Interview

静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】

2019.07.05

 静岡県の中心街にある、県立高校の駿河総合。総合学科の学校なのでさまざまな生徒たちが集まってきている。比較的部活動は盛んだが、一般的な公立校であることに変わりはない。そんな駿河総合野球部の選手がU-18日本代表候補の内野手として選出されて話題になっている。プロ野球のスカウトたちもその将来性には期待をしているという逸材である。「紅林弘太郎」という、まるでアクション劇画の主人公みたいな名前だが、そんなところにも彼のスター性が潜んでいるといっていいのかもしれない。
 そんな、紅林選手に、いろいろ今の気持ちや将来への思いを聞いてみた。

一番いい打球は左中間をライナーで破っていく打球

静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】 | 高校野球ドットコム
キャッチボールをする紅林弘太郎(駿河総合)

 この日は、プロのスカウトも練習を見に訪れていたので、いつもよりも気負いもあったようだ。シート打撃を終えた後、ネット裏に訪れてくれた。

―― シート打撃はどうでしたか、ちょっと引っ掛け気味だった?

紅林弘太郎(以下、紅林) 全然ダメでした。

―― いっぱい(スカウトの)人が来ていて、ちょっと意識してしまったところもあったのかな。

紅林 あ、はい、力んで引っ掛けてしまっていました。自分にとって、一番いい打球というのは、左中間をライナーで破っていく打球だと思っています。それが、今日は出せませんでした。

―― タイプとしてはどんなタイプの打者だと思っていますか。

紅林 ホームランバッターというよりは、中距離ヒッターだと思っています。

―― 野球はいつぐらいから、本格的に始めたのですか。

紅林 小学校の2年生からです。少年(学童)野球チームの軟式です。「青島ホークス」というところで、ポジションとしては投手と捕手をやっていました。

―― それは、自分で希望して?

紅林 いえ、チームの監督さんからそう言われて…です。本当は、自分はショートをやりたかったんですが…。

―― 中学では、どこをやっていた?

紅林 ショートをやりたくて希望しました。最初は、中学生になったら硬式のクラブチームに入ろうと思ったんですよ。それで練習会に行ってみたら、捕手をやらされそうだったので、(入るのを)辞めました。それで、青島中学の野球部に入ってショートを希望しました。

静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】 | 高校野球ドットコム関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会の組み合わせは?!
古豪復活?!それとも新勢力台頭?!混迷極める静岡大会の展望を紹介!
駿河総合の戦歴をチェック!

[page_break:1年から試合に出るつもりで行っていた]

1年から試合に出るつもりで行っていた

静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】 | 高校野球ドットコム
バッティング練習をする紅林弘太郎(駿河総合)

 こうして、現在の遊撃手としての紅林君が誕生したということだ。当時は、1番打者となることが最も多かったという。50m走は6秒2という俊足である。ただ、「高校に来てみたら自分よりも足の速いヤツが結構いました」ということで、1番というよりもクリーンアップを打つようになっていったという。中学時代のチームの最高成績は県大会ベスト8だった。

 中学校の大会を終えると、その後には軟式野球部だった選手で高校野球をやりたいと希望する選手へ向けての硬式球を体験して練習できるところがあるので、そこにも参加していたという。そうこうするうちに、「青島中で遊撃手をやっていたいい選手がいる」ということが知られて、いくつか私学の有力校からも声がかかったようだ。それでも、「私学は(お金もかかるし、練習も)大変だなと思った」ということで、最初から公立校で野球を続けようという意志でもあった。そんな折に、駿河総合の望月監督から声がかかって、駿河総合に進むことを決めたという。

―― 実際に駿河総合に進学してみてどうでしたか。1年生の時から試合には出ていたようなんですが。

紅林 はい、最初から出るつもりで行っていましたから、戸惑いはありませんでした。それに、高校野球は先輩が怖いのかなと思っていたのですけれども、皆がとても親切でやさしくて、よくしてくれたので、やりやすかったです。

―― 先輩は優しく迎えてくれたんだ。怖いのは、監督だけだった?

紅林 いえ、監督も、見た目は怖そうなんですけれども(笑)、実はとてもやさしくて、いろいろ教えてくれます。それに、自由にやらせてもらえるので、とてもいいです。駿河総合でよかったと思っています。

―― つまり、駿河総合という環境は、紅林君にとっては、とてもいい環境で伸び伸びと野球がやれているということですね。

紅林 はい、そうです。(力強い返事)

―― 高校野球で、最初の頃は、やはり中学とは違うなというところは感じましたか。

紅林 それは、力の差とか、打球の強さとか、そういうのは感じました。東海大甲府とやった時なんかは、それをモロに感じました。だから、まだまだ自分はもっと(練習を積んで)やっていかないといけないなとも思いました。

―― それが、今の練習姿勢にもつながっているということ?

紅林 そうですね。身体づくりもそうですし、技術的なことも、もっと高めていかないといけないと思っています。それに、夏に戦えるだけの集中力も高めていかないといけないという気持ちでやっています。

【後編を読む】高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】

文=馬場 遼

静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】 | 高校野球ドットコム関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会の組み合わせは?!
古豪復活?!それとも新勢力台頭?!混迷極める静岡大会の展望を紹介!
駿河総合の戦歴をチェック!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.25

帝京大の新入生は指名漏れの履正社スラッガーや、日大三の強打のセンターなど好野手たちが一挙入学!

2024.02.25

安樂智大が渡る「メキシカンリーグ」の現実とは…「給料未払い」「武装警官」「トラックの荷台で移動」「1日でクビ」「最高月給は100万円」

2024.02.25

【センバツドラフト候補・スーパー1年生編】大阪桐蔭が誇る怪物右腕、宮城大弥を彷彿とさせる健大高崎の超実戦派左腕、星稜のクレバー型捕手と超名門に逸材が集結!

2024.02.25

【センバツ出場32校紹介】21世紀枠で76年ぶり出場の田辺、智辯和歌山撃破の実力を聖地で発揮する

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!