Column

「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い

2019.10.24

 2016年、広島新庄(広島)から北海道日本ハムファイターズ高卒ドラフト1位で入団。1年目から侍ジャパントップチームメンバーに選出されたことを契機に着実に成長を遂げ、3年目を迎えた今季は53試合に登板し4勝4敗1セーブ5ホールドとキャリアハイを更新し貴重な左腕中継ぎの一角を占めている堀 瑞輝

 高校時代は2年夏に広島新庄を初の夏甲子園出場へ導き1勝をあげると、最後の夏も再び甲子園に戻り2勝。大会後には侍ジャパンU-18代表として「第11回BFA U-18アジア選手権」優勝に大きく貢献したのも記憶に新しいところだ。

 では、そんな堀投手は高校3年間をどのように過ごしてきたのか?今回は恩師・迫田 守昭監督に大いに語って頂きました。

「キレ・伸び・裏表なし」を土台に

「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い | 高校野球ドットコム
笑顔が光る高校時代の堀瑞輝

 堀(瑞輝)は呉市立昭和中の軟式野球部出身。彼が3年生の時、呉地区の僕の教え子が中学の監督をしていた関係で「いい投手がいる」と聞いてはじめて見に行ったんですよ。練習を見ただけなんですが、そこでキレのあるボールを投げていたんです。そこで指導者の方に広島新庄への進学をお願いして、入学することになったんです。

 入学後も堀はすぐに硬式ボールに慣れて、キレのいいボールを投げていたんです。球速も1年夏から130キロを投げていて、大会でも短いイニングで使っていました。ただ、当時の彼には心配なことが1つあって……。センスはあってもフィールディングに大きな難があったんです。だから一年の時には毎日投手ノックを打ちました。そうしたら3年ではとてつもなくフィールディングがうまくなったんです。「こんなにうまくなるんだ。やはり練習しなければいけないんだな」と僕が気付かされた選手です。

 そしてストレートも最後は147~148キロ(最速150キロ)。2年になったら140キロ、3年には140キロ後半と毎年着実にレベルを上げてくれました。性格は寡黙なんですが、やるべきことをしっかりやる選手でした。「僕が見ているから、見ていないから」ではなく、表裏なく走るときは走る。だから、堀については「ほっといても大丈夫。悩んだ時にどうしてやるか」を考えていました。

 実は、その部分で一時悩んだ時期もありました。彼は左スリークォーターですから、右打者に対して球筋が見えやすかったですし、ストレートの球速自体はありましたから、一度オーバースローにしてみたことがあったんです。でも、よくない。「ならばお前の持ち味である投げ方に戻そう」ということで今に至っているんです。事実、インコースに投げ切れる力もあった高校時代は意外と左打者に打たれていた田口(麗斗・読売ジャイアンツ)と違って、左打者に打たれることはほとんどありませんでした。

[page_break:「生きた見本」から学び、自ら手本に/もっと「明るく楽しく」投げてほしい]

「生きた見本」から学び、自ら手本に

「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い | 高校野球ドットコム
堀の恩師・迫田 守昭監督

 堀がいた時は2年夏、3年夏と甲子園に出ましたが、正直に言えば彼のような投手がいかなかったら出場はできなかったと思います。打力もとくに彼が3年の時はそうあるチームではなかったので、彼の力投で抑えて勝つ。1点・多くても3点内に堀が抑えることができたことが大きかったです。

 練習で1か所バッティングをしても、普通は球筋を分かっていれば打てないものですが、ボールにかすらない。三菱重工広島、広島商とやってきた僕の監督生活の中でも守備力を含めた総合力は田口、今は広島東洋カープで野手をしている岩本 貴裕広島商~亜細亜大)と並んで3本の指に入る。素晴らしい投手でした。

 ただ、それもいい左投手の先輩がいたからだと思います。堀は入れ替わりが田口、2学年上が山岡 就也(國學院大~JX-ENEOS)。堀は田口に憧れて広島新庄に来てくれた想いもありますし、山岡がエースとして示してくれたものを受け継いでいる。いい投手、生きた手本がいれば伝統は続いていくものですね。

もっと「明るく楽しく」投げてほしい

 今、プロで投げている堀を映像で見ていると簡単に四球を出す場面があります。もちろん高校とプロとではレベルが違いますが、インコースに投げればかすりもしなかった高校時代と比べて神経質に投げている印象です。スピードも高校時代より出ていませんね。まあ、今は相手が違いますけど。

 

 高校3年の時の堀はもっとニコニコしていました。夏の広島大会だと相手校のブラスバンド演奏があるじゃないですか。彼はその音楽や好きな歌を口ずさみながら投げていましたよ。それが平常心や筋肉が緊張しないことにもつながりますからね。

 

 その時と比べて僕が気になるのは「表情が悪い」。結果ばかりにとらわれて慎重になりすぎているんじゃないかな、と。まだ若いんだから明るく楽しく、野球ができていることに感謝しながら投げてほしい。イキイキとして投げれば結果も付いてくると思うので、頑張ってほしいですね。

(取材・文=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.18

【岩手】一関二、盛岡誠桜などが初戦を突破<春季大会>

2024.05.18

【関東】昌平・山根が2発5打点、東海大相模・4番金本が2ランなどで初戦を快勝、東海大菅生は山梨学院を完封<春季地区大会>

2024.05.18

【長崎】長崎西、島原中央などが初戦を突破<NHK杯地区予選>

2024.05.18

【春季関東大会】白鴎大足利・昆野が最速152キロを計測!前橋商の剛腕・清水はまさかの5失点…。チームもコールド負け!

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?