Column

「自分で気付く力、積極的に動く力に気づけたマネージャー生活」豊野(愛知)の頑張るマネージャー!

2020.03.09

マネージャーも積極的な発言でチームを奮い立たせる!


豊野マネージャー

 豊野高校野球部の部員は現在16名。加えて、マネージャーの梁瀬 瑚夏さん(2年生)、川越 百華さん(2年生)、近藤 綾さん(2年生)、伊藤 寧色さん(1年生)、本田 百花さん(1年生)、横山 和奏さん(1年生)、永田 葵唯さん(1年生)の7名が活動している。

 マネージャーの主な仕事は、ノックの補助、マシーンのボール入れ、タイムキーパー、道具の補修、補食のサポート、掃除、試合の運営、案内など様々である。

 選手の練習中(個人トレーニングやノック)の際にも、マネージャーも積極的にグラウンドへ出て指摘の声を出したり、練習後のミーティングでその日の良い点、悪い点を発言するなど、他校のマネージャーより積極的な点は負けないところだという。

 さらに「合同練習では積極的に質問をしたり、ミーティングでも部員同士が考えながら意図を伝えあうことが出来る」ところが強みであることを2年生マネージャー・近藤綾さんは語る。

 また豊野では、今のチームからマネージャーでライン引きをするようになった。「私たちから始めたことで、最初は線が真っすぐに引けず、曲がってしまうことがあり難しかったです」と近藤さんは当初を振り返る。しかし、現在はライン引きのコツを覚え、最初のころに比べるとかなり早く線が引けるようになった。

 そんな彼女達は「部員の成長が見られた時や、周囲の方から褒めて頂いた時、試合で勝てた時にはやりがいを感じます。」と話してくれた。
 夏は日焼けで真っ黒になったり、炊き出しで選手達と一緒になって食べてしまい体重が増えてしまう・・・などの悩みもあるそうだが、これもまたマネージャーの醍醐味だ。

 日々選手のサポートをするマネージャーの彼女達が特に印象に残っていると挙げてくれた試合が、昨年6月29日に[stadium]豊田球場[/stadium]で行われた夏大、愛知県大会初戦の安城学園戦である。

 3回まで1対5と安城学園に押されていた豊野高校だったが、中盤に相手のミスに加えて、5番坂部が満塁ホームランを放ち、見事逆転勝利を収めたのであった。「坂部先輩がホームランを打った瞬間は今でも1番記憶に残っています。奇跡の逆転で皆と校歌が歌えてよかったです。」

 その試合とは別に、普段の取り組みの中でも印象的なエピソードがあることを近藤さんは語ってくれた。
 「後輩たちが真剣になって話を聞いてくれることが印象に残っています。豊野ではスコアラーに入った人が、相手打者の打順と前の打席の結果を伝えているんです。私が初めてスコアラーに入ったときは先輩たちのやっていることが難しく、先輩たちから教わって覚えることが出来ました。それを今度は教える立場になって、後輩が真剣に聞いてくれるので個人的に印象深いです」

 そんな3年生について、「3年生の先輩達は1年半部活を一緒に頑張り、仕事を一から教えてくださった自分達にはなくてはならない存在です。どの練習、場面でもチームを引っ張り盛り上げてくれる存在です。」と振り返った。

[page_break:全てにおいて日本一のマネージャーになりたい]

全てにおいて日本一のマネージャーになりたい


仕事中の豊野のマネージャー

 ここからは梁瀬 瑚夏さん(2年生)にお話を伺いました!

 中学時代はバレーボール部だった梁瀬さん。もともと、マネージャーには興味があったようだが、豊野高校野球部のマネージャーになったのには理由があった。
 「中学3年生の夏、豊野高校の野球部を見学した際、全力で声を出し練習している部員達に惹かれました。」一生懸命頑張っている部員の姿を実際に見て、サポートする事を決意したようだ。

 中学生の頃は、誰かの後ろについていくだけの消極的な性格だったという。「もしマネージャーになっていなかったら、自分に自信がなく、流されてなんとなく高校生活を送っていたと思います。」

 今では豊野高校野球部のマネージャーになり、自分で気付く力、積極的に動く力、気付いたことを発言する力など、様々な力が身に付いたという。

 だがマネージャーとして自分が最上級生になると思い通りにならないことも。「3年生マネージャーが引退してすぐは、スコアラーに入っても迷惑ばかりかけてしまったり、自分の力不足に気付きました。」と振り返った。

 しかし今では部員・監督のみならず、周りからもたくさんの信頼を得ているようだ。
 「[stadium]豊田球場[/stadium]で行われる大会で補助役員として豊野高校野球部のマネージャーを指名してもらいました。日々の努力が認められたようで、とても嬉しかったです。」

 選手達も「いつも練習の準備をしてくれたり、部員にも指摘の声を出してくれます。僕達が勝つために必要不可欠な存在です」と話してくれた。

 また、梁瀬さんは「監督はマネージャーも部員と同じように見てくれています。大変な時もありますが、厳しくして頂いているおかげでマネージャーも選手と同じように日々レベルアップできます。」と監督への感謝の気持ちを語った。

 「マネージャーはチームの縁の下の力持ちです!全てにおいて日本一のマネージャーになりたいです。ただスコアを書くだけでなく、盛り上げの声や打球傾向など、声の内容にこだわり、これからも頑張っていきます!」と力強く意気込みを語ってくれた梁瀬さん。

 最後に選手達に向けて、マネージャーの皆さんから一言メッセージを頂いた。
 「毎日地道に努力している姿はかっこいいです!春と夏でこの力を発揮して絶対に勝ちましょう!」

 豊野高校は春と夏、どのような戦いぶりをみせるのか。マネージャーの活躍からも目が離せない。

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!