Column

目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動

2020.05.28

新たな想いを胸に活動再開

目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動 | 高校野球ドットコム
発声の制限が付いた1・2年生のキャッチボール

 これまで甲子園通算80勝(春20勝・夏60勝)・全国制覇7回(春2回・夏5回)の名門を誇りながら、4月8日(水)からの部活動休止・休校措置により他の県立高と共に全体練習を停止していた県立松山商(愛媛)野球部が5月25日(月)のミーティングから再始動。

 県立今治西で春夏通算11度の甲子園出場。2007年秋田国体優勝を成し遂げた大野 康哉監督にとっても、松山商異動後初となる選手指導となった。

 大野監督は、まず5月25日(月)には1・2年生部員にはあらかじめメニューを与えての個人練習を課し3年生部員全15名とは個人面談。事前に3ページにわたる「松山商業高校野球部3年生の皆さんへ」を配布した上で、「自分自身の決断し、個人の決断が全員が尊重する」などを約束した上で全員の意思を丁寧に確認した。

 結果、3年生は「甲子園という目標は消えてしまったけど、頑張ってきた仲間たちは消えない」とコメントした主将の国澤 彪馬(二塁手・右投右打・168センチ64キロ・松山市立久米中出身)をはじめ全員が愛媛県高野連が8月上旬に開催を目指している県独自の大会までの高校野球継続を表明。

 指揮官も選手たちの男気に「大変感激したし、大人が思っているほど、子どもたちは弱くない。改めてしっかりやっていこうと思った」と、新天地での誓いを新たにした。

[page_break:選手それぞれの良さを見つけ、目標と目的の達成へ]

選手それぞれの良さを見つけ、目標と目的の達成へ

目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動 | 高校野球ドットコム
3年生との面談後・全選手を前に話しかける松山商・大野康哉監督

 そして翌日26日(火)・松山商は全部員61名(3年生選手14名・2年生選手20名・1年生選手24名・3年生男児マネージャー1名・2年生女子マネージャー1名・1年生女子マネージャー1名)が同じグラウンドに集い、ミーティング時は全員がマスク着用。

 着替えは学年別に分けるなど「三密」回避などに最大限の配慮を払いながら、2020年度初の全体練習を約2時間半行なうことに。

 練習内容は全員での補強運動の後、内野手・外野手はスイング・打球・捕球・送球といった様々な野球感覚を取り戻すためのティーノック。一方、バッテリーは最速142キロ左腕の松﨑 来雅(2年・投手・左投左打・168センチ62キロ・ヤング倉敷ピーチジャックス<岡山>出身)をはじめ全員がブルペン入り。2・3年生は40球、1年生は20球の立ち投げで高めいっぱいにストライクを入れる感覚を養った。

 その間、松山商のユニフォームをはじめてまとった大野監督は精力的にグラウンドを走り回り、自らがお手本となって侍ジャパンU-18代表コーチも務めた技術論・精神論を丁寧に惜しみなく伝授。「なぜ必要なのか、そうするのか、しなければならないのか納得して練習をもらう」方針と「松山商の大野として、仲間に加えてもらう」決意を自らの行動で示している。

 今後しばらくは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点も含めて平日は2学年ごとの練習、休日はポジションごとに時間を分けての2時間程度練習で徐々に練習強度を上げつつ、「今日という日は常に明日への準備の日」を積み重ねて、夏以降の舞台で躍動する準備を整えていく松山商

 「1人1人のいいところを早く見つけてやりたい」指揮官の想いに選手たちが反応し自ら成長していく状況が整えば、2001年夏のベスト4以来遠ざかっている甲子園到達。その先にある「目標は全国制覇!目的は人間形成」という松山商野球部の部訓は、さほど遠くない日に実現性のある形となりそうだ。

(取材=寺下 友徳

目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動 | 高校野球ドットコム関連記事はこちらから!
かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた
選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」
秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

泉口祐汰(巨人)は”大阪桐蔭のジンクス”を破ることができるか!? キャンプ高評価も、社会人→プロ入りした名門出身者を待つ「レギュラーの壁」

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!