Interview

高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】

2019.10.12

 東都大学リーグに所属する国士舘大でヒットを量産する安打製造機・高部瑛斗東海大甲府時代には甲子園も経験する高部の打撃理論を自身の球歴とともに前編は振り返った。
 今回はさらに深く踏み込み、高部が構築する打撃理論の核となる部分について迫っていった。

高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 | 高校野球ドットコム前編はこちらから!
常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】

高部のバッティングを支えるのはヘッドの出し方にあった

高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 | 高校野球ドットコム
左:理想的な出し方 右:ダメな出し方

 高部にとってインパクト時の「バットにボールが引っ付く感覚」は大事な部分であるが、そこまでのアプローチ。つまりバットの軌道に深いこだわりがあった。
 「とにかく真っすぐ出すことです。そのために最初はダウン気味でバットを出して、左肘を入れながらレベルでバットを振っていく。そして最後は少しアッパー気味でミートさせます。
 それとボールとの距離を作るためにしっかりとトップを作ること。そして、ヘッドをギリギリまで出さないようにしています」

 ヘッドを出さないこと。ここに安打製造機・高部の神髄が隠されていた。

 「ある程度ヘッド、バットの面を出さないようにすれば、ある程度どのボールにも対応できます。これができればヘッドを出したときにヘッドが走ってくれるのでボールがバットに吸い付いてくれる。あとは自分の力で押し込んで返したいタイミングで返して飛ばすだけ。なので、ヘッドをギリギリまで出さないことが1番大事ですね」

 ヘッドを前で出してあげることが出来ることで、ボールへの対応はある程度できるようになったのだ。しかしさらに舌を巻く技術論を高部は口にする。
 「返す時にボールを転がすというか、返しを利用してボールにスピンをかけて飛ばすんです。この感覚は3年生になってから次第に体で分かってできるようになりました」

 打率だけではなく、長打も打てるのは高部の魅力だが、その裏側には繊細な技術が詰まっていたのだ。さらに、高部は逆方向へのバッティングも話す。
 「その逆で返さずに逆方向に打ち返すこともできますが、こっちはまだ反応だけでやっています。この技術はもっとできるようになったら、確率は上がると思います」

[page_break:憧れのイチローのように夢を与える立場へ]

憧れのイチローのように夢を与える立場へ

高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 | 高校野球ドットコム
高部瑛斗

 自分だけの持つ独自の感覚を1つ1つ言葉にして応える高部。技術の高さだけではなく、理解力の高さもドラフト候補の所以なのだろう。

 しかし高部は自身のプレーに課題は感じている。
 「大学候補合宿の時は周りの選手の意識の高さ。自分のチームよりも上手い選手が多かったので、『こう考えてやっているんだ』とか『1つのプレーに意味がある』ってことを勉強しました」

 自身の現状に満足しない高部。最後の秋はここまで相手の厳しいマークにあい、思うような結果が出せていない。これについては、「警戒してもらっている中で難しく打ってしまっている。考えすぎて、整理が難しい」と苦戦を強いられている。

 ただ、「良い時は構えた段階で安定感が違い、タイミングの取り方も自分に吸い付く感じです。逆にフワフワして、何をしたいのか定まっていない時はダメです。良い時は『これをやる』と決めている、ただダメな時にも割り切って頭の中が整理できればと思います。そうすれば集中力も高まるはずなので」

 どうにかして立て直すために試行錯誤を続ける高部。最後に理想の選手像を語ってもらった。
 「活躍して、子どもから憧れてもらえるような選手になりたいです。昔、イチローさんを見て自分が『あんな選手になりたいな』と憧れたように」

 夢を見て追いかける立場から、今度は夢を与える立場へ。どこまでも自分に満足せず、常に上を目指し続ける。高部を支え続けた上昇志向がプロのステージまで押し上げてくれるのか。運命の日に高部に吉報が届くことを祈りたい。

(取材=田中 裕毅)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.21

準硬式の球春到来を告げる関東大会!連覇狙う帝京大、名門・中央大が軸 シード校に喰ってかかる4校も注目<田中裕毅の”準硬ドットコム”第8回>

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

【三重】三重の初戦の相手は?<春季大会南地区予選組み合わせ>

2024.02.21

ヤクルト1位・西舘を輩出した専修大が卒業生の進路を発表!指名漏れ外野手はヤマハ、神宮大会優勝経験のアンダースローは軟式転向!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!