Column

川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」

2019.07.05

~関連記事はこちらから~
2019年 第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会
今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!
ノーシード・浦和学院はどこ?春日部共栄、東農大三などの初戦をトーナメント表でチェック!【埼玉大会】
春日部共栄vs川越初雁 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 2回戦
川越初雁vs川越工 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選 代表決定戦

初雁野球で史上最高の夏に!


練習終わりに校歌を歌う川越初雁

■創立37年の新しい学校

 今年で創立37年を迎える川越初雁は川越市大字砂新田にある男女共学の学校。部活動には野球やサッカー、テニスにバレーボールはもちろんあるが、登山部など含め運動部は13、華道や演劇といった12の文化部が存在している。

■目指すは県大会ベスト8

 今年は3年生8名、2年生11名、1年生8名の計27名で活動している川越初雁。他の部活動と共同で校庭を使っているが、ホームからレフトのネットまでは110メートルあり、練習するには十分な広さを確保している。

 そんな川越初雁を引っ張るのは投げては最速137キロをマークし、打っては高校通算7本塁打を誇るエースで4番の主将・齋藤眞之丞。今の立場について「大変ですが、自分が選んだ道ですし、苦労をした分、得られた達成感は大きかったのでやってきてよかったです」と語る。

 その齋藤を中心に今年は元気と盛り上がり、そして仲の良さの3つをウリに県大会ベスト8の目標に向かって,、実戦形式をメインに練習を重ねている。

■ノックをきっかけにチームが変わった

 新チーム結成時は“県大会出場”を目標に掲げてスタート。秋の大会に向けて暑さに負けず、練習を続けてきた。そして迎えた新人戦で、チームが大きく変わるきっかけが訪れた。

 坂戸との戦った川越初雁は最初はリードしており、エース・齋藤を途中から登板させるもまさかの逆転負けを喫していた。「どこに投げても打たれしてしまい、すごく悔しかったです」と齋藤主将はその試合を振り返った。

 試合後、学校へ戻った川越初雁は夜遅くまでノックを敢行。「それで根気が少し身についたと思います」と齋藤主将は振り返った。こうして迎えた西部地区予選。川越初雁は初戦で因縁の相手・坂戸に7対6で勝利すると、その勢いで地区予選を突破して県大会出場を決めた。新人戦での敗戦が、チームを変え、見事目標に掲げていた県大会出場を達成できた。

■ここまで活躍した選手、そして夏のキーマン

 そして県大会では初戦の越ヶ谷に1対4で敗れ、オフシーズンへ突入。今年は上半身をメインに週2、3日のトレーニングを重ねてきた。それだけではなく、水の入ったポリタンクを使って体幹を鍛えたり、タイヤを使って下半身のトレーニングも並行して実施。さらに、ハンマーといった重いものと軽い鉄棒を交互に使って、タイヤを叩くといった練習を行い、パフォーマンスアップを図ってきた。さらに70メートルを5,6往復、50メートルを7往復。そして30メートルを10往復するランメニューも行い心肺機能も高めてきた。

 こうして迎えた春季県大会の地区予選。川越初雁は代表決定戦で川越工と対戦。試合は1点を争う好ゲームとなったが、川越初雁が2対1で何とか勝利。「川越工は強豪なので、勝てた時は泣いてしまいました」とトレーニングの成果を勝利という形で残せたことに、齋藤主将は嬉し涙を流した。

■ここまで活躍した選手、そして夏のキーマン

 県大会へ進んだ川越初雁だったが、初戦で選抜出場校で同大会で優勝した春日部共栄と対戦。結果は0対5で敗れ、川越初雁の春は終わった。

 そして現在は県大会ベスト8の目標に向かって、チーム一丸となって準備している。そんな川越初雁をこれまで支えてきたのは、守備の要としてショートを守り、3番打者としても打線を牽引。さらに周りへの細やかな声掛けでチームを和ませる笠井麟。そしてキャッチャーとして齋藤とバッテリーを組み、チームをまとめる副主将の泉谷章人

 さらに、中学時代は柔道部だったが齋藤主将の誘いで高校から野球を初めて、今春の山梨遠征で東海大甲府からホームランを放ち、現在はレフトのスタメンとして試合に出場する川名光希の3人。

 彼らを中心にこの夏はチームを盛り上げていくことはもちろんだが、2年生ながら1番打者を担い、センターを守る神木雄生がポイントとなってくる。この夏の彼らの一挙手一投足に注目だ。

■ここまで活躍した選手、そして夏のキーマン

 「1つでも多く勝って周りの人から“川越初雁史上最高の夏だった”と言われる夏にしたいです。そのためにも初雁野球で県大会ベスト8を目指します」と意気込みを語った齋藤主将。

 順調にいけば4回戦で花咲徳栄と対戦する可能性が高い。今年の3年生は先輩たちの人数が少なかったこともあり、1年生の早い時期から公式戦を経験してきた。その経験値を集大成の夏にどのような形で発揮できるのか、注目したい。

[page_break:狙うは県大会ベスト8!/いくぞ甲子園!]

