Column

栃木の勢力図に楔を打ち込んだ青藍泰斗。ドラフト候補2人を擁し夏の飛躍へ

2020.07.08

 近年、躍進が目覚ましい青藍泰斗。2017年に石川翔投手が中日ドラゴンズに、2018年には益子京右選手が横浜DeNAベイスターズに指名を受け、プロ野球2名が誕生。

 またチームとしても、ここ3年間で2度の関東大会出場を果たしており、昨秋も栃木県大会優勝を飾るなど、県内でも確実に実績を残しつつある。

 甲子園への道は閉ざされたが、独自の大会へどんな思いで向かっているのだろうか。

目指すは県内屈指の強打+盤石な守備

栃木の勢力図に楔を打ち込んだ青藍泰斗。ドラフト候補2人を擁し夏の飛躍へ | 高校野球ドットコム
石川慧亮と佐々木康

 今年の青藍泰斗には二人のドラフト候補がいる。
 高校通算20本塁打を放っている石川慧亮に、最速142キロの切れのある直球が魅力の佐々木康だ。石川は同じ青藍泰斗の出身で、2017年に中日ドラゴンズ入りを果たした石川翔投手の弟であり、また佐々木にも2年生から夏のマウンドに立っている経験豊富な右腕だ。

 彼らの他にも、2年生から試合に出場していた選手が多く残り、今年のチームには手応えを感じていたと宇賀神健人監督は振り返る。

 「打撃はある程度期待していましたが、投手陣は夏の大会を経験していたのは佐々木だけでした。そこに大金裕人という投手が台頭して、勝ち上がることができました。
 打撃面に関しては、関東大会の出場チームを見ても引けを取らないという手応えはあったので、後はバッテリーを含めたディフェンス面を高めていければというところでした」

 秋季関東地区大会では、初戦で埼玉県2位の西武台と対戦。打撃戦となった試合は、投手陣がピンチで踏ん張ることができず、また打撃でもチャンスでのあと一本が出ずに6対9で敗れた。

 投手陣の全体的なレベルアップ、そして打撃のさらなる向上を掲げてオフシーズン。宇賀神監督はウエイトトレーニングだけでなく、技術練習や食事の面からもアプローチを行ったと話す。

 「選手はまだ高校生ですから、なかなか普段のトレーニングだけでは体を作ることはできないので、今年からは寮の食事を少し変えるなど、工夫しながらウエイトトレーニングを行いました。また栃木県は冬でも雪が降らないので、技術練習も例年以上にやらせていたなという感じです」

 佐藤亮斗主将も、西武台の敗戦を振り返って、「攻撃だけ良くても守りがないと勝てないと関東では感じたので、守備力と打撃のさらなる向上に取り組んできました」

 守備力向上をテーマに持ちながら、日々を過ごしてきたと語る。

 投手陣も野手陣も、高い意識の中でトレーニングに取り組んでいたと、この冬のオフシーズンを総括した。
 「監督にも言われたのですが、打撃だけ良くても守りがないと勝てないと関東では感じました。守備力と打撃の更なる向上を意識してやってきましたし、投手陣も手を抜くことなくしっかりと練習に打ち込んでいたと思います」

[page_break:道はそれぞれでも誰もが高校野球をやりきるつもりで]

道はそれぞれでも誰もが高校野球をやりきるつもりで

栃木の勢力図に楔を打ち込んだ青藍泰斗。ドラフト候補2人を擁し夏の飛躍へ | 高校野球ドットコム
青藍泰斗ナイン

 主砲の石川慧亮が「一冬越えて、さらに力強さが出てきた」と語ったように、春先はチーム内に冬場で大きくレベルアップができたという手応えが漂っていた。

 それだけに、新型コロナウイルスの拡大による活動の自粛、そして夏の選手権大会の中止は、選手たちの選手たちのショックは測り切れないものだった。

 「3年生もモチベーションが上がらない中、集合させて選手と色々話をして、栃木県独自の大会もあるかもしれないと、3年生をもう一度奮い立たせて練習を再開しました。
 ですが、まだ心の中で引きづっている選手も中にはいて、何とか練習でも我々が盛り上げて選手たちのモチベーションを上げさせたいなと思っていましたね」(宇賀神監督)

 だが、そんな宇賀神監督の心配は徐々に晴れていった。
 練習再開当初は練習に身の入らない選手も見受けられたが、現在は以前のような活気を取り戻して、栃木県独自の大会に向けて士気は高まっている。

 佐藤主将は、チーム全体の士気の変化を次のように話す。
 「甲子園が無くなって一度はモチベーションが下がりましたが、今はもう切り替えてみんな練習に取り組めています。
 上で野球を続ける選手は、次を見据えて練習をしなければいけませんし、上で野球をやらない人も最後まで高校野球をやりきるんだという気持ちになっています。今はもう気を抜いた人はいないと思っています」

 大きなきっかけがあった訳ではない。だが、現実を受け入れて自力で戦意を取り戻したところにチームとしての成長があり、そしてそれは県内でも指折りの強豪へのし上がったという自信の表れでもある。

 作新学院佐野日大、文星芸大付に国学院栃木など、実力校の多い栃木県であるが、近年の成績を見ても青藍泰斗は間違いなく勢力図に楔を打ち込んだと言っていい。

 甲子園という目標は無くなったが、それでもトーナメント制の大会が発表され、選手たちはその真価を示すべく大会に向けて突き進んでいる。

(取材=栗崎 祐太朗


関連記事
【選抜高校野球】県上位常連の青藍泰斗が栃木県の21世紀枠推薦校に!
栃木県の独自大会は1試合のみの交流戦方式で開催
青藍泰斗、白鷗大足利ベスト4へ入りを果たす!【選手権栃木大会 19日の結果】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!