Interview

社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1

2019.12.18

 世代を代表する選手は、高校生ぐらいまでは野球を始めたときからエリートという選手のほうが多い。ただ、大学、社会人野球になると、それまで無名だった選手がトップを走ることがある。2020年のドラフト候補・今川優馬(JFE東日本)はその1人ではないだろうか。

 今でこそスラッガーとして注目される今川だが、高校時代、一般生で入学した無名選手。[stadium]甲子園[/stadium]出場も控え選手という立場で、高校通算本塁打はたった2本だった。

 それから東海大札幌キャンパスで長打力を開花させ、札幌六大学屈指のスラッガーへ成長。JFE東日本では1年目でいきなりベストナインを獲得した。

 今川は高校時代、今のような姿はもちろん想像していない。ただレギュラーを必死に目指す球児だった。選手としてのタイプを大きく変えた今川のストーリーは多くの選手にとって励みになるだろう。

 実力はもちろん、誰に対してでも明るく接する人柄は多くのプレーヤーに慕われている。今川のストーリーを3回に分けて紹介。まず1回目は高校野球編についてだ。

憧れの東海大四入学も同期はハイレベルな選手ばかり

社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 | 高校野球ドットコム
今川優馬(JFE東日本)

 6人兄弟の長男である今川が野球を始めたのが小学3年生からだ。
 「父が野球が好きで、本格的に野球を始めるときからキャッチボールをしていて札幌ドームにいって野球観戦するときもあって、それで野球が好きになりはじめた感じです」

 札幌ドームでプロ野球観戦をして憧れになった選手が新庄剛志だった。
 「まだ移転したばかりは今ほど人気がなかったと思いますが、その時、新庄選手がきて、これがスーパースターなんだな、こんなにお客さんを魅了できる選手はいなかったので、新庄選手のファンになりましたし、目標となりました」

 中学校までは軟式野球でプレー。ポジションは遊撃手と投手を兼ねて中心選手だったが、最後の大会は市内大会の一歩前の区大会決勝戦で敗退。

 高校では家が近い東海大四を選択した。東海大四を選んだのはいろいろな理由があった。
 「中学の時、高校野球を見に行って、その時、みた東海大四のユニフォームがかっこいいと思ったんです」

 さらに当時、北海道内で有名だった西嶋亮太(JR北海道 2018年引退)もいた。
 「西嶋が行くと聞いたし、さらに良い選手が集まると聞いたので、[stadium]甲子園[/stadium]に行く確率も高いかなと思って選びました」

社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 | 高校野球ドットコム
アップをする今川優馬(JFE東日本)

 しかし、同期は特待生・一般生を含めて30人以上もいた。投手は西嶋を含め、好投手が多くいたため、断念。もう1つのポジションだった。ショートは同期に福田 涼太(JR北海道)がいた。
 「福田は本当に守備がうまくて、福田から守備を教わったりしていたんですが、これじゃ出られないと思って、外野で試合出場を目指しました」

 2年夏までベンチ外。スタンド応援組だった今川は外野手として試合出場を目指す。とはいえ、外野手も激戦だった。
 「試合出場するために、とにかく多くのヒットを打つことを求めていました」

 まず2年秋には背番号「16」でベンチ入り。少しずつ試合出場を増やしていき、3年の春先は打撃好調で、練習試合では1番センターで出場。その活躍が認められ、初めて一桁背番号を手にして、努力が報われたと思った瞬間だった。

 しかし青森遠征の練習試合で、骨折をしてしまい、あえなくベンチ外となった。
 「本当に悔しかったですね。一桁背番号を手にしたことをまだ親に話していなかったです。大会が近づいたときに発表しようと思っていて、それができなくてショックでした」

 その怪我は予想以上に重症で夏に間に合わないといわれた。
 「もう絶望でしたね。自分の高校野球は終わったんだなと思いました」

 それでも必死のリハビリで間に合わせ、ベンチ入りし、支部予選を間に合わせる。そして[stadium]甲子園[/stadium]出場を果たした。

[page_break:高校最後の試合で正真正銘のベストホームラン!]

高校最後の試合で正真正銘のベストホームラン!

社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 | 高校野球ドットコム
ティーバッティングをする今川優馬(JFE東日本)

 レギュラーではなかったが、今川は[stadium]甲子園[/stadium]出場の喜びを感じていた。
 「夢に来た場所でしたので、今でも[stadium]甲子園[/stadium]は最高の場所だと思いましたね。そればかりしてきた練習、苦労が報われた思いもありました。ただレギュラーとして試合に出たなかったなという思いも同時にあります」

 そしてエース・西嶋が超スローカーブを投げた瞬間をベンチから見ていた。
 「ただ凄いなと思って、本気で(西嶋を)尊敬しています。自分が憧れの選手に出した新庄さんもそうですけど、1人であれだけ観客を沸かせるので、1人でできるのはすごいなと思っています」

 

 同期の選手に刺激を受けながら、さらに高いステージで活躍したい思いを強くしていた。

 そして[stadium]甲子園[/stadium]後、国体出場が決まった。この国体は今川にとってチャンスが訪れる。それは高校3年の秋らしい事情からだった。
 「センターでスタメンで出場していた選手がちょうど就活が出られなかったんです。夏から打撃にも自信が出てきたのでチャンスだと思いました」

社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 | 高校野球ドットコム
今川優馬(JFE東日本)

 今川はそのチャンスを生かす。国体の健大高崎戦で本塁打を打つ活躍。試合には打撃戦の末、10対13で敗れたが、スタメンとして活躍したこと、さらに本塁打を打てたことに今川は満足感でいっぱいだった。
 
 「国体の舞台は非常に楽しかったですね。夏の大会と違って、勝たないといけないプレッシャーがなく、伸び伸びとやれて、お祭り気分でしたね。活躍できたのは自信となりました」

 そして国体の本塁打は高校通算2本目となった。
 「初めて打った本塁打は練習試合で、かなり狭い球場だったんです。外野フライと思った打球が入ってしまって。だけど、国体で打った[stadium]長崎県営野球場[/stadium]は広い球場で感触もばっちりで、正真正銘の本塁打です」

 有終の美を飾った今川。そして進学先は東海大札幌キャンパスに決まった。いろいろ大学を見た中での選択だった。
 「大学は高校の隣のグラウンドで練習をしていて、ここでやりたいと思うようになりました。また、東海の縦じまに未練を持っていて、今度はレギュラーとして縦じまのユニフォームを着て、全国の舞台に出たいと思ったんです」

 強い決意をもって東海大札幌キャンパスへ入学した今川だったが、厳しい現実が待っていた。

 vol.1はここまで。vol.2では大学野球での話をメインに、今川選手の野球人生についてさらに迫っていきます。vol.2もお楽しみに!(vol.2を読む)

(取材=河嶋 宗一

関連記事
◆連載 2020年インタビュー
社会人野球ベストナインが決定!初受賞のスラッガー・今川優馬(JFE東日本)「来年は打撃タイトルを独占したい」
ともにベストナインを取った峯本 匠 (大阪桐蔭)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード