Interview

センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る

2020.03.04

 U-12日本代表、カルリプケン世界大会日本代表、世界少年野球大会代表(ボーイズ日本代表)と、これまで3度の日本代表を経験した逸材が、この春から高校野球への舞台へ踏み出していく。

 熊本泗水ボーイズの星子天真だ。
 走攻守の3拍子が揃ったプレースタイルもさることながら、日本代表で主将を務めるほどのリーダーシップも持ち合わせており、選手としても主将としても存在感を発揮してきた。
 今回はそんな星子に、これまでの中学野球を振り返っていただき、また高校野球での目標についても伺った。

 中学野球屈指のエリートプレーヤーの素顔に迫っていく。

技術よりも目を引く人間力の高さ

センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る | 高校野球ドットコム
星子天真(熊本泗水ボーイズ)

 中学通算13本塁打の打撃力に、軽快な守備と俊足が武器である星子。小学生時代から計3度の日本代表に選出されるなど、中学生としては非常に高いスペックを持つが、熊本泗水ボーイズを率いる松崎秀昭監督は、その最大の長所に高い人間力を挙げる。

 「場慣れしてるので、全体が見渡せますし返答もしっかりできます。
 気が抜けた選手や悩んでいる選手にもしっかり声を掛けますし、もちろん自分がちゃんとしてないと人には言えないので、自分で高い意識を持ってできる選手です」

 引退した現在も高校野球に向けて練習に参加しているが、ノックでは誰よりも声を出して練習の士気を高め、下級生にも積極的にアドバイスを行う。その存在感は依然として大きく、チームメイトからも大きな信頼が寄せられている。

センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る | 高校野球ドットコム
挟殺プレーを行う星子天真(熊本泗水ボーイズ)

 小学校2年生の時に弓削キングで野球を始めた星子は、早くから注目を集める存在であった。
 野球を始めるきっかけとなった兄は、福岡大大濠の主砲として高校通算40本以上の本塁打を放った星子海勢選手。福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出された兄の背中を追って、同じ舞台に立つことを目標に必死に練習に打ち込んだ。

 「兄がソフトバンクホークスジュニアに選ばれていて、やっぱり大きな目標でした。
 自分もホークスジュニアに選ばれたときは、やっと兄に追いつけたというか、スタートラインに立てたのかなという気持ちになりました」

 熊本泗水ボーイズに入団後も下級生時から存在感を見せ、最上級生になってからは1番・セカンドとして活躍。昨年の夏には、ボーイズリーグの夏の全国大会である第50回記念日本少年野球選手権大会への初出場に大きく貢献し(大会には日本代表選出で不出場)、中学野球で確固たる実績を残した。

[page_break:日本代表で得た2つの経験]

日本代表で得た2つの経験

センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る | 高校野球ドットコム
ティー打撃を行う星子天真(熊本泗水ボーイズ)

 そんな星子には、日本代表で得た2つの経験がある。

 一つ目は、U-12日本代表で仁志敏久監督から掛けられた言葉だ。
 仁志監督からは、技術面よりも野球に向き合う姿勢の部分で多く指導してもらったと振り返るが、中でも大会を終えてチームが解散する際に、仁志監督が最後のメッセージが特に印象に残っていると星子は話す。

 「解散の時に、仁志監督は選手を集めて『これから褒められることや、批判の声もあると思う。そのことを半分ずつ受け取って頑張りなさい』と言われました。その言葉を今でも大事にしています」

 そして2つ目は、ボーイズ日本代表で感じた自らの未熟さだ。
 昨年の7月31日から11日間、イタリア・ローマで開催された第38回世界少年野球大会に、日本代表として参加した星子は、異国での体調管理の難しさや他の代表選手たちの意識の高さに驚きを感じた。
 心身ともに更なるレベルアップの必要性を痛感し、現在はより高い意識を持って練習に取り組んでいると話す。

センスと知性は五つ星のエリート球児 星子天真(熊本泗水ボーイズ)の歩みに迫る | 高校野球ドットコム
チームメイトと共にノックに入る星子天真(熊本泗水ボーイズ)

 「みんな意識が高くて、夜の自主練など自分で考えてしっかりやっていました。
 特に大津瀬田ボーイズの山田陽翔は、普段は面白いのですが野球になるとスイッチが入るので、そのメリハリが凄かったです。
 上には上がいるなと感じましたし、高校に上がるにつれてどんどんレベルも高くなっていくので、もっともっと頑張らないといけないなと感じました」

 日本代表での経験を糧にして、向上心を持って練習を続ける星子。
 中学を卒業後は関西地区の強豪校に進学予定で、目標は全国制覇を掲げる。

 「高校でもキャプテンになりたいと思っています。チームを引っ張っていく存在になって、負けてる時でも自分一人でチームを鼓舞できるように、そんな選手になりたいです」

 5つ星のセンスと知性を持つエリート球児が、高校野球でさらに光輝くことに期待だ。

(取材=栗崎 祐太朗

関連記事
主将で1番捕手!中学球界屈指の名捕手・伊藤愛都( 草津リトルシニア)が過ごした3年間
最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)
野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!