Interview

秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」

2020.03.09

 昨秋、秋季千葉県大会で準優勝を果たし、関東大会へ進出した拓大紅陵。その原動力となったのがエースの竹内将悟だ。
 スピンの利いた直球に加え、スライダーやチェンジアップなど多彩な変化球も武器としており、秋季千葉県大会では3完封を記録。今年の千葉県を代表する投手の一人となった。

 そんな竹内は、これまでどんな道を歩んできたのか。中学時代や高校入学後の成長の過程、そして夏に向けた意気込みについても伺った。

高校から本格的に投手を始める

秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 | 高校野球ドットコム
竹内将悟(拓大紅陵)

 神奈川県愛川町出身の竹内。中学時代は海老名南シニアに所属し、主に遊撃手として試合に出場していた。
 当時から投手も務めていたが、どちらかと言えば野手としての出場が多く、本格的に投手をやり始めたのは高校野球からだ。

 「海老名南シニアの一学年上の先輩には、井上広輝さん(日大三-西武ライオンズ)がいらっしゃいました。井上さんは中学時代からすごいボールを投げていて、学年も上だったので遠い存在でしたね」

 拓大紅陵に進学後、正式に投手への転向が決まった竹内は、そこから急成長を遂げていく。
 昨年夏に、投手コーチから監督に就任した和田孝志監督は、入学当初の竹内について次のように語る。

 「元々野手だったせいか、やっぱり上体だけで投げるピッチャーでしたね。入った当初はノックにも入っていましたが、上体が強くて下半身はほとんど突っ張って投げるような感じでした。
 ただ上半身が強さ分、ボールに勢いはあったので下半身が使えるようになれば良いなっていくなと思っていました」

秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 | 高校野球ドットコム
秋季関東地区大会での竹内将悟(拓大紅陵)

 竹内の課題は明白であった。上半身主導で下半身が使えないこと。
 竹内は入学直後からすぐにフォームの修正に着手して、ピッチングではもちろんのこと、寮でのシャドーピッチングも欠かさずに行い、股関節の動きを意識したフォーム作りを進めた。

 するとすぐに効果は見え始める。
 入学して一番最初に計測した際のスピードは126キロだったが、夏の大会の前には135キロまで一気にスピードアップ。下半身が使えるようになってきたことで、体重が前に乗るようになったのだ。

 急成長が認められ、1年夏からベンチ入りを果たした竹内は、準々決勝の東海大市原望洋戦で初登板を果たす。点差をつけられた終盤に、打者一人だけの登板だったが、竹内にとって大きな経験であった。

[page_break:秋季関東大会で出た課題]

秋季関東大会で出た課題

秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 | 高校野球ドットコム
竹内将悟(拓大紅陵)

 そんな竹内の名が一気に広まったのが、昨夏の第101回全国高校野球選手権千葉大会の東海大市原望洋戦だ。

 2番手として登板した竹内は、2回3分の2を投げて1失点の投球を見せる。相手に貴重な追加点こそ献上したが、強気なピッチングは目を見張るものがあり最速は140キロを記録。
 和田監督はこの試合での投球から、竹内に頼もしさを感じ始めたと振り返る。

 「この試合を見て、この子は気持ちの強い子だなと感じました。一つ上の代の夏の大会でも、物怖じせずに投げれるメンタルの強さを感じました。
 あとは新チームになって、多少エースの自覚が出てきたのかもしれないですね。一つ上の代でも投げた自信があるかもしれません」

 地道なフォーム修正に、夏の大会で得た自信。
 秋季千葉県大会での3完封は、こうしたターニングポイントから繋がっていったのだ。

 だが、竹内は昨秋にまた新たな課題にぶつかった。
 竹内にとって初出場となった秋季関東大会では、初戦で花咲徳栄に5回8失点を喫し、選抜甲子園への道は早々に打ち砕かれた。

秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 | 高校野球ドットコム
秋季千葉県大会で専大松戸を完封し雄叫びを上げる竹内将悟(拓大紅陵)

 初めての関東大会、花咲徳栄という全国屈指の強豪との対戦、普段とは違う他県の球場。様々な要因から必要以上の力みが生まれ、上体だけの投球が再び出てしまったのだ。

 「あの試合は力でしまったところが敗因かなと思います。力んでしまってボールが高めに浮いたところを狙い撃ちされ、スライダーも抜けてしまい、それを井上朋也くんにセンターオーバーを打たれてしまいました」

 秋の敗戦を踏まえて竹内は、オフシーズンの期間で改めて下半身主導のフォームを固めていきたいと決意を語る。
 またチームのエースとしても、より頼りになる存在になっていき、野手を助けられるピッチングをしていくことを誓う。

 「野手が打ってくれる時はすごく安心しますが、反対に野手が苦戦してる時は自分が出来るだけ抑えて野手が点を取りやすい雰囲気を作っていきたいと思います。野手のためにもリズムのいい投球をしていきたいです」

 夏までの目標に掲げるのは、140キロ中盤のストレートを投げ込み、チームを甲子園に導くことだ。
 千葉に現れた快速右腕が、まずは春にどこまでの成長を見せるのか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗

関連記事
花咲徳栄と拓大紅陵が激突!秋季関東大会をレポート!
秋季千葉県大会準決勝をレポート!拓大紅陵・竹内将悟の柔と剛の投球術で完封勝利
秋季千葉県大会3回戦をレポート!エース・竹内将悟の巧みな投球術で完封勝利!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.04

【九州地区春季大会注目選手リスト】宮崎学園の大型左腕、鹿児島実の147キロ右腕など25人のプロ注選手たち!

2024.03.04

【大阪】大阪桐蔭、履正社、近大附が同じブロック<春季大会組み合わせ>

2024.03.04

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

2024.03.04

センバツ3年連続出場の高知「二段モーション解禁」駆使し練習試合は松山聖陵に連勝

2024.03.04

手の内を知っている同士の都立総合工科と都立足立新田は接戦と乱戦となった

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.12

【準硬式】’23年全国大会準V・日本大の前に強敵揃う 全国大会をかけた関東大会の組み合わせ決定

2024.02.12

徳島IS期待のルーキー・加藤響、頭部死球で途中交代も無事! 東海大相模時代から注目のスラッガーは「来週には復帰」!