Column

元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】

2020.04.02

 チーム設立が2012年と歴史は浅いが、これまでに5人の海外派遣選手を送り出すなど、確かな育成力を誇っている湖東リトルシニア。昨年もエースの南琉人がMCYSA全米選手権の日本代表に選出されている。

 現チームも中学生硬式野球・関西No.1を決める第15回タイガースカップに出場。新型コロナウイルスの影響で8月に延期となったJA共済杯第26回日本リトルシニア全国選抜野球大会の出場権も獲得している。

 着実に成果を出している湖東リトルシニアはどのようなチームなのだろうか。

元プロ監督が最初に苦労したのは設備の確保

元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】 | 高校野球ドットコム
湖東シニアの練習風景

 チームを立ち上げたのは村西哲幸監督。高校時代は比叡山のエースとして3年時に春夏連続甲子園に出場している。卒業後はドラフト3位で横浜ベイスターズに入団し、7年間のプロ人生を歩んだ。

 引退後は彦根市で野球塾の「彦根ベースボールアカデミー」を開校したが、「野球だけでなく、社会に出て行くまでの教育を含めた野球チームを立ち上げよう」と現在はコーチ兼統括部長の窪田辰徳とともにクラブチームの立ち上げを決意。2011年1月に立ち上げ準備を始め、翌年4月にチームが始動した。

 最初に苦労したのはグラウンドの確保だった。
 「どうしても硬式野球となると、場所を確保するのが大変なので、最初の2年間は色んな場所を借りて限られた中での練習でした」と村西監督は当時を振り返る。それでも2012年12月に東近江市に本社を置く株式会社関西オークラのグラウンドを練習場として使えるようになり、現在は恵まれた環境で練習を行うことができる。

 1期生の卒団生はわずか4人だったが、2期生以降は10人前後の選手が集まるようになり、現在は新3年生が12人、新2年生が8人所属している。

[page_break:高校でどのポジションでも守れるように全員が二遊間の守備練習をする]

高校でどのポジションでも守れるように全員が二遊間の守備練習をする

元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】 | 高校野球ドットコム
内野守備練習の様子

 村西監督が指導の根本に心がけているのが人間教育だ。その理由は自身の現役時代への反省も含まれているという。

 「野球だけをしていれば良いとなるのはやめてほしいというのが一番にあります。勉強も大事ですし、私生活の面でも幅広い視野を持った選手になってほしいですね。ワンプレーに対してなぜこの練習が必要なのかという意図を私は考えて野球をしておけば良かったなというのがありますし、周りの方々の協力があって野球ができているんだというのを感じてほしい。僕が若い時にそこまで考えていなかったものですから。
 今になってその時に協力して頂いた方には申し訳ない気持ちがあるので、今の選手たちには周りに助けられて今の自分があるというのを感じてほしいと思います」

 練習に関しては投手出身の村西監督が主に投手を担当。野手に対しては「僕がピッチャーだったら君みたいなバッターはこう思う」、「ここをこうすればピッチャーが嫌なんじゃないか」といったように投手目線で声をかけることはあるが、主な指導はコーチ陣に任せている。指導陣で役割を分担し、責任を持って指導するのが湖東リトルシニアのやり方だ。

 練習を見ていて印象的だったのが、キャッチボールとトスバッティングを終えた後に全員が二遊間の守備位置につき、併殺の練習を行っていたことだ。

 村西監督にその理由を聞くと、「どこでも守れるようにするため」とのことだった。中学野球は高校野球に向けてのステップである。高校生になれば、今とは違う任されるポジションが変わる可能性もあるため、プレーの幅を広げるために行っているのだ。これは毎回の練習で行っているそうで、外野手や左投げの選手もスムーズに併殺を完成させていた。

 今回はここまで。次回は今年の湖東シニアの特徴に迫っていきます。次回もお楽しみに!

(記事=馬場 遼

関連記事
関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】
子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)
「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

【茨城】19日に抽選会!県内12連勝中の常総学院に対抗するのは?<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得