狙うは県大会ベスト8!


3年生の集合写真

ここからは川越初雁笠井麟選手と泉谷章人選手の副主将2人に話を伺います!

Q.夏へ向けて見つかった課題を教えてください

笠井:捕球や送球のミスといったエラーから、守備がもたついてしまい流れが悪くなってしまったところが今は課題です。課題克服のためにも、まずは捕球の態勢を低くするところからチーム全員で徹底しています。
泉谷:今年のチームは齋藤のピッチングで流れに乗れるチームなので、その齋藤を引っ張る自分の配球が大事なので、夏は各打者の結果を頭に入れてリードすることが課題だと思っています。

Q.ここまで振り返って、高校野球で一番の思い出を教えてください

笠井:春季県大会の予選で川越工に勝利できたことです。あの試合、途中で怪我をしてしまい思うようなプレーはできなかったですが、ギリギリで勝利することができたので、思い出深いです。
泉谷:夏の大会で同点の二塁打を打てたことです。二死一、二塁でインコースよりの変化球をレフト線に引っ張って二塁打を打てましたが、嬉しかったです。

Q.応援する方々へ自分のここを見てほしい、というアピールポイントを教えてください!

笠井:指示出したりするときの元気のよさを見てほしいと思います。あとは東海大甲府との練習試合で吸収したスプリットステップを入れてから、守備範囲にも自信を持ち始めたので、そこも見てほしいです。
泉谷:キャッチャーというポジションなので、声を出すことは普段の生活から一番大事にしています。ですので、自分も元気の良さを見てほしいです。

Q.このチームの好きなところは、または他のチームに負けていないところはどんなところですか?

笠井:普段から会話が止まらず、笑顔が絶えない。全学年の仲が良いところは好きなところですし、他のチームに負けていません。
泉谷:流れに乗るまでは課題ですが、一度勢いづいたら止められない。そんな勢いの良さはどこにも負けないです。

Q.この夏に向けた熱い意気込みをお願いします!

笠井:川越初雁史上最高の夏にするためにも、つなぐバッティングで勝利に貢献して、最終的には優勝したいと思います!
泉谷:学校への恩返しではないですが初戦勝利して、最終的にはチームの目標である県大会ベスト8を目指します。そして3年生だけではなく、1,2年生も戦えてよかったと思える夏にしたいと思います。

笠井選手、泉谷選手ありがとうございました!

いくぞ甲子園!

ここからは川越初雁の吉田健治監督にお話を伺いました

Q. 今年のチームは結成時から夏に向けてどんなチームを目指しましたか

 とにかく“人間性”を重視しました。いい人間性を身に着けることができれば、チームワークが向上し、お互いの信頼関係が向上すると思っています。そのためにもごみ拾いであったり、チームメイトの良いところを“人間性ノート”に書いたりしました。こうして小さなことにも気づければ、練習の効率やモチベーションの向上につながると思います。

 そうすれば練習への意欲も沸いて、自身のプレーが上達する。その結果、チームが強くなって、勝てるチーム。強いチームに仕上がっていくと思うんです。そのためにもまずは“気づくこと”を大事にさせています。

Q. 最後の夏に燃える3年生や部員たち皆様へのメッセージをお願いします

 今の3年生は1年生から上級生の人数が少ない関係で、中心として戦ってきました。最初は大量失点で敗れたり、人として大切な部分を多く大変なことばかりでした。しかし1つ1つ真剣に向き合って、チームワークで乗り越えてきたこそ、今の3年生がいると思いますし、3年間かけて強い初雁野球部が出来ました。

 本当の意味でここからが高校野球だと思います。この夏は思う存分羽ばたいて高校野球を味わい、最高の夏にしてほしいです。3年間必死に取り組んできた「良い人間性」を力に、自分と仲間を信じて一戦必勝でいこう!接戦勝負!いくぞ甲子園!

 吉田監督、そして川越初雁野球部の皆さん、ありがとうございました。

このページのトップへ


今年も大好評!
【僕らの熱い夏 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

~関連記事はこちらから~
2019年 第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会
今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!
ノーシード・浦和学院はどこ?春日部共栄、東農大三などの初戦をトーナメント表でチェック!【埼玉大会】
春日部共栄vs川越初雁 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 2回戦
川越初雁vs川越工 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選 代表決定戦

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!