Column

四国の「隠し玉高校球児」その1 ~理想的成長中!制球力優れる最速142キロ右腕 井村 多朗(城東<徳島>3年・投手)~

2019.06.27

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第51回の今回からは7月13日(土)に四国4県で同時開幕する「第101回全国高等学校野球選手権」で注目したい、まだどの雑誌・WEBにも掲載されていない「隠し玉高校球児」を3回シリーズで紹介。1回目は城東(徳島)でエース・4番を務める井村 多朗(3年)「理想的成長」の理由について探ります。

驚愕の「96回3分の1・奪三振122・四死球15・防御率0.93」

四国の「隠し玉高校球児」その1 ~理想的成長中!制球力優れる最速142キロ右腕 井村 多朗(城東<徳島>3年・投手)~ | 高校野球ドットコム
最速142キロ右腕・井村太朗

 6月29日(土)に開催される高知県を除き組み合わせ抽選会も終了。新日本プロレス「G1クライマックス」と同じく7月13日(土)の「第101回全国高等学校野球選手権地方大会」4県同時開幕に向け「いよいよ」感が高まる四国の高校野球ですが、私にとっては開幕前に「大きな仕事」がもう1つ残っています。

 それはこの「高校野球ドットコム」をはじめ、WEB上の大会分析で最新の状況を反映させて頂くことと、雑誌では取り上げきれなかった「隠し玉高校球児」を紹介させて頂くこと。この時期、各県参加各校から報道機関に提出して頂いている「アンケート」も参考にしながら、まだ発見しきれていない球児の「未来を切り拓くお手伝いを少しでもお手伝いさせて頂けたら」という想いは年々強まるばかりです。

 そんな6月上旬のある日、徳島大会参加各校からのアンケートをつぶさに眺めていると、私は徳島城東の4番エース・井村 多朗(いむら・たろう 3年・175センチ77キロ・右投右打・徳島中央リトルシニア出身)の投手成績に瞳が2倍になるくらい驚かされたのです。

 明確に示せば春季大会以降6月6日までの練習試合で、16試合96回3分の1を投げて被安打54・奪三振122・与四死球15で防御率は0.93。浮橋 幸太富岡西3年)ら最速140キロを超える右腕が10人ほどそろう徳島県高校野球界でも、井村投手の数字は突出したものだったのです。

 「昨年秋とは別人です。もともとフォームがよかったのが、冬を越えて身体が乗っかったイメージ。ストレートも最速142キロになっています」徳島城東・鎌田 啓幸監督も太鼓判を押すであれば見ないわけにはいきません。さっそく6月16日(日)・西条(愛媛)との練習試合に足を運んでみました。

[page_break:「15奪三振無四球」理想的フォームで初甲子園、その上へ]

「15奪三振無四球」理想的フォームで初甲子園、その上へ

四国の「隠し玉高校球児」その1 ~理想的成長中!制球力優れる最速142キロ右腕 井村 多朗(城東<徳島>3年・投手)~ | 高校野球ドットコム
キャッチボールをする井村太朗

 はたして第1試合で登板した井村 多朗投手の内容はデータ通りでした。140キロの速球を筆頭に常時130キロ後半をマークしたストレートに、100キロ台のカーブ、120キロ台の縦横2種スライダーにチェンジアップ、そして130キロ前後のスプリット気味に落ちるカットボールを駆使して9回140球15奪三振完投。しかも無四球。

 試合は9回表二死0対5から見事な集中力を示した西条打線に6対5で屈しましたが、「今日は追い込んでからのスライダー、カットボールで三振が取れたことは収穫ですが、最終回はストレートで押そうとして打たれ、そこから変化球にも対応された」と自分を冷静に分析する様には、クレバーさも漂います。

 そしてフォームも理想的。その数日前にある指導者から学んだ「理想的」の詳細は別原稿で触れていきますが、簡単に言えば腕が体に巻き付くようなフォームのため、ボールがブレることがほとんどないのです。さらにキャッチボールから投球を意識した投げ方を心がけるなど「冬場には左ひざの開きを閉じることを心掛けて球速が上がった」本人の探究心も◎。

 「今日の場面でも0に抑えてこそエースだし、チームを勝たせるよう夏にやっていきたい」メンタル的成長が見られれば、最後の夏・第101回全国高等学校野球選手権徳島大会で1つ勝てば最速143キロ右腕・白川 恵翔(3年)を擁する第4シード・徳島池田との対戦も予想される激戦区を超え、初甲子園に届いても全く不思議ではないです。

 徳島中央リトルシニア時代の三塁手から投手転向3年目でこの急成長ぶり。「井村 多朗」。皆さんもこの名前を覚えておけば、ひょっとしたら4~5年後に「ああ、あの時の!」となるかもしれません。

(文・寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

都市対抗14回出場の日本製鉄東海REXが新人を発表!大阪桐蔭出身の強打者、常総学院出身の大型外野手に注目!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!