Column

鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】

2021.02.02

 選抜出場32校が決定した。今回は選抜出場を逃した学校を焦点に充てていきたい。

 ただ、選抜出場を逃した学校の対象を広げすぎると、3000数校になってしまうため、各都道府県から推薦され、選考に漏れた選抜出場候補校から選手を選んでいきたい。

北の速球王など好投手勢ぞろい!

鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】 | 高校野球ドットコム
田中 楓基

 まず北海道でいえば、旭川実の大型右腕・田中 楓基に注目だ。上半身を鋭く振った投球フォームから繰り出す145キロ前後の速球は威力抜群。スライダーの切れもよく、道大会決勝戦では北海木村 大成と熱い投げ合いを演じた。北海道枠が1しかないのがなんとも惜しい投手だ。北北海道のライバルは非常に多いが、それを寄せ付けない投手となって全国の舞台に乗り込んでほしい。間違いなく春の支部予選から注目が集まる選手だ。

 そして花巻東菱川 一輝も秋季東北大会で好投を見せた本格派右腕。佐々木 朗希に影響されたような左足の使い方とテークバックの取り方をしており、勢いある直球と変化球は魅力的。順調にいけば、150キロ超えも到達可能な投手で、春季東北大会出場まで果たせば、スカウトからかなり注目される投手ではないだろうか。

 盛岡大附のスラッガー・松本 龍哉も高校通算30本塁打を超える左打者で、春先から活躍に期待がかかる。そして、日大山形浅利 瑠良もパワフルなスイングから長打を量産する大型外野手だ。

 関東・東京地区では日大三のエース・宇山 翼は縦スライダーを武器にする本格派左腕。さらに球速を伸ばし、さらに打たれにくい投手を目指していきたい。

 そしてベスト4の関東一二松学舎大附にはそれぞれ都内を代表する好投手がいる。関東一市川祐は最速144キロの速球、スライダー、カーブを武器に淡々とゲームメイクができる好投手。秋の大会では本調子ではなかったが、それでもしっかりとまとめる能力はさすが。心身ともに万全して、速球で圧倒する投球を見せていきたい。関東一の投手では久しぶりに高卒プロも狙えるのではと思わせる逸材だ。

[page_break:アスリート型スラッガーなど打者陣も見逃せない]

アスリート型スラッガーなど打者陣も見逃せない

鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】 | 高校野球ドットコム
吉野 創士

 二松学舎大附秋山 正雲は170センチと小柄ではあるが、大江 竜聖(巨人)のオーバースロー時代を彷彿とさせる好左腕で、最速143キロの速球、スライダーで圧倒し、敗れたものの、日大三戦では7回まで無安打1失点に抑え、東京どころか関東でもトップクラスの左腕だ。

 関東地区では最速144キロ右腕の島田 舜也木更津総合)は183センチの長身から繰り出す角度ある直球とパワーカーブは絶品。関東大会準々決勝で撃ち込まれた経験を糧に、さらに打ちにくい投手になってほしい。

 関東大会初戦で敗退したが、吉野 創士昌平)は高校通算43本塁打を誇るアスリート型スラッガー。スラッガーとしての素材では吉野より上回るスラッガーは今年の高校生では何人かいるが、吉野はプロでもウリにできる脚力、肩の強さがある。そしてスタイリッシュで、人気プレイヤーになる雰囲気が漂っている。完成形は鈴木 誠也二松学舎大附ー広島東洋)のような選手だろう。

 その吉野より上回るスラッガーだと思うのが、昨秋、東海大会準決勝敗退に終わった岐阜第一阪口 樂だ。昨夏・帝京大可児戦では、レフトへ特大本塁打、そして153キロ右腕・20110からライトへ特大弾。この2発を何度もリピートして見た方も多いのではないだろうか。投手としてもまとめる能力は高いが、やはり魅力は野手だろう。春の大会から要チェックだ。

 準決勝敗退の三重も大型右腕・堀田 琉生は130キロ台ながら動く直球が持ち味。そして東邦も好左腕・知崎 滉平は140キロ前後の速球を投げ込み、さらにU-15代表を経験した鈴木 唯斗も昨秋の時点で高校通算20本塁打を超えるスラッガーだ。

 続いては西日本編の逸材を紹介したい。

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】