News

興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ

2019.10.18

興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ | 高校野球ドットコム
会見に登壇した宮城大弥と我喜屋監督

 17日、プロ野球ドラフト会議2019が行われ、興南宮城大弥がオリックスからの1位指名を受けた。緊張する宮城。そして指名されたあとの喜びの声をお届けする。

- 自分よりライバルたちの指名が気になっていた -

 TBSをはじめ多くの報道陣が詰めかけた興南高校。U-15に続き、U-18にも選ばれた宮城大弥。上位指名が確実視されるサウスポーに、県内外から多くの注目を集められていた。5時前、3年生が待ち構える中、宮城が登場。でも椅子に座る様子はなく、壁のそばでずっと立ち続ける姿に、緊張感が漂っているのが見て取れる。ほどなくしてご両親とともに座った宮城。

 ドラフト会議が始まってもテレビの画面を凝視し、笑顔は殆ど見られない。そんな中、U-18で一緒だった奥川恭伸星稜)がヤクルトに決まると、後ろに控えていたナインと笑顔で談笑。「自分のことより、佐々木や奥川がどこに決まるのかが気になっていた。」と宮城。同じく、石川昂弥東邦)が中日に、佐々木朗希大船渡)が千葉ロッテに決まると「中日か」「ロッテだ」とでも話すかのように、ナインの方へ顔を向けた。一巡して指名が無かったが、再抽選でオリックスが指名するとナインが先に喜びの声をあげる。本当なのかとでも言わんばかりに凝視した宮城が遅れて笑顔になった

- 先輩大城さんとチームを優勝へ -

 移動した会見場では我喜屋監督とともに壇上へ上った宮城。「率直に嬉しい。」と、オリックスからの指名受けの感想を述べた。「若い選手が多い。興南高校の先輩大城さんもいる。一緒に一軍で頑張れるようにした。」と抱負を述べた宮城。

 佐々木、奥川はトップレベル。そんな彼らに負けないように頑張っていきたい。U-18をともに戦ってきた仲間でありライバルである二人を見据える宮城。派手に、ではなく、愚直に野球に取り組んでいた子と評した我喜屋監督は、「子供たちに夢を与えられる選手になってほしい。」と言葉をかけた。

- 偉大な先輩、島袋洋奨と比較 -

 1年の夏から登板し、2年連続で夏の甲子園出場を果たした宮城。同じ興南の先輩である島袋洋奨と比較してみよう。当時1年生の島袋は4試合に登板(投球回数は22回と2/3)。防御率2.67、奪三振率は6.10だった。それに対し宮城の一年夏の成績は圧巻の一言だ。6試合に登板(先発は決勝のみ)した宮城の防御率は0.40(投球回数は島袋とほぼ同じ、22回と1/3)。奪三振率は驚異の13.72。

 この数値は、春夏連覇を果たすこととなる島袋絶頂期の3年の夏とほぼ同じ(島袋3年の夏、防御率0.29、奪三振12.77)。1年生の宮城は、初先発が決勝の舞台にも関わらず13奪三振をマークするなど、強心臓ぶりを発揮していた。プロでもそれがいかされるだろう。

 

- 目標は山本昌 -

 「自分は息の長い選手になりたい。目標は山本昌さん。」と宮城。2年秋の九州大会で筑陽学園に敗れたのが。宮城にとって一番印象に残るゲームだった。その悔しさを忘れず、より高みを目指して春の九州大会で見事筑陽学園にリベンジ。夏の選手権では沖縄尚学に敗れたものの、ダルビッシュ有投手や川上憲伸氏が宮城に絶賛の声を上げる中、オリックスから1位指名を受けた。

 オリックスのエースへ、そして日本代表として手に入れられなかった世界一を掴むため。宮城はこれからも走り続ける。

興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ | 高校野球ドットコム宮城大弥投手のインタビューはこちらから!
進化を止めない注目左腕・宮城 大弥(興南)【前編】~チームを引っ張る立場になり見えた、やるべきことをやれば勝てる~

進化を止めない注目左腕・宮城 大弥(興南)【後編】~成長に貪欲な男の伸びしろは無限大~


興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き

興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ | 高校野球ドットコム

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】