Column

秋の四国で見つけたダイヤの原石 古市 尊(高松南高2年・捕手)

2019.09.29

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第56回から数回は秋の四国で見つけたダイヤの原石たちを紹介していきます。その第1回は高松南高に突如出現した強肩捕手・古市 尊(2年)を紹介します。

二塁送球1.9秒台を超えない超強肩「元センター」

秋の四国で見つけたダイヤの原石 古市 尊(高松南高2年・捕手) | 高校野球ドットコム
高松南・古市 尊(2年・捕手)

 「1.73秒!!」

 9月15日・令和元年度(第72回)秋季四国地区高等学校野球香川県大会、夏のベスト4高松工芸高松南が挑んだ2回戦。取材時に習慣化している投球練習後の捕手二塁送球タイム測定で高松南の捕手が出したタイムに、私は思わずのけぞってしまいました。

 

 ややスタンディング気味で捕球してからの送球とはいえ、これは特筆すべきもの。その後も「1.75」「1.71」「1.85」。直前に一塁ベース上でひざに相手のけん制が当たった直後ですら「1.94」。そして9回は「1.79」。「こんな選手、旧チームからいたっけ?」慌てて私は旧チームのメンバー表を調べました。するとありました。「背番号8・中堅手・古市 尊・2年生」。そう、強肩捕手の正体は「元センター」だったのです。

[page_break: 「探求重ねて伸びた送球タイム]

探求重ねて伸びた送球タイム

秋の四国で見つけたダイヤの原石 古市 尊(高松南高2年・捕手) | 高校野球ドットコム
1番を張る高松南・古市 尊(2年・捕手)

 「彼は中学時代は捕手だったんですが、旧チームでは3年生にしっかりした捕手(天野 雄人*9月16日にプロ志望届提出)がいたので、公式戦ではセンターに回していました。実は今日も先日の練習試合で死球を受けて万全ではないんですけどね」

 

 1番・古市の2打数2安打3四球3得点の活躍などで5対2とシード校・高松工芸を下した直後、銚子商(千葉)部長として甲子園出場経験を持ち、トヨタ自動車・多木 裕史外野手の実父でもある高松南・多木 教雄監督がその謎を解いてくれました。

 では「公式戦ではじめてのリードは緊張した」と試合後に明るい笑顔を見せた古市捕手はどうやってこの送球タイムを手に入れたのでしょうか?「遠投は香川中央リトルシニア2年の時以来測ったことはないですが、その時から92メートルは投げていました」と話す本人に、その経緯を聴いてみると……。

 

「高校に入ってからもB戦で捕手を務めていたんですが、そこで盗塁される場面が多かったんです。そこでどうしたらいいかを考えて、昨年の冬には下半身を鍛えた上で、左足でボールに対して入って低く入っていって送球する形を作っていきました」。いわば日本球界歴代の名捕手である古田 敦也(元東京ヤクルトスワローズ)を目標としている志を持っておる探求心が、このタイムを叩き出したといってよいでしょう。

金言を胸にドラフト候補へ駆け上れ

 そして彼は幸運の持ち主でもあります。この試合、他会場の視察から回ってきた某NPB球団スカウトが試合後半から古市 尊のプレーを見ていました。以下はその感想です。

 「いいものは持っていますね。だた、地肩の強さを最大限活かすために、二塁送球時のコンパクトさをもっと出してほしい。あとはワンバウンド捕球時に一瞬浮く癖がある。140キロ以上の球速に対してはそれでは対応できないので、そこは修正してほしい。そうすれば他の部分も伸びてくると思います」

 いまのところ本人の志望は「社会人野球でプレーできる選手になること」。ただ、この努力をさらに伸ばしていけばドラフト候補に挙がることは間違いありません。9月28日・高松桜井との3回戦でもリードでは7回2安打無失点、打っても4打数1安打1四球2盗塁と新たな引出しを加えた高松南・古市捕手。10月5日(土)8年連続の四国大会出場を狙う英明との準々決勝で彼がどんなパフォーマンスでチームをけん引し、ドラフト候補に駆け上がるかを楽しみにしています。

秋の四国で見つけたダイヤの原石

第1回 選手データ

古市 尊 

ふるいち たける

高松南高2年 捕手 右投右打 177センチ67キロ

丸亀市立岡田小卒(軟式・綾歌少年野球クラブ→飯山少年野球クラブスポーツ少年団出身)~丸亀市立綾歌中卒(香川中央リトルシニア出身)

(文・寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!