Column

紆余曲折があった今年の浦和学院。森監督が語る甲子園への道筋

2021.07.11

 今年、2大会ぶりの甲子園出場が期待されるのが、浦和学院。今春の県大会では優勝。この夏も優勝候補として期待されます。今年の浦和学院は最初から順風満帆のスタートだったわけではない。ここまでいくのに、かなりの苦労があった。そんな1年間を振り返りつつ、夏へ向けての課題を語る。

コロナがあっても前向きに取り組んだ

紆余曲折があった今年の浦和学院。森監督が語る甲子園への道筋 | 高校野球ドットコム
ノック中の浦和学院ナイン

 昨秋は川越東に敗れ、ベスト8と悔しい負けとなった。大会後は強豪校と練習試合との経験を積み、順調にステップアップしている姿が見られた。
 しかし、新型コロナウイルスがチーム内で拡大、長期間の活動自粛があった。絶対的な練習量が足らない中で迎えた春季大会。

 森監督はどんな気持ちで大会に臨もうと考えたのか。
 「復帰するまでが大変なところもありましたので、できなかったことの苦しみを乗り越えて野球ができるようになった喜びというのを、うまくチーム作りに持っていけることができないか。そんな思いはありました」

 その中でも浦和学院は、苦しみながらも勝ち上がっていく。勝ち進むごとに成長をしていく姿があった。そして準決勝の昌平戦では初回に6点を奪われるも、反撃を行い、9回表終わって、7対9と2点差も、9回裏に3点を入れて逆転サヨナラ勝ちを収め、関東大会出場を決めた。このゲームは森監督にとっては驚きのゲームだったと振り返る。
 「なかなかできないゲーム。諦めない姿勢が見られて良かった試合です。ただそれだけの失点をしないほうが重要ですね」

 そして決勝戦でも花咲徳栄に勝利し、県大会優勝。それでも森監督は「相手は主力投手が登板しなかったですので、まだ両手を挙げて喜べる優勝ではなかったです」と語る。

 埼玉1位で臨んだ関東大会は作新学院に勝利し、専大松戸に敗れ、ベスト8に終わったが、森監督はこの2試合を経験出来たことが大きいと捉えている。
 「5月いっぱいは、まん延防止区域であったので練習試合ができなかったんですよね。そういう面では5月の公式戦の県大会決勝から関東大会の2試合という期間が2週間空いた中でも公式戦を戦えたことが先につながっていると思います」

[page_break:2ポジション制で戦力の引き出し増へ]

2ポジション制で戦力の引き出し増へ

紆余曲折があった今年の浦和学院。森監督が語る甲子園への道筋 | 高校野球ドットコム
ショートの守備に入った金田優太(浦和学院)

 準備期間は少なかったが、今年の選手たちは限られた実戦の機会でしっかりと成長できる能力の高さがあった。組み合わせが決まり、浦和学院ナインは活気をもって練習に取り組んでいた。
 内野手の動きを見ると、ポジションの変化があった。
遊撃手 吉田匠吾が二塁へ。
二塁手 八谷晟歩が三塁へ。
三塁手 高松陸が一塁へ。
一塁手 金田優太が遊撃手のノックを受けていた。

 また金田は投手の練習を行い、切れの良いボールを投げ込んでいた。これも夏を見据えて複数ポジションを守れるように練習をしてきたと森監督は語る。
 「今のレギュラーの9人の中で半分投げても3人いますし、金田が投げられれば4人がいる状況の中でポジションを移動しながら戦えるので、9人はそのままでピッチャーを変えられるという戦い方ができますね。球数制限もあるので、しっかりと鍛えていきたい」

 決勝戦まで進んだとして、17日間で7試合。特に5回戦以降は7日間で4試合。球数制限が設けられる今大会は、投手陣の踏ん張りが課題となる。まず春季県大会5試合で防御率1.09と、抜群の安定感を発揮した宮城 誇南に注目が集まる。そして首脳陣が期待を込めるのは三奈木 亜星。投げては最速146キロ、打者としても抜群のバットコントロールを誇る左の好打者だ。

 三奈木について森監督も活躍することを願っている。
 「3年間、中心選手としてチームを支えてきてくれた選手ですから、最上級生としてのリーダーシップをとってもらいたいです」

 取材日で宮城は打撃練習のあと投球練習。投球練習の後は感覚を確かめるために森部長とキャッチボールを繰り返し、リリースの感覚を確かめる様子があった。そこで投げ込むストレートは非常に強いものがありました。

 限られた時間の中で最善の準備を行う浦和学院の選手たち。初戦の相手はこれまで激闘を繰り広げてきた聖望学園に決定。森監督は勝ち上がるための課題を語りました。
 「まず悔いのない戦いをしたいです。そして相手どうこうよりも敵はわれにありと考えています」

 コロナによる長期自粛もありながらも、ここまで意欲的に取り組めているのはやはり春の躍進が大きい。今年は1年生の時から試合出場している選手も多く、期待が高い世代。有終の美を飾るべく、初戦の聖望学園戦からエンジン全開で臨む。

(取材:河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.03

【春季東京都大会シード校一覧】3月3日に一次予選抽選会 昨秋は「西高東低」、一次予選敗退・帝京の奮起に期待!

2024.03.03

【東京】予選から出場の帝京は目黒日大と対戦、國學院久我山と共栄学園が都大会初戦で激突する可能性も!<春季大会1次予選、都大会組み合わせ>

2024.03.03

対外試合解禁! 昨年センバツ覇者・山梨学院が浦和学院と対戦!ベンチ入り狙う1年生投手が力投

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.03.01

名門・浦和学院が3年生の進路を発表!主力投手は東洋大、明治大、日本体育大と豪華!ベンチ入り選手の中に弁護士志望を掲げる選手も!

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.12

【準硬式】’23年全国大会準V・日本大の前に強敵揃う 全国大会をかけた関東大会の組み合わせ決定