News

DeNAに高卒生え抜き先発投手は出てくるか? 三浦以来規定投球回到達者は不在

2020.03.11

DeNAに高卒生え抜き先発投手は出てくるか? 三浦以来規定投球回到達者は不在 | 高校野球ドットコム
高校時代の飯塚悟史(日本文理)

 近年のDeNAはドラフト会議において上位で大卒や社会人の投手を獲得し、1年目から一軍の戦力として起用してきた。

 ざっと振り返ってみても上茶谷大河(2018年1位)、東克樹(2017年1位)、濱口遥大(2016年1位)、今永昇太(2015年1位)、山﨑康晃(2014年1位)、石田健大(2014年2位)、三嶋一輝(2012年2位)、井納翔一(2012年3位)と次々に名前が挙がってくる。

 故障で離脱する期間や不振の期間があるとはいえ、れっきとした一軍戦力と言って差し支えのないメンバーばかりだ。

 一方で高卒の投手はなかなか戦力になりきれていない。とくに先発投手は深刻である。

 近年だと飯塚悟史日本文理高校/2014年7位)や京山将弥近江高校/2016年4位)らがあと一歩で先発の戦力と言えるところまで来たが、まだ一軍に定着するには至っていない。

 DeNA(前身球団含む)の生え抜き高卒投手を振り返ってみると、規定投球回に到達したのは2013年の三浦大輔(高田商業高校/現・二軍監督)が最後となっている。この年の三浦は40歳のシーズンであり、すでに大ベテランだった。

 長年エースとしてチームを引っ張ってきた三浦の存在は大きかった。三浦をのぞくと、なんと1998年の野村弘樹PL学園高校)まで遡らなければ、生え抜き高卒の規定投球回到達者は出てこないのである。

 三浦は1991年のドラフト6位であり、野村は1987年のドラフト3位だ。つまり30年近く高卒の規定投球回到達投手を獲得できていないということになる。

 もちろんチームの編成の方針による影響もあるだろう。ここ数年のドラフト指名を見てもわかる通り、先発の柱として期待をかけている投手はドラフト上位の大卒選手に狙いを定めている。

 とはいえ、高卒の先発候補を指名していないかというと、そんなことはない。先の飯塚や京山、その他にも阪口皓亮北海高校・2017年3位)、櫻井周斗([stadium]日大三[/stadium]高/2017年5位)らを指名してきた。また、少し前は山口俊柳ヶ浦高校/2005年高校生1巡)や北方悠誠唐津商/2011年1位)と1位指名で高卒の投手を指名している。山口は十分な戦力となっていたが、DeNA(前身球団含む)時代に規定投球回に到達したことはない。

 DeNAは大卒の即戦力に加え、中位・下位で指名した高卒の有望株が先発ローテーションに入ってくると、今以上に戦力の厚みは増してくる。野村、三浦に続く高卒の規定投球回到達者は誰になるのだろか。

(記事:勝田聡

関連記事
◆DeNAドラフト3位、伊勢大夢のインタビューはこちら⇒最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化
森下暢仁(大分商出身)が西武相手に5回8奪三振!好投手に多い、縦回転フォームでブレークなるか?
初球から振れる準備を行う。阪神・井上広大(履正社出身)が例年の高卒スラッガーより突出している理由

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?