Column

22年の高校野球も父、兄、伯父がプロ野球選手の球児が満載。中には父そっくりのジュニア選手も!

2022.04.14

22年の高校野球も父、兄、伯父がプロ野球選手の球児が満載。中には父そっくりのジュニア選手も! | 高校野球ドットコム
矢野 丈太郎(國學院久我山)、村上 慶太(九州学院)

 注目される高校球児といえば、甲子園で活躍した選手、ドラフト候補、名門校のレギュラーなどいろいろあるが、その中でも特殊なのは親、叔父(伯父)、兄がプロ野球選手という選手だ。22年の高校野球にはどんな選手がいるのか、紹介していきたい。

 全国的にも活躍している球児を挙げれば、小久保 快栄内野手(明秀日立)の名前が挙がる。小久保は、ソフトバンクの2軍監督で、現役時代は2041安打、413本塁打を達成した小久保 裕紀氏の甥っ子だ。そして父・隆也氏は智辯和歌山出身で甲子園出場とまさにサラブレッドだ。

 小久保は188センチの大型サードとして活躍。秋の公式戦では3本塁打を放ち、甲子園2試合でも活躍。対応力の高さが光る選手だ。もともと大型遊撃手として期待されたこともあり、188センチとは思えない身のこなしが光る。小久保は偉大な伯父がいることについてこう語った。

「身近にいるので刺激をもらえます。子供の時はチケットを取ってもらって、見にいっていました。自分はいつかは伯父さんを超えられるようになりたいです。

 現役ではすごい練習をしていた記事を見たので、自分も負けずに取り組んでいきたいです」

 今年の春季県大会で優勝を収めた九州学院のスラッガー・村上 慶太内野手は、ヤクルト・村上 宗隆内野手の弟で、兄に負けない体格をしているだけではなく、顔もよく似ていて、パワフルなスイングで、長打を量産する。九州大会では名を高めるチャンスだ。

 矢野 丈太郎外野手(國學院久我山)の父は日本ハムの矢野 謙次コーチ。矢野は東京城南ボーイズ出身で、主力打者として活躍していた。そして父と同じ、國學院久我山に進学した。

 尾崎監督から足の速さ、野球の貪欲さ、走塁に対する姿勢の高さを評価され、入学式後の3回戦・成立学園戦からベンチ入りし、公式戦初出場を果たした。

 4回戦の都立小山台戦では、代走から出場し、ライトを守った。顔、頭の形、耳の形まで父とそっくり。貪欲なプレースタイルなところも似ている。

 また矢野と同じく、國學院久我山川越 昂太郎投手の父は元プロ野球選手という。

 父は、オリックス、ロッテで活躍し現在はロッテ2軍のチーフ投手コーチを務める川越 英隆さん。2019年にはU-12日本代表で世界大会のマウンドを経験している。

 最速134キロの直球、カーブのコンビネーションが武器で、打者が簡単に遠くに飛ばせないような重く伸びのある球もある。すでに完成された正統派の投球フォームも印象的だ。


22年の高校野球も父、兄、伯父がプロ野球選手の球児が満載。中には父そっくりのジュニア選手も! | 高校野球ドットコム
宮本 恭佑(東海大菅生)

 早稲田実業ではプロ野球選手を父に持つ選手が2名出場していた。今江 陸斗外野手(2年)の父は、PL学園時代に甲子園出場し、ロッテ、楽天で勝負強い打撃で活躍した今江 敏晃氏。今井も左打席から鋭い打球を打ち返す。

 山本 蒼空外野手の父は、近鉄、オリックス、DeNA、ソフトバンクの4球団を渡り歩いた左投手・山本 省吾氏。山本自身、中学時代から攻守にわたってセンスの高さが光っていた。早稲田実業でも、シュアな打撃でベンチ入りを果たし、公式戦にも出場している。

 三井 雄心内野手(京葉ボーイズ-浦和学院)の父は、西武で通算282試合登板の実績がある三井 浩二氏。180センチ、80キロと恵まれた体格から高い打撃技術を誇り、中学通算17本塁打。投手としても135キロ前後の速球を投げ込むなど、身体能力は高い。浦和学院に進学し、どんな活躍を見せるか楽しみだ。また椎木 卿五捕手(京葉ボーイズ-横浜高)の父・椎木 匠氏も西武、ロッテの捕手として活躍した。椎木自身も中学通算18本塁打を放った強打の捕手だ。

 東海大菅生で活躍する小池 祐吏内野手の父・小池 正晃氏は、横浜高校時代に春夏連覇を経験。プロでも強打の外野手として活躍を見せた。

 小池は、中本牧リトルシニア時代から有名な選手で、東海大菅生入学後も下級生の時から鋭い打球を連発していた。そしてこの1年で、大きく体も成長。三塁守備でも軽快な動きを見せ、内野の要として活躍している。

 今年の春季都大会でも主力打者として安打を連発し、活躍を見せている。

 その東海大菅生に楽しみな投手が入った。それが宮本 恭佑(東練馬シニア-東海大菅生)投手だ。父は元ヤクルトの守備の名手で、2000安打を達成した宮本 慎也氏。宮本は130キロ後半の速球と鋭い変化球を武器に全国大会でも数多くの活躍を見せ、速球、変化球の精度は高い。

 西 凌矢(広島ボーイズー広島広陵)外野手の兄・西 純矢投手(阪神)は創志学園のエースとして2年夏に甲子園出場。U-18代表にも選ばれた剛腕だ。広島広陵に進んだ凌矢はセンバツ甲子園に出場した。同じく弟としては、今年のセンバツ大会で選手宣誓を行った福島 貫太外野手(倉敷工)の兄は中日に在籍する福島 章太投手。2人ともがっしり体型なところもよく似ている。

 岩瀬 法樹投手(愛工大名電)の父は、中日の守護神として活躍。歴代最多セーブ記録を誇る岩瀬 仁紀氏。岩瀬も小柄ながら140キロ前後の速球を投げ込む。

 金子 永内野手(立教新座)は日本ハムの内野手として活躍した金子 誠氏の長男で、立教新座では下級生から主軸打者として活躍を見せている。

 田中 陽翔内野手(東練馬シニア)は中学時代、4番・遊撃手としてチームを牽引し、春夏とリトルシニアの全国大会準優勝に大きく貢献した実績を持つ。夏には遊撃手部門のベストナインを獲得した。ロッテなどで投手として在籍した元プロ野球選手・田中 充氏(東練馬シニアコーチ)を父に持つ。健大高崎に進学し、どんな活躍を見せのるかに注目される。

 多くのプロ野球選手のジュニア選手や弟、甥っ子などが高校球界に在籍している。今年の公式戦でも注目してもらいたい。

(文=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード