Column

21年ぶり全国優勝の智辯和歌山の強打を影から支えた2人の立役者

2021.09.01

 21年ぶり3回目の全国優勝を果たした智辯和歌山。4試合36回、7失点の安定感のある守りに加え、28得点と攻守ともに安定感のある戦いが目立った。シャープなスイングから次々と得点をする背景には2人の立役者があったことを忘れてはならない。

優勝を陰ながら支えた2人の控え部員

21年ぶり全国優勝の智辯和歌山の強打を影から支えた2人の立役者 | 高校野球ドットコム
石平創士と智辯和歌山ナイン

 決勝・智辯学園戦では予想を上回る攻撃を見せてくれた。
 初回から1番・宮坂厚希のヒットを皮切りに、4番・徳丸天晴の犠牲フライなどで一挙4得点。4対2と均衡した場面に追加点を入れた後、最終的には9得点を挙げた。

 決勝に限らず、智辯和歌山は今大会、4試合すべて先攻で、先取点を序盤で取って、早々に相手からリードを奪う。先行逃げ切りで勝利するパターンだった。

 ほぼ初対決となる投手たちばかりが相手となる甲子園という舞台で、最初から攻め立てられるのは、よほどの準備ができなければ難しい。そこには、背番号12をつけてベンチに入った石平創士と、記録員としてベンチに入った黒木隆成の2人の3年生の存在がある。

 石平は、タイガースジュニアを経験し、下級生の時から捕手として出場。新チーム時は主将としてチームを引っ張り、リーダーシップも取れる。黒木は恵まれた身体能力を持った投手で、この夏はベンチ入りを諦め、スコアラーとしてチームを支えた。

 2人は、事前分析のポイントとして、対戦する相手投手のクイックタイム、初球の配球の傾向、ピンチの場面での配球の傾向、対戦する投手のクセを調べて、選手たちに伝えていたという。

 どんな投手なのか予習して、狙いがはっきりしていれば、迷いなくバットは振れる。雑念が無くなり、集中力は高まる。智辯和歌山ほどの打者であれば、それだけで全国区の投手との初対戦でもヒットを量産できる。立ち上がりから得点を重ねることは十分可能だ。

21年ぶり全国優勝の智辯和歌山の強打を影から支えた2人の立役者 | 高校野球ドットコム
緒方漣と杉山遥希

<智辯和歌山のイニングごとの得点>
1-3回:11得点
4-6回:9得点
7-9回:8得点

 今大会4試合の得点を振り返っても、3回までにしっかり得点を奪っている。相手ピッチャーの調子も関係するところだが、毎試合、序盤で得点を重ねるのは、智辯和歌山の準備力が優れている証拠だろう。2人が導き出した傾向が間違いではなかったことを、得点で証明したことにもなった。

 試合後、宮坂主将は1年間を通じてのチームの成長点について、こう話した。
 「全員で勝つんだという団結力が、甲子園も含めて、この1年で成長したと思います」

 チームメイトに勇気と自信を与えた控え選手たちの「活躍」が、今年の智辯和歌山の強力打線を支え、優勝に貢献した。全員野球が智辯和歌山に21年ぶりの栄冠をもたらしたのだった。

(記事:田中 裕毅)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.21

【三重】三重の初戦の相手は?<春季大会南地区予選組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!