Interview

威力はチームでトップクラス。143キロ右腕・堀越啓太(花咲徳栄)がエースになるための課題

2020.11.19

 140キロを超える投手を多く擁する花咲徳栄。球威に関してトップクラスなのが、堀越啓太だ。右サイド気味のフォームから繰り出す常時130キロ後半・最速143キロの速球は威力抜群。キレ型の速球を投げ込むエース・高安悠斗とは違う魅力がある。そんな堀越の決意に迫った。

テーマは決め球の習得

威力はチームでトップクラス。143キロ右腕・堀越啓太(花咲徳栄)がエースになるための課題 | 高校野球ドットコム
堀越啓太(花咲徳栄)

 小学校4年生から投手をはじめ、所沢南シニアでは速球投手として活躍した堀越。隈本達也(エイジェック)など花咲徳栄で活躍するОBに憧れて、花咲徳栄の門をたたいた。

 入学しての測定で最速138キロをマーク。またグランド横につなげられているチューブを使うトレーニングを行い、さらに岩井隆監督からテークバックを大きくすることを助言され、アベレージのスピード、マックスのスピードが伸びた。高校2年夏までは出番はなかったが、今年の8月に最速143キロをマーク。練習試合でも好投を見せ、秋のベンチ入りを勝ち取った。

 秋季大会では3試合に登板し、8回を投げ、1失点の好投。常時130キロ後半の速球で圧倒する投球は県内でも随一だったが、堀越自身は「結果として抑えていたけれど、満足いく投球ができなかった」と反省した。

 花咲徳栄の岩井隆監督は投手陣にスピードアップを求めている。現状の数字では県内の強豪校相手には圧倒はできない。あくまで高いレベルで圧倒できる速球を身に着けて、速球がウリだといえる。堀越もそのつもりで、秋季大会終了後は上半身のトレーニングを中心に行い、鍛えてきた。

 その間に練習試合で登板をしているが、まだ手応えはない。指にかかった時は140キロ前後の素晴らしいストレートを投げていたが、「全然よくないですね。本当に良い球だと思ったというのが数球ぐらいで、全然だなと思っています」

 

 また花咲徳栄には、堀越だけではなく、高安、松田和真と140キロを超える投手が多くいる。その中で堀越がライバルとの競争に勝ち抜き、エースナンバーを勝ち取るためにテーマにしているのが決め球を習得することだ。

 「縦のスライダーを習得しようと思っています。縦変化を投げられる投手は少ないので、マスターすることができれば、他の投手にはない武器があると思っています」

 堀越、松田、高安と3人インタビューしてきたが、三者三様の武器がある。高安は制球力とスライダーのキレ、松田は角度のある速球と高速変化球、堀越は打者を圧倒する威力ある直球とキレのあるスライダーだ。

 この3人が切磋琢磨し、それ以外の投手たちもついていくような形で伸びていければ、全国トップクラスの投手陣になることは間違いない。

(記事=河嶋宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.04

【九州地区春季大会注目選手リスト】宮崎学園の大型左腕、鹿児島実の147キロ右腕など25人のプロ注選手たち!

2024.03.04

【大阪】大阪桐蔭、履正社、近大附が同じブロック<春季大会組み合わせ>

2024.03.04

センバツ3年連続出場の高知「二段モーション解禁」駆使し練習試合は松山聖陵に連勝

2024.03.04

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

2024.03.04

手の内を知っている同士の都立総合工科と都立足立新田は接戦と乱戦となった

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.12

【準硬式】’23年全国大会準V・日本大の前に強敵揃う 全国大会をかけた関東大会の組み合わせ決定

2024.02.12

徳島IS期待のルーキー・加藤響、頭部死球で途中交代も無事! 東海大相模時代から注目のスラッガーは「来週には復帰」!