Column

秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)

2019.10.10

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第56回から始まった「秋の四国で見つけたダイヤの原石たち」第3回では、10月6日(日)に行われた第72回秋季四国地区高等学校野球大会高知県予選準々決勝において森木 大智(1年)らを擁する高知を6回コールド10対0で下した高知中央のエース・和田 育也(わだ なるや・投手・2年・右投右打・179センチ78キロ・南国ヤングマリナーズ出身)を紹介。また、高知中央の注目選手も何人か取り上げていきます。

独特のカーブ・スライダー備える最速142キロ右腕

秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手) | 高校野球ドットコム
高知中央・和田育也(2年)投球の様子

高知中央10対0高知
 2019年10月6日・14時37分。6回までしか入らなかった[stadium]高知市東部総合運動公園野球場[/stadium]のスコアボードには衝撃的なスコアが刻まれていました。

 その主役はもちろん「県新人大会で宿毛工に負けた後『我々は受けて立つ立場ではない』という意識付けをして、高知に胸を借りる気持ちでやってきた」重兼 知之監督の付託を14安打10得点で見事に体験した高知中央打線。そして最速139キロのストレートとスライダー・カーブを駆使して高知打線を6回117球4安打4四死球4奪三振無失点に封じたこの右腕でした。

 和田 育也(わだ なるや・投手・2年・右投右打・179センチ78キロ・南国ヤングマリナーズ出身)

 南国ヤングマリナーズでは2017年「第9回少年硬式野球四国選手権大会」初優勝にエースとして大きく貢献し「第11回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」でもベスト8進出。その功績を認められ、同年11月に愛媛県松山市で開催された「U-15 アジアチャレンジマッチ2017 」では四国地区で唯一侍ジャパンU-15代表に選出されると、松山市代表相手に1回を無失点に抑えこんでいます。

 その後、一度は高知県外の高校に進学するも2年6月からは「楽しく野球ができる」高知中央に転校。夏の高知大会直前に登録されると最速142キロをマークする主戦としてここまで奮闘を続けています。

 この日は高めの抜け球をも見せ球に変える「高さとインコース・アウトコースの投げ分けを意識した」配球と「いつもより曲がりが小さかったのがかえってよかった」120キロ前後スライダーとカーブの当初軌道一致が、相手打線を大いに惑わせることに。「よく相手打者を観察してリードしていた」と指揮官も絶賛した主将・管原 洸太(2年・捕手・右投右打・179センチ68キロ・大阪東淀川ボーイズ<大阪>出身)との呼吸もぴったり合っていました。

 「次の明徳義塾戦では初回から飛ばしていきたい」と意気込む和田投手。独特の変化球軌道は十分使えるだけに、春を迎えるまでにすべての球速帯が5~8キロ上がれば今季7年目でNPB一軍初勝利をあげた田川 賢吾、終盤には二軍のローテもままされるようになった日隈 ジュリアス(いずれも東京ヤクルトスワローズ)に続く3人目の高卒ドラフト指名選手が生まれる可能性も高まってくるのではないでしょうか。

[page_break: まだいる高知中央の「ダイヤの原石たち」]

まだいる高知中央の「ダイヤの原石たち」

秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手) | 高校野球ドットコム
左から板谷 朋生と曾 昱磬

 また、高知中央には和田投手の他にも「ダイヤの原石」的選手が複数います。その中で以下の2名を少し紹介しておきましょう。

 曾 昱磬(そう ゆうちん・2年・二塁手・175センチ75キロ・右投左打・橋頭中<台湾>出身)
台湾からの留学生選手。遊撃手が本来のポジションということもあり、二塁手としての守備範囲は抜群。グラブさばき、バットコントロールも巧く、チームではリードオフマンを務める。

 板谷 朋生(いたたに ともき・1年・遊撃手・167センチ67キロ・右投右打・南国ヤングマリナーズ出身)
「第9回少年硬式野球四国選手権大会」では2年生でMVPを獲得。マウンドでも141キロを投げられる身体能力が魅力。高知戦では三塁打2本(うち1本は到達タイム11秒59)二塁打1本と長打力とスピードも兼ね備える。タイプ的にも体系的にも西巻 賢二仙台育英~東北楽天ゴールデンイーグルス)を想起させる。

 

 このように秋季四国地区高等学校野球大会「初出場」を果たせば、当然徳島の地でもスポットを浴びるであろう高知中央。まずは準決勝で明徳義塾、続いて高知商ないし岡豊が待ち受ける剣が峰を彼らが高知戦で得たものを糧にいかに超えていくのか、見守りたいと思います。

(文・寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

【三重】三重の初戦の相手は?<春季大会南地区予選組み合わせ>

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!