Column

プロ注目選手が多数登場!関東一、桐光学園らが登場する関東準々決勝2試合の見所

2021.05.17

 5月17日、春季関東大会3日目。この試合は準々決勝2試合が開催される。どちらも活発な試合展開が予想される2試合の見所を紹介したい。

桐光学園vs関東学園大附

 関東地区のスカウトが要チェックしそうなカードだ。桐光学園の最速146キロ右腕・中嶋太一は初戦の日大三戦で5.1回を投げて7奪三振と大荒れの内容になったものの、打者としては満塁本塁打を記録しており、投打ともに注目が集まる。2番手として登板した針谷寿和も期待の2年生投手だ。また好打者・松江一輝も注目が集まる。

 関東学園大附は初戦で好投を見せた篠原 正紀石原 勇斗堀越 蒼空の140キロ超えトリオも健在。そして打者ではこの3人をリードする好捕手・福岡莉空は2回戦で本塁打含む3安打3打点の活躍を見せた。

 どちらも投打の実力が高く、激しい試合が予想される。

関東一vs日本航空

プロ注目選手が多数登場!関東一、桐光学園らが登場する関東準々決勝2試合の見所 | 高校野球ドットコム
エドポロ ケイン(日本航空)、市川祐(関東一)

 逆転サヨナラ勝ちを決めた関東一は1つのチャンスを逃さず物にできる試合運びの上手さは健在。初戦の千葉学芸戦で2失点完投勝利のエース・市川祐は球数の兼ね合いから控え投手の登板も予想される。米澤監督も「経験が少ない子たちが多いので、こういう大会に出させていただくことはとてもありがたいことです。泊まりの遠征を経験させてもらえることもとても良い経験になっています」と初戦後にコメントするように、多くの選手を経験させることが予想される。

 野手陣ではサヨナラ打をきっかけに不調を脱したい左の好打者・初谷健心、安定した守備とバットコントロールが持ち味のショートストップ・楠原悠太と能力が高い野手を揃えるチームだ。

 日本航空は144球完投勝利のヴァデルナ フェルガスではなく、秋から主戦投手として活躍した山形一心小沢 耕介のサウスポーコンビの登板が考えられそうだ。打線では通算17本塁打スラッガー・エドポロ ケインが東海大相模戦で3安打を放ち、勢いに乗っている。エドポロを乗せてしまうと怖いが、前後の打者もコンタクト力の高い打者が多く、5点〜6点の勝負になることが予想される。

(文=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!