Column

大垣商(岐阜)「左右のWエースを柱に、攻めの姿勢で25年ぶりの聖地の切符を掴む!」

2019.06.30

投手中心の守備を強みに狙うは25年ぶりの岐阜の頂点!


大垣商 集合写真

■120年を迎えようとする超伝統校

 3年後には創立120年を迎える超伝統校の大垣商は岐阜県大垣市に学校がある。総合ビジネス科、会計科、情報科の3つを設置しているだけではなく定時制の学校も夜間に開校している。

 野球部は過去に春夏合わせて3度の甲子園出場経験を持っており、昨夏は岐阜大会の決勝まで勝ち進んだ実力校。そんな大垣商の令和元年の夏にかける思いに迫った。

■全員が同じ方向に進む

 現在は3年生27名、2年生23名、1年生26名の計76名という大所帯で活動している大垣商。今年は“甲子園ベスト8”を目標に打ち立てて日々練習に励んでいる。そんなチームの主将を任されている内藤由亘に新チーム結成時のことを伺うと、「まずは1年間自分たちがやり切る、決め事を決めました」と語る。大人数が1つの方向を向くための指標を打ち立てるところからチームは始まった。

 そして夏休みが明けて迎えた秋、西濃地区予選を勝ち上がった大垣商は県大会へ。初戦の大垣東を破るも、2回戦で県立岐阜商との強豪同士の対決で3対5で惜敗。課題を残してオフシーズンに突入することとなった。

■夏への宿題を見つけられた春の大会

 冬の期間は夏の大会を見据え、「夏戦える体力を作ることをテーマに練習をしてきました」と振り返る。なかでも10メートルごとにマーカーを置き、そこで腕立て伏せをする際に胸を地面につけ、終わったら走るの繰り返しを100メートル行う、“胸つけロング走”で全身を鍛え上げた。

 こうして心身ともに一回りも二回りもたくましくなった大垣商。そして春の西濃地区予選でその実力を発揮。勢いそのままに県大会も順調に勝ち上がり、準々決勝までくる。ベスト4をかけて戦ったのは大垣日大。この試合について内藤主将は、「先制することに成功して、2対1とリードしていたにもかかわらず9回に逆転を許し、準決勝進出を逃しました。その試合、最終回の先頭バッターだった自分はサードゴロに倒れ、後続も簡単に抑えられてしまい自分たちの実力不足を痛感しました」と悔しさをにじませた。

■課題は後半の試合運び

 また、後半の強さが格上と戦うために必要だと認識した大垣商は、夏に向けて“もっと強く”というテーマを掲げ、
・後半の勝負強さやチャンスの場面で1本出すこと
・1点の取り方
の2つを課題に据えて準備を進めている。

 そんな大垣商をここまで牽引してきたのは、ボールのスピードや切れ、さらにコントロールで打者を圧倒してきた富田蓮塩屋拓未の両投手。守備では息の合った華麗なプレーで攻守を連発する石原輝酒井聖矢の二遊間コンビ。そして攻撃陣では、柴田幹哉田中怜児、内藤主将が中心となってきた。

■Wエースを中心に岐阜を勝ち上がる!

 そしてこの夏は回転数2,500を誇る好投手・富田と最速142キロの塩屋のダブルエースが活躍に期待がかかる。内藤主将は「完投、完封をしてくれることを期待しています」とメッセージを送った。

 「甲子園ベスト8という目標を達成し、3年生にとって最高の夏にします」と最後に意気込みを語った内藤主将。昨夏を経験する富田、塩屋、青木の3投手を中心にした投手力、石原を中心にした守備、そして積極的なバッティングで岐阜の頂点を目指す。

[page_break:積極性ならどこにも負けない!/3投手を中心に25年ぶりの甲子園へ!]

積極性ならどこにも負けない!


左:石原輝 右:田中怜児

ここからは石原輝選手と田中怜児選手のW副主将に話を伺いました。

Q.夏へ向けて見つかった課題を教えてください

石原:後半に集中力が切れてしまい、点数が取り切れない。また守り切れずに勝ちきれないところは課題です。
田中:チャンスの時の1本が課題です。

Q.ここまで振り返って、高校野球で一番の思い出を教えてください

石原:冬のトレーニングを全員で乗り切れたことです。
田中:全員で金生山を走ったのが一番の思い出です。

Q.応援する方々へ自分のここを見てほしい、というアピールポイントを教えてください!

石原:華麗かつ堅実な守備に注目してください!
田中:力強いバッティングを見て下さい!

Q.このチームの好きなところは、または他のチームに負けていないところはどんなところですか?

石原:チームの雰囲気が良く、仲がいいところ。そして打線のつながりだったらどこにも負けません!
田中:初球から積極的にバットを振れるところやミスを恐れないプレー。そしてベンチ入りしている全員が試合で自分のプレーを発揮して結果を残せることです。

Q.この夏に向けた熱い意気込みをお願いします!

石原:必ず甲子園へ行きます。
田中:大商が主役になる夏にします!

石原、田中両副主将ありがとうございました!

3投手を中心に25年ぶりの甲子園へ!

ここから大垣商の岡田拓也先生に話を伺います。

Q. 今年のチームは結成時から夏に向けてどんなチームを目指しましたか

 今年のチームが始動したのは7月26日で、地区予選まで10日しかありませんでしたが、去年の夏から投げていた富田、塩屋、青木の2年生投手3人のおかげで完ぺきではなかったですが、比較的スムーズに新チームをスタートすることができました。

 今は安定した投手力とどこからでも点数が取れる打線をウリに、相手を2、3点以内に抑えて逃げ切る展開の野球をできるようになってきました。ですが、夏は打てないと勝つのは難しいと思うので攻撃力アップを課題にしています。

Q. 最後の夏に燃える3年生や部員たち皆様へのメッセージをお願いします

 自分達の持てる力を100%発揮できるように平常心でいること。また挑戦者の気持ちをもって、3年生にとって高校最後の夏、そして令和最初の夏に25年ぶりの甲子園出場行けるように頑張ってほしいです!

 岡田先生、そして大垣商野球部の皆さん、ありがとうございました!

このページのトップへ


今年も大好評!
【僕らの熱い夏 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.25

帝京大の新入生は指名漏れの履正社スラッガーや、日大三の強打のセンターなど好野手たちが一挙入学!

2024.02.25

安樂智大が渡る「メキシカンリーグ」の現実とは…「給料未払い」「武装警官」「トラックの荷台で移動」「1日でクビ」「最高月給は100万円」

2024.02.25

【センバツドラフト候補・スーパー1年生編】大阪桐蔭が誇る怪物右腕、宮城大弥を彷彿とさせる健大高崎の超実戦派左腕、星稜のクレバー型捕手と超名門に逸材が集結!

2024.02.25

【センバツ出場32校紹介】21世紀枠で76年ぶり出場の田辺、智辯和歌山撃破の実力を聖地で発揮する

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!