Interview

山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】

2019.10.09

 4季連続優勝に向けてリーグ戦を戦う、戦国東都の名門・東洋大。その東洋大でドラフト戦線に急上昇した選手が、山田知輝だ。

 春季リーグ戦では最多となる5本の本塁打を放ち、自身初のベストナインを受賞。井口資仁監督と村田修一氏が持つ1シーズン8本塁打に残り3本と迫っていた山田は、投手として東洋大に入学し、大学2年生の秋から本格手に野手に取り組んできた。

 約2年間で山田はいかにして東都が誇る注目スラッガーになったのか。そのルーツに迫った。

山田のバッティングの根源は、「フライを打て、ホームランを打て」

山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 | 高校野球ドットコム
山田知輝(東洋大学)

 山田が野球を始めたのは小学2年生。
 「父がそのチームで監督をやっていまして、厳しかったですし、怖かったです」と当時のことを苦笑いしながら振り返る山田に、さらに小学校の頃のバッティングについて語ってもらった。

 「野球を始めた時からバットをしたから出しやすいスイングをしていました。それに対して、『上から叩け』って指導はされました。それは中学でも言われましたが、癖になっていて自分には合っていませんでした」

 そんな山田に対して、「フライを打て、ホームランを打て」とアドバイスを送ってくれるコーチとともに毎日練習してバッティングを磨いていった。それが今のバッティングに関係していたことは、のちに触れたい。

 その後、山田は地元の中学で軟式野球をやり、高校から桐生第一へ進学する。
 「幼稚園の時の友達が桐生第一から誘いをもらっていて、その友達と相談しました。あとは、甲子園優勝経験がある桐生第一が自宅から近くて、当時は福田監督がいたのが決め手になりました」

 こうして山田は桐生第一へ進学。入学してからバッティングをかわれ、サードとして春から試合に出場。1年生の夏からピッチャーとしてベンチ入り。高校2年生の春の選抜に出場すると、ベスト8進出。最後の夏は甲子園とはならなかったが、投打で注目を浴びた山田は東洋大へ進む。

 しかし、大学では思ったような成果を残せない日々が続いた。

[page_break:強い覚悟をもって決心した打者転向]

強い覚悟をもって決心した打者転向

山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 | 高校野球ドットコム
ティーバッティングをする山田知輝(東洋大学)

 東都の名門・東洋大に進学した山田は1年生ながらベンチ入り。ピッチャーとして幸先よいスタートを切った山田だったが、2年生に進級する前に大きな壁が立ちふさがった。
 「ボールが思うように投げられなくなってしまい、春のリーグ戦を諦めざるを得なかったです。そこで、夏に行われるサマーリーグでの登板に照準を合わせて練習しました。でももしそこで結果を残せなかったら、『打者へ転向しよう』と思いました」

 強い覚悟で挑んだサマーリーグだったが、確かな結果を残せず、山田は2年生の秋より打者へ転向。1からスタメンを目指すこととなった。
 「まずはチーム内の競争に勝たないといけなかったですね。周りは1、2年間野手として練習してきた中で、自分はピッチャーとして過ごしてきた。その時点でバットを振ってきた数が違いました」

 バッティング練習では打球を飛ばすことが出来たが、実戦形式で相手バッテリーの配球の前に苦戦を強いられた。
 「飛ばす力はあったので、試合には起用してもらえました。ただミートが悪かったので、杉本監督には多くのことを教わりました」

 その後、結果を出すために山田の試行錯誤は続いたが、3年生の春のリーグ戦・亜細亜大戦で初めてヒットを放つ。
 「中村 稔弥さん(千葉ロッテマリーンズ)から初ヒットを打ちましたが、嬉しかったですね。野手転向をしてよかったと思えました」と振り返る山田。

 山田はその年、秋季リーグ戦では開幕スタメンを奪取。確実に成長してきたが、再び不調へ。14打席でヒットなしでスタメンから外れ、そのままヒットなしでリーグ戦を終えた。

 山田は再びバッティングを見直し、試行錯誤の日々を過ごす。その中で見出した答えが『フライボール革命』。小学生時代にコーチに言われた「フライを打て、ホームランを打て」というアドバイスに、偶然にも立ち戻ることとなったのだ。

 前編ではここまで。後編では、山田選手が取り入れた『フライボール革命』について。そしてある東洋大OBから教わった金言。最後に理想の選手像を伺った。後編もお楽しみ!

(取材=田中 裕毅

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!