Column

甲子園3度出場の新鋭・岡山学芸館はいかにして台頭してきたのか【前編】

2021.01.09

 2019年の夏の甲子園出場し、隣県の広島代表・広島商を下すなどベスト16進出。これまでに春夏合わせて3度の甲子園出場実績を持っているのが、岡山学芸館の現在だ。

 今年のチームはプロ注目・仲村竜がいるなど実力者が揃うチームに仕上がっており、中国地区大会はベスト8まで勝ち進んだ。ここに至るまでにどのような道のりを歩んできたのか。

高いモチベーションを維持し続けるための数字の明確化

甲子園3度出場の新鋭・岡山学芸館はいかにして台頭してきたのか【前編】 | 高校野球ドットコム
岡山学芸館の練習模様

 取材当日、学校から離れた瀬戸内グラウンドへ向かうと、選手たちが気持ちよく金属バットを片手にバッティングに打ち込む姿が見えた。隣にあるサブグラウンドでは守備の基本練習に取り組む選手たちもおり、時間を無駄にすることなく有効に使って練習しようとしているのが印象的だ。

 「この冬からオフシーズンも金属バットを使ってバッティングをすることにしました」

 そのように話すのは監督就任3年目となった佐藤貴博監督。2012年に部長としてチーム赴任してから監督となったが、現役時代は仙台育英でプレー。佐々木順一朗氏(現学法石川監督)のもとで指導を受けて準優勝も経験。城西大学進学後も神宮大会を経験するなど様々な経験をされている。

 その佐藤監督が2018年に監督就任してから着手したことは、選手たちの能力を測定する日を増やしたことだ。
 「練習の取り組み方を良くしようと思ったら、1か月後に測定があるとわかれば、選手たちもやる気になって内容の濃い練習が出来ると思うんです。それに数値化してあげることで、平等に選手たちを見て、より具体的に説明して伝えることが出来るようになりますので」

 酒井尋如主将に話を聞いても「数字はこれまで自分が頑張ってきた成果なので、これまでの努力が目でわかります」と感じつつも、次への目標設定が立てやすいことにメリットを感じている。

 また入学したばかりだが、U12を経験し、夏の独自大会にも出場した攻守のキーマン・宇地原丈智は「何が足りないのか。何を増やすのか知ることが出来ます」と数値化の効果を実感している。

 ただトレーニングに関しては違う。数字を出すのではなく、中身の伴った結果を出せるように佐藤監督は考えながら指導にあたっている。

[page_break:中身の伴った数字を叩き出すことでケガ防止も図る]

中身の伴った数字を叩き出すことでケガ防止も図る

甲子園3度出場の新鋭・岡山学芸館はいかにして台頭してきたのか【前編】 | 高校野球ドットコム
岡山学芸館の練習模様

 岡山学芸館では1年生に対しては身長-100、2年生は身長-95で目標体重を設定して、トレーニングや食事をするようにしている。ただ、その体重で動けるようにすることが目標である。

 「目標はパワーとスピードを付けて勝負できる身体を作ることなので、ウエイトが増えてもスピードが落ちたら意味がないと思っています」

 ウエイトトレーニングでも、ひたすら重量の重たいものを上げ続けるのではなく、瞬発力に効果のあるトレーニングも組み込むなど偏りなくできるメニューを組む。そうしてあげることで、動ける強い体を作ろうとしているが、もっとも念頭に置いていることがある。

 それは次のステージを見据えたケガ防止である。
 「高校野球で終わるわけではないので、専門的なことは次のステージで学べばいいと思っています。ですので、ここでは怪我をさせないことや今後に活かせればと思っています」

 その上で勝てるように練習に取り組ませる。そこで必要になってくるのが、数値化させて選手たちのモチベーションを引き上げていくことなのだ。

 こうした選手たちを乗せていくところは、恩師・佐々木氏の教えを活かしている部分である。
 「先生は選手たちを考えさせる、乗せるところは学べるところが沢山あって、多少の違いはあると思いますが、取り入れたり活かしたりしています」

 その一環が佐藤監督では数値を媒介に選手たちのモチベーションをあげていくところになる。岡山県内で近年結果を残す岡山学芸館の強さの裏側はそこにあったのだ。

 今回はここまで。次回は今年のチームの歩みなどに迫っていきます!次回もお楽しみに!

甲子園3度出場の新鋭・岡山学芸館はいかにして台頭してきたのか【前編】 | 高校野球ドットコム後編はこちらから!
4度目の甲子園へ。中国8強・岡山学芸館(岡山)の上位進出のキーワードは『チーム力』【後編】

(取材=田中 裕毅

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!