Interview

高卒プロ入り投手2名に投げ勝った東北楽天2位・高田孝一の平塚学園時代

2021.02.14

 平塚学園から法政大を経て、東北楽天からドラフト2位指名を受けてプロ入りした最速155キロを誇る剛腕・高田孝一。高校時代はコントロールが優れ、緩急をつけた投球ができるザ・好投手。大学時代では剛速球右腕と、これほど投手としてのタイプが変わった選手も珍しい。そんな高田の野球人生について迫っていきたい。

野球が楽しいという思いで勝ち続けることができた

高卒プロ入り投手2名に投げ勝った東北楽天2位・高田孝一の平塚学園時代 | 高校野球ドットコム高校時代の高田孝一(平塚学園出身)

 小学校2年生の時、当時、仲が良かった友達に誘われて野球を始めた高田。そして投手は小、中学校は投手と捕手を兼任しており、本格的に投手に専念したのは平塚学園からだった。その平塚学園に進んだきっかけについては中学3年生の時に、決勝進出したことが影響している。

平塚学園の応援の雰囲気、プレーしている雰囲気が僕にはとても良かったので、平塚学園に進むことに決まりました。また当時、エースだった熊谷拓也さん(法政大-NTT東日本)は下級生の時からずっと投げていて憧れの投手でありました」

 入学当時は、軟式から硬式に変わったばかりで130キロが出るか、出ないかぐらいで、全国的に見れば突出した球速ではない。それでも、指導者からの期待は高く、1年春からベンチ入り。1年夏で公式戦初登板を経験した。投げた経験よりも強烈に印象に残っていることがわある。

「高校野球はトーナメント制で負ければ終わりの一発勝負です。そこにかける思いの強さは3年生になれば強いですが、当時の自分はよくわからずに勝った、負けたをやっていたんです。

 でも1回戦に勝利して、整列に立つと、相手チームの選手が泣いている姿や悔しがっている姿を見て、この夏にかけている姿勢に圧倒された記憶があります」

 夏の高校野球ならではそして1年秋には背番号1を勝ち取った。次々と好投を見せていく高田は「この時はまだ投げていて野球が楽しいという気持ちが強くて、1回戦から強豪校が多い熾烈なブロックで、それでもビビらず勢いのまま投げていたと思いますし、ストレートも変化球もうまく投げられ、緩急もうまくつけることができたと思います」と振り返る。高田の好投の勢いに乗って次々とステップアップする中で準決勝では優勝候補・東海大相模も破って関東大会出場を果たした。高田にとって自信を深めたとともに、自分の投球スタイルが良い形で通用したと振り返る。

 さらなるレベルアップを目指すためには走り込み、アメリカンノックを中心に徹底的に走ることを重視したトレーニングを送った。

[page_break:1年ごとに順調にステップアップ]

1年ごとに順調にステップアップ

高卒プロ入り投手2名に投げ勝った東北楽天2位・高田孝一の平塚学園時代 | 高校野球ドットコム高校時代の高田孝一(平塚学園出身)

 2年生になると、一冬の成果で体も大きくなったことで、スピードアップし、最速140キロに到達。特に横浜創学館戦の投球は印象的だった。相手は望月惇志(阪神)。当時、最速148キロを誇る速球派右腕として評判だった望月は140キロ台の速球を投げ込む。高田は対象的に最速は140キロだったが、常時135キロ前後・最速140キロと球速面では望月より劣る。それでも伸びのあるストレートで、次々と横浜創学館の打者から空振りを奪っていき、1安打、7奪三振、完封勝利。ドラフト候補の投手に投げ勝ち、さらに評価を高めた。

「あのときは技術云々よりも、とにかく自分の気持ちの入ったボールを投げ込んで勝負しようと思う気持ちが強かったです」

 そして高校3年になると、コンスタントに140キロ台・最速146キロまでに到達し、県内トップレベルの速球派右腕へ成長する。

「2年秋はチームとしても、個人としてもふがいない結果に終わりました。高校3年は自分にとって最後の年で、最後の大会。冬の練習はいつも以上に気合が入りました。トレーニングも、目いっぱい行いましたが、それ以上に、体を大きくするための食事もきつかったですね。食べることはそんなにきついほうではないのですが、朝昼晩のノルマがあって激しい運動をした後に多く食べることは苦しかったですね」

こうした地道な積み重ねにより、ストレートのスピードは目に見えて伸びていった。
ドラフト候補から注目されたが、高田は大学進学を決断する。

「高卒プロは憧れにしているだけではなく、目標としてやっていたんですけど、自分がなれると本気で思っていなかったですし、行ければいいという心境でした」

この年は藤平尚真横浜-東北楽天)を筆頭に好投手が多かった年だった。

「高いレベルの好投手を近くで目の当たりにして、神奈川県内だけではなく、関東圏内でも好投手がとても多い代でした。そのメンツの中で自分がプロに行ける不安がありましたし、いける実力もなかったので、もう1回大学に進んでパワーをつけようと思って進学を決断しました」

 こうして高田は東京六大学・法政大へ進学する。結論をいえば、この決断は正解となった。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
法政大が卒部生の進路を公開!ドラ1・鈴木、ドラ2の高田含め12人が硬式野球継続!!
1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介
関東ナンバーワン右腕・篠木健太郎(木更津総合)を筆頭に法政大合格者15名が凄い!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?