試合レポート

都立目黒vs開成

2022.03.21

都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコムこの試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

都立目黒 初回の大量得点を5人の投手をつないで守り7年ぶりの都大会進出

都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム
目黒・鈴木大和

 前日に行われた1回戦は、開成が20対9(5回コールド)で都立駒場を破り、都立目黒が12対11で学芸大附を破るという、猛打で代表決定戦に進んだ。

 都大会進出をかけたこの試合で、開成は背番号7の上島 士和投手を先発に起用した。開成はこの大会、この春卒業する飯村 里を監督に据え、本来の監督である青木 秀憲は責任教師(部長)の立場で臨んでいる。青木部長は上島の起用について、「今日の試合だけ考えればエース(福家 将寛)でしょうが、それでは将来性がない。夏を考えれば、エースが投げない試合もありますから」と語る。ある程度の失点は覚悟していたが、初回の失点が大き過ぎた。

 1回裏、都立目黒は敵失絡みで1点を先制した後、3番・佐川 広騎の二塁打でさらに1点を追加。その後、3つの四死球で押し出しがあり1点を追加する。さらに2番・真瀬 裕彬の二塁打などで4点を追加してこの回一挙7点を挙げた。

 しかし開成も打線が好調なだけに、都立目黒としても安心はできない。3回表に開成の4番・上島の左前適時打で1点を返されると、先発の左腕・佐川から、やや変則な投法の鈴木 大和投手にスイッチ。一方、開成は、3回裏からエースの福家を投入した。福家は、球威はあるが、この回は、3番・佐川の中前適時打などで1点を失う。

 5回に両チームとも1点ずつを入れ6回が終わって9対2で都立目黒が7点をリード。7回表に開成に得点がなければコールドゲームが成立するが、7回表、5回途中から登板している原 龍大がこの回先頭の1番・松永 康聖を四球で歩かせると、真瀬 裕彬に交代。真瀬は開成の3番・伊藤 千紘に二塁打、捕逸の後、4番・上島に左犠飛を許し、2点を失う。それでも都立目黒はその裏、この試合当たっている3番・佐川の左前適時打などで1点を追加する。

 その後は開成のエース・福家が踏ん張り、コールドは免れ試合は9回に突入する。9回表、都立目黒は、背番号1の大澤 慎ノ介を5人目の投手として起用する。開成も最後の粘りをみせ、5番・福家や7番・徳澄 祐大の適時打などで3点を入れたがあと1本が出ず、10対7で都立目黒が逃げ切り、7年ぶりの都大会出場を決めた。

 最後に粘りをみせた開成は、超難関校だけに練習時間は限られている。それだけに青木部長の指導は、「投手はきわどいところを投げようとせず、ど真ん中を投げろ」と言ったように、シンプルさを貫いている。けれども、公式戦になると、「普段の練習でしたことができなくなる罠があるのです」と青木部長は言う。打者が強く振り抜かず当てにいったり、積極的に振らずにストライクを見逃して追い込まれたりといった場面もあった。それでも3年ぶりに行われた春季大会の1次予選。公式戦の難しさを実感できたことは、収穫だったはずだ。開成には、夏の大会が大事なのは当然であるが、さらにその先、東大野球部での期待も膨らむ。球威のあるエースの福家などは、本格的に鍛えて磨けば、光る可能性は十分にある。

 一方、5人の投手をつないだ都立目黒の加藤春彦監督は、「開成はバッティングがいいので、合わないうちに代えようと、もともと継投を考えていました」と語る。都立目黒は都大会では都立紅葉川と対戦する。紅葉川は都立の強豪だけに、厳しい戦いになる。なお、加藤監督は日大桜丘の出身。都立紅葉川に勝ち、日大桜丘都立東大和に勝てば、母校との対戦になる。「そうなれば」と思いつつも、まずは目の前の一戦に全力を注ぐことになる。

(記事:大島 裕史

[page_break:試合シーン]

都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム
目黒・大澤慎ノ介
都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム
目黒・鈴木大和
都立目黒vs開成 | 高校野球ドットコム
目黒2番・真瀬裕彬

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード