Column

北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】

2020.10.31

 2021年の高校生投手は非常にレベルが高い世代だといわれている。森木 大智(高知)など世代トップクラスの剛腕10名を紹介したが、今回は全国に散らばる好投手たちを紹介したい。まずは東日本(北海道、東北、関東、東京、東海)の5地区から32名だ。

旭川実業の田中など注目の速球投手

北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】 | 高校野球ドットコム
田中 楓基(旭川実)

 北海道は145キロ左腕・木村 大成北海)が注目されているが、もう1人、北海道の速球王・田中 楓基(旭川実)だ。なで肩体型で、鋭い腕の振りから投げ込む最速147キロの速球は威力抜群。ここ10年~15年で、高卒を狙えるような左右の本格派が揃うことも珍しく、さらに全道大会決勝で投げあうことはあまりないケースだ。

 ぜひ来夏まで北海道を盛り上げてほしい。さらには、前川 佳央札幌日大)も期待の本格派右腕。

 青森県では、186センチの大型右腕・福島蓮(八戸西)も来年、大きく球速アップする可能性を秘めた逸材。中学時代、U-15代表に選ばれた藤森 粋七丞青森山田)は140キロ前半の速球を投げ込む本格派右腕。東北大会ベスト4のエース・菱川 一輝花巻東)は好調時、140キロ中盤の速球を投げ込むが、東北大会では130キロ後半に落ち着いたが、カーブをうまく使い分ける投球が光った。

 茨城県では恵まれた体格から非常に力強い速球を見せる145キロ右腕・秋本 璃空常総学院)はパワー型。大川 慈英常総学院)もしなやかな腕の振りから繰り出す栃木県では中沢 匠磨白鴎大足利)はワインドアップから縦回転の投球フォームから繰り出す最速142キロの速球は回転数が高く、150キロ超えも期待できる逸材だ。群馬県では切れのある140キロ前半の速球を投げ込む今仲 泰一健大高崎)は怪我からの復活を期待したい右腕。そして、菊池 楽前橋育英)も135キロ前後の速球を投げ込む群馬県屈指の本格派左腕。

 埼玉県では投手王国・花咲徳栄に逸材がそろう。高安 悠斗は右スリークォーターから最速143キロの速球と切れのあるスライダーを投げ分け、翻弄する本格派右腕。堀越 啓太も右サイド気味から最速143キロをマークし、威力ある直球が光る。松田 和真もステップ幅は狭いが、体を縦で使う意識からフォームから最速144キロ。ただ岩井監督は「まだ平均球速など物足りない点はたくさんあります。課題だらけです」と厳しい注文を付ける。一冬超えれば、全国トップクラスの投手陣へ成長している可能性がある。1年秋にベスト4入りに貢献した143キロ右腕・原口 稜平市立川口)もフォームの良さは光るものがある。

 長身から140キロ中盤の速球を投げ込む島田 舜也木更津総合)はまだ発展途上。細谷 怜央飯尾 嶺の中央学院の二枚看板の成長にも期待だ。細谷 怜央は恵まれた体格から140キロ前半の速球とカーブを効果的に使い分ける右の本格派。飯尾 嶺は細身の体型から投げ込む140キロ前後の速球とスライダーを投げ込む右腕。2人とも一冬超えれば、常時140キロ台を投げ込む可能性がある。

 東京都では市川 祐関東一)は最速144キロの直球、カーブ、スライダーをコントロールよく投げ分ける東京都屈指の本格派右腕。一次予選ではノーヒットノーランを達成。能力の高さだけではなく、淡々と投球を組み立てることができるメンタルの強さも見逃せない。田和 廉早稲田実業)も140キロ前後の速球と120キロ後半のスライダーを投げ分け、勝負する都内屈指の本格派。床枝 魁斗修徳)は179センチ84キロと恵まれた体格から最速143キロの速球と120キロ後半のカットボールを投げ込む。馬力だけでいえば、都内トップ。来春は145キロ超えにも期待がかかる。

[page_break:人材の宝庫・愛知県から速球投手が続々]

人材の宝庫・愛知県から速球投手が続々

北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】 | 高校野球ドットコム
知崎 滉平(東邦)

 神奈川では故障からの復活を期待したい速球派左腕・金井 慎之介横浜)も潜在能力は2021年度の投手ではトップレベル。果たして、来春は復活。そして進化した姿を見せることはできるのか。石田 隼都東海大相模)は、世代でもトップクラスの投球術のうまさを持った左腕。超高速テンポの投球から、140キロ前後の速球、スライダー、チェンジアップ。
大学経由になりそうだが、最速145キロ左腕・荒井駿也(慶応義塾)も県内では注目の投手として覚えていきたい投手。

 

 190センチの長身から140キロ近い速球を投げ込む大型右腕・高須 大雅静岡)、140キロ前半の速球を投げ込む本格派左腕・沢山 優介掛川西)も来年マークされる存在となりそうだ。

 人材の宝庫・愛知では、140キロ近い速球を投げ込む左腕・知崎 滉平東邦)、田村 俊介とともに注目される寺嶋 大希愛工大名電)も140キロを超える速球を投げ込む大型右腕。そして大藤監督で復活を狙う享栄は3人の145キロ超えの右投手がいる。バランスの良い投球フォームから最速147キロの速球を投げ込む竹山 日向、恵まれた体格から力強く腕を振って最速145キロの速球を投げ込む肥田 優心、長身から鋭い腕の振りから最速145キロをマークする菊田 翔友。菊田は長打力もあり、二刀流として注目が集まる。

 1年生の時から岐阜を代表する左腕として注目が集まる野崎 慎裕県立岐阜商)は最速142キロの速球と切れのあるスライダーを低めに投げ分ける。野崎と2枚看板を組む松野 匠馬県立岐阜商)も140キロ前半の速球を超える右の本格派。窪田 勇成津田学園)は佐川監督から「1年秋の時点では前 佑囲斗より上と評判」の右の本格派。1年秋の時点で138キロ。最終学年ではどこまで速くなるか注目される。

 そして東海大会ベスト4に導いた堀田 琉生(三重三重)は左足を高々とあげるフォームから力強い速球を投げ込む本格派右腕だ。

田中 楓基旭川実
前川 佳央札幌日大
福島 蓮八戸西
藤森 粋七丞青森山田
菱川 一輝花巻東
秋本 璃空常総学院
大川 慈英常総学院
中沢 匠磨白鴎大足利
菊池 楽前橋育英
今仲 泰一健大高崎
高安 悠斗花咲徳栄
堀越 啓太花咲徳栄
原口 稜平市立川口
島田 舜也木更津総合
細谷 怜央中央学院
飯尾 嶺中央学院
市川 祐関東一
田和 廉早稲田実業
床枝 魁斗修徳
金井 慎之介横浜
石田 隼都東海大相模
荒井 駿也(慶応義塾)
沢山 優介掛川西
高須 大雅静岡
知崎 滉平東邦
寺嶋 大希愛工大名電
竹山 日向享栄
肥田 優心享栄
菊田 翔友享栄
野崎 慎裕県立岐阜商
松野 匠馬県立岐阜商
窪田 勇成津田学園
堀田 琉生(三重三重)

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

駒大苫小牧、北海道栄、苫小牧中央が同ブロック!この3校から南北海道大会に進めるのは1校だけ!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

【北海道】北見支部の抽選は14日!遠軽と北見柏陽が軸<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.13

【群馬】14日に抽選会!センバツ王者・健大高崎が軸、ノーシード桐生第一にも注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに