Interview

元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない vol.3

2022.01.09

 徳島インディゴソックスから特別合格となり、入団に向けて準備を進めている150キロ右腕・吉村 優投手。早稲田実業時代には2年生の夏に甲子園ベスト4進出。エースで臨んだ最後の夏は西東京大会でベスト8に終わったが、軟式出身から名門校の背番号1をつけるまで成長を遂げた。

 今回はその後、早稲田大入学後から挑戦したアメリカンフットボールでの4年間の日々と徳島インディゴソックスへの入団への思いを聞かせてもらった。

元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない vol.3 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
■vol.1
早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは?
■vol.2
アメフト経由でNPB挑戦 中等部出身組から「早実の背番号1」を勝ち取る
■vol.3
元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない
■コラム
2競技で「甲子園」経験 型破りな経歴でNPB入り目指す150キロ右腕が得たもの
■コラム
アメフト経由の150キロ右腕が明かす「早実野球」と後輩・清宮幸太郎の素顔

徹底して取り組んだ自己分析と日誌

元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない vol.3 | 高校野球ドットコム
徳島インディゴソックスからNPB入りを目指す吉村優

 早稲田実業のエースで全国制覇する、という目標は達成できなかったが、「やり切った」と達成感に満たされた吉村は、大学では違うものに情熱を注ぐ。それが早稲田大の米式蹴球部、アメリカンフットボールだった。

「友人も多く、日本一に最も近いところだった」という理由から、初心者・吉村はアメフット界に飛び込むが、大きな壁にぶつかった。

 野球で鍛えた地肩の強さを活かしてボールそのものは速かったが、コントールは全くダメで、思い通りに投げることができなかった。これまでの人生は、時間をかけて量をこなせば結果を残してきたが、一向に試合に出られない。

 薄々感じていた。「これはうまくいく感じではない。これまでの方法ではダメだ」と。

 そこで目標の立て方を1日ごとに設定するように細分化した。

「日誌をつけるようになりましたが、前日までに3つ書いていました。
・前日までに翌日スケジュールを書く。
・やるべきことを4つくらい書く。
・その日のテーマを書く。

こうすることで、イメージを持って寝られるので、モチベーションが変わります。そのうえで翌日に、

・1日の動き方はどうだったのか
・技術(定量)、人間(定性)としてできたこととできなかったこと。できなかったことの改善
・1日の総括

の3つを書くことを繰り返しました」

 八王子ボーイズ時代に出会った河合コーチ、さらに趣味の読書を通じて学んだことを実践したことで、「正しい方向への努力、アプローチの術を学んだ」と手ごたえを感じる成長スピードで進む。

 また自己分析を明確にやるようにした。

「自分から見た自分、周りから見た自分に違いがあるから失敗していたと思う。客観的に見るためにも、自分はチームの中ではどんな立ち位置にいるのか、上手いチームメイトに勝つにはどうすればいいのかなど、日誌で振り返るのは、大きかったです」

 もちろん、これまでの人生でも経験してきた、「目標がブレないこと」を忘れず、ひたむきに努力を重ね、3年生の時は走力も使えるクオーターバックとしてレギュラーの座を奪取。その年の全国大会では決勝進出を果たす。その舞台は奇しくも[stadium]甲子園球場[/stadium]だった。

「大学4年間のなかの思い出の1つですね。早稲田実業時代はベンチでしたので、グラウンドに立った時は全然違いました。ただ『こういうことをするんだ』と明確なイメージを持っていたので、緊張するどころか、ワクワクした気持ちでプレーできました」

 得点シーンについても「自分のこれまでの人生を象徴するようなタッチダウンでした」と、感慨深く振り返った。これまで数多くの方々に支えられて成長してきたからこそ、人生を象徴するものであり、同時に恩返しともいえるタッチダウンだったともいえる。

[page_break:日本一、そしてプロへ]

日本一、そしてプロへ

元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない vol.3 | 高校野球ドットコム
REVENGE99でプレーした吉村優 *写真提供=江田拓司

 最後の1年は残念ながら全国の舞台には手が届かなかったが、大学4年間を経て、目標達成へのプロセスの踏み方を、身をもって学んだ。すると、吉村の心にある思いが沸き上がった。

「アメフトで狙って成長できたんだから、高校の時にできなかった努力や練習をすれば、もっとうまくなれるんじゃないか」

 やり残した日本一というタイトルをもう1度、野球でつかめるんじゃないか。そしてプロ野球選手になれるんじゃないか。そう思った吉村は大学卒業後、クラブチームに所属して4年間のブランクを埋めていきながら準備を進め、先日、徳島インディゴソックスから特別合格となった。

「これまで日本一になったことはないですし、ここまで野球に振り切って取り組んだことはなかったので、楽しみです」

 直球の最速は150キロまでスピードが上がった吉村投手。現在の課題を聞くと、「コントロール、そして真っすぐの質を高めることだと思っています」と冷静に分析。週3日投げ込みながら、キックボクシングも取り組むなど、今もマルチスポーツを継続中だ。

 これまであと少しで目標達成に至らなかったが、代わりに目標までの歩み方を学んできた。その集大成をこれからの舞台で発揮すれば、今度こそ夢を現実にできるはずだ。

「これまでできなかった日本一を達成するチャンスなので、そこを目標にしつつ、エースとして投げ続けてNPBの世界には入れたらと思います」

 取材から数日後、改めて吉村から意気込みをもらった。そこには「失敗と成長を繰り返しながら、それを見ている人に共感してもらいたい」という言葉があった。これまでの人生でも挫折と栄光を味わってきたが、今後もその姿勢は変えない強い意志が感じられた。

 球界のパイオニアとしてプロの扉を開くのか。マルチスポーツの「二刀流」吉村 優の勝負の1年が始まる。

(取材:田中 裕毅

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【宮崎】日章学園、富島、小林西などが初戦を突破<県選手権大会地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?