試合レポート

慶應義塾大vs法政大

2022.10.09

神宮で実現した滋賀県の高校出身の左腕対決は慶應大左腕に軍配 2安打完封でスカウト陣へ好アピール

慶應義塾大vs法政大 | 高校野球ドットコム
2安打で完封した慶應義塾大の先発・増居翔太(4年=彦根東)

<東京六大学秋季リーグ:慶應義塾大5-0法政大>◇8日◇第5週第1戦◇神宮

 東京六大学秋季リーグ・慶應義塾大vs法政大の第1戦は、滋賀県の高校で活躍した左腕同士の投げ合いとなった。

 慶應義塾大の先発、プロ志望届を提出している増居 翔太投手(4年=彦根東)が安定感抜群の投球を見せた。左スリークォーターから常時130キロ後半〜140キロ前半の速球をコントロールよく投げ分ける。スライダー、カーブ、チェンジアップなども巧みに投げ分け、打たせて取る投球が光る。とにかく投げ間違えが少ない。

 低めに決まり、打者が強く振れるゾーンに球が来ない。打ちにくくてしょうがない投手だといえる。この日は法政大相手にわずか2安打完封勝利。昔から「コントロールの良い左腕は買い」という格言があるほど。プロのスカウトへも好アピールになったのではないだろうか。

 法政大の先発、尾崎 完太投手(3年=滋賀学園)も、常時140キロ中盤〜148キロをマークするなど、速球の勢いは来年のドラフト上位候補として推せるものは十分にあると感じた。6回1死まで無安打に抑えていたが、その後、押し出し四球とスクイズで2点の先制を許し、8回には2ラン、適時打を浴び、5失点。ただ、8奪三振を記録するなど、もっと打線の援護や、投球内容の改善などが見られれば、もっと楽に投げて、良い成績を残せる投手ではないか。法政大はチームの状態としては、かなり底に入っている気がする。上向いていけば、選手の個々の能力はトップクラスだけに、変貌することを期待したい。

 この日は慶應義塾大の主砲・萩尾 匡也外野手(4年=文徳)が通算8本塁打目を放った。そのうち7本は4年生になってからの記録と、最終シーズンに成長した姿を示し、スカウトに好アピールを見せた。

(取材=河嶋 宗一

両校のスタメン

【法政大】
1番(中)宮﨑 秀太(4年=天理
2番(右)浦 和博(3年=鳴門
3番(二)齊藤 大輝(4年=横浜
4番(遊)今泉 颯太(3年=中京大中京
5番(一)山根 滉太(3年=小松大谷
6番(捕)大柿 廉太郎(2年=健大高崎
7番(三)海﨑 雄太(4年=埼玉栄
8番(左)中津 大和(2年=小松大谷
9番(投)尾﨑 完太(3年=滋賀学園

【慶應義塾大】
1番(遊)朝日 晴人(4年=彦根東
2番(三)下山 悠介(4年=慶應義塾
3番(一)廣瀬 隆太(3年=慶應義塾
4番(中)萩尾 匡也(4年=文徳
5番(右)山本 晃大(4年=浦和学院
6番(二)古川 智也(4年=広島新庄
7番(左)宮尾 将(4年=慶応義塾)
8番(捕)宮崎 恭輔(3年=國學院久我山
9番(投)増居 翔太(4年=彦根東

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.18

【岩手】一関二、盛岡誠桜などが初戦を突破<春季大会>

2024.05.18

【関東】昌平・山根が2発5打点、東海大相模・4番金本が2ランなどで初戦を快勝、東海大菅生は山梨学院を完封<春季地区大会>

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.18

【春季関東大会】白鴎大足利・昆野が最速152キロを計測!前橋商の剛腕・清水はまさかの5失点…。チームもコールド負け!

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?