪桐蔭のジンクス”を破ることができるか!? キャンプ高評価も、社会人→プロ入りした名門出身者を待つ「レギュラーの壁」

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!