Column

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々!

2019.05.15

 5月18日から開幕する第71回春季関東地区高等学校野球大会(以下、春季関東大会)まず初回は第1日で最も目玉な東海大相模vs木更津総合の一戦の見所をお伝えしたが、残りの第1日の見所を紹介したい。

埼玉県営大宮球場 第2試合 健大高崎(群馬2位)vs専大松戸(千葉2位) 

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム
専大松戸の注目右腕・横山陸人

 強打の健大高崎と総合力の高い専大松戸の一戦。健大高崎は巧打堅守の二塁手・田口夢人、パワーヒッター型の伊藤 雄紀、大型遊撃手・井上 壱悟、高校生ではトップクラスの強肩外野手・御園 英貴と能力が高い野手が多い。

 また投手ではひざ元にグッとくるストレートが魅力。130キロ中盤ながら威力のある速球を投げ込む吉井 直孝も面白いだろう。

 一方、専大松戸のエース・横山陸人は右サイドから常時140キロ前後の快速球は回転数が抜群で、県大会では対応力が高い中央学院打線から12奪三振を記録。120キロ中盤のスライダーの切れもあり、なんといっても一気にチームをのせるマウンド捌きが魅力。

 県大会ではスカウトの評価を大きく高めたが、関東大会でも評価を上げることができるか。また140キロ台の速球を投げ込む杉田智也、135キロ近い速球を投げ込む2年生左腕・西村卓真にも注目。

 打線では習志野戦で本塁打を放った丹呉響平、スローイングタイム1.9秒台を誇る捕手・間中堅も県大会で見せた勝負追さを発揮できるか。

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム【注目選手】
田口夢人健大高崎
伊藤 雄紀健大高崎
井上 壱悟健大高崎
御園 英貴健大高崎
横山陸人専大松戸
杉田智也専大松戸
西村卓真専大松戸
丹呉響平専大松戸
間中堅専大松戸

市営大宮球場 第1試合 桐光学園(神奈川2位)vs東農大三(埼玉4位) (11:30)

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム
東農大三・飯島一徹

 この春、横浜を破った桐光学園は毎年逸材を揃える。今年の中心は投打の柱・安達壮汰に注目。130キロ後半は出ているであろう力強い速球や、打者としてもオーバースイングにならず、広角に打ち分ける打撃は必見。

 また2番打者ながら本塁打を量産する桐光学園 鈴木智也もメカニズムが良く、鋭い打球を連発する。また俊足巧打の大型遊撃手・楠本龍聖も下位打線ながら、将来性は高く、下位打線ではあるが、ぜひ注目したい選手だ。また、1年時から注目されていた本格派・谷村然の復活にも期待したいところである。

 対する東農大三のエース・飯島一徹は全国トップクラスの強力打線である花咲徳栄を5失点完投勝利を挙げ、一気に評価を挙げた本格派右腕。

 真上から振り下ろす投球フォームはブレが小さく、花咲徳栄戦では1~9回まで最速は140キロ以上を計測。9回になっても最速145キロを計測しており、その馬力は本物、またキレのあるスライダーや落差抜群のツーシームもある。巧打者で、さらに機動力も高い桐光学園打線相手にどこまで実力を発揮できるか。

 東農大三打線は突出した長打力を持った野手は少なく、エースの飯島が一番の強打者なのだが、野球選手としてみれば、3番センターの加納陸は打者としては当てる能力が高く、さらに強肩が光るセンター守備にも注目したい。

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム【注目選手】
安達壮汰桐光学園
楠本龍聖桐光学園
桐光学園 鈴木智也桐光学園
谷村 然桐光学園
飯島一徹東農大三
加納陸東農大三

 続いて市営大宮球場2試合目と上尾市民球場1試合の見所は次ページで紹介したい。

[page_break:佐野日大(栃木1位)vs国士舘(東京2位)/山村学園(埼玉3位)vs水戸商(茨城2位)]

市営球場 第2試合(14:00)佐野日大(栃木1位)vs国士舘(東京2位)

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム
国士舘・白須仁久

 佐野日大は昨秋のエースだった松倉亮太がケガで不在の中、昨秋よりも底上げを果たし、圧巻の成績で優勝を決めた。攻守の中心が橋浦 大和。決勝戦でも本塁打を記録するなど、恵まれた体格から強烈な打球を飛ばす強打の捕手。また力強いスローイングと投手の持ち味を引き出す好リードが光る。

 松倉の穴を埋めたのが松本翔大。昨秋はライトと投手を兼任していたが、今年はエースとして活躍を見せた。将来性は野手。パワフルな打撃に加え、投手をやっているということもあって、抜群の強肩。また攻守で高いセンスを秘めた佐藤浩之(2年)も注目したい。

 選抜出場の国士舘はやはり地力が高く、投打に逸材が揃う。バランスが取れたフォームから135キロ前後の速球、スライダー、フォークを投げ分ける白須仁久、センバツでリリーフで力投。

 都大会でも140キロ台の速球を投げ込んだという山田 裕也国士舘)、俊足巧打の大型二塁手・黒川麟太朗、独特の構えから長打を連発する2年生スラッガー・黒澤 孟朗は関東大会でも強打を発揮できるか。また、大型遊撃手・鎌田州真も攻守で躍動したい。

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム【注目選手】
橋浦大和佐野日大
松本 翔大佐野日大
佐藤 浩之佐野日大
白須仁久国士舘
冨田 洋佑国士舘
山田 裕也国士舘
黒川麟太朗国士舘
黒澤 孟朗国士舘
鎌田州真国士舘

上尾市民球場 第1試合(12:00)山村学園(埼玉3位)vs水戸商(茨城2位)

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム
山村学園・和田朋也

 山村学園は準々決勝で完封勝利を挙げたエース左腕・和田朋也に注目。好調時は135キロ前後のストレートとキレのあるスライダーで翻弄し、気合が入ったマウンド捌きも魅力。他では130キロ中盤の速球とキレのあるスライダーを投げ込む伊織丈一郎にも注目だ。

 打線では長打力があり、堅実な守備をウリとする三塁手・小林匠がいるが、それ以外にも潜在能力が高い打者も多い。多くの選手が公式戦でその力を表現できれば、もっと脚光を浴びる可能性を持っている。センターラインががっしりしていて、簡単には倒れないしぶとさがある。

 水戸商は決勝進出の原動力となったエース・小林嵩は好調時は140キロの速球を投げ込むが、普段は135キロ前後の速球と120キロ前半のスライダーをコーナーに投げ分けて打ち取る技巧派。高速クイック、牽制、フィールディングといった投球以外の技術も高い。

 また主将の高橋優太は今大会注目の遊撃手。守備範囲が広く、三遊間の深い位置からでもダイレクト送球ができる肩の強さは大学生レベル。守備については森敬人桐蔭学園)、韮澤雄也花咲徳栄)と比較できるレベル。打撃では捻りが大きい動作なのが気になるが、鋭い打球を連発し、準決勝ではサヨナラ打を放った。

関東大会1日目は横山陸人、飯島一徹の2人のプロ注目投手が登場!そのほかにも逸材が続々! | 高校野球ドットコム【注目選手】
和田朋也山村学園
小林匠山村学園
伊織丈一郎山村学園
小林嵩水戸商
高橋優太水戸商

文=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!