Interview

偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】

2019.03.24

 3年ぶりのセンバツ出場となる龍谷大平安。昨夏の経験者が少ない新チームで新戦力として台頭したのが中島大輔(新3年)だ。夏まではベンチ外だった中島だが、新チームになって台頭。1番センターの座を掴み、チームの甲子園出場に貢献した。

 50m走が5秒9という俊足の中島はどのようにして定位置を獲得したのか。表舞台に立つまでには知られざる苦悩があった。
 前編ではケガとの闘い、そしてコンバートとの苦悩に迫った。後編では近畿大会の戦い、さらには中島が目指す選手増に迫った。

 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】

大きな経験を積んだ2年生の秋

偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 | 高校野球ドットコム
昨秋の近畿大会での中島大輔(龍谷大平安)

 近畿大会では1回戦から桂田拓都天理・新3年)、岩本真之介市立和歌山・新2年)、清水大成履正社・新3年)と左腕との対戦が続いていた。「左投手は少し苦手意識はあります」という中島にとっては苦難の日々。それでも決勝の明石商戦では3安打を放って1番打者としての面目を保った。中島は秋の公式戦で最も印象に残っているのがこの明石商戦だという。

 「こんなに緊迫した試合は初めての体験だったので、緊張しました。自分がどうにかできないかなと思ったんですけど、一人の力では無理だということもわかりました。全員で一つになって勝てた試合かなと改めて思いました」

 京都大会から接戦を勝ち抜いてきた龍谷大平安だったが、近畿大会の決勝で延長12回の大激戦はこれまでとは違った雰囲気を感じていたのだろう。公式戦デビューからの2ヶ月は中島にとって大きな経験値となった。

 秋の公式戦が終わり、シーズンオフの冬へと突入した。中島はセンバツに向けての課題をこう話す。

 「バッティングでは力がなく、スイングが弱いことが自分でもわかりました。この冬で体重を増やして、スイングも強くするということをやっています。守備では肩を痛めて送球が弱いところもありました。春はそんなことも言っていられないので、しっかり送球を強くすることを心掛けています」

 攻守ともに力強さを求めて冬の練習に取り組んできた中島。原田英彦監督は「走ったら速いし、ミート力もある」と中島のセンスを評価している。この冬でパワーアップした姿を見せることができれば、チームとしても大きなプラスをもたらすことになるだろう。

[page_break:偉大な先輩を超えた外野手となる!]

偉大な先輩を超えた外野手となる!

偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 | 高校野球ドットコム
監督の期待に応えたいと語る中島大輔選手

 この春が初めての甲子園となる中島が意識している先輩がいる。それは昨夏にセンターのレギュラーとして活躍していた17038(東洋大入学予定)だ。松本は昨夏の京都大会で打率.750と驚異的な成績を残している。誰もが認めるチーム一の努力家で後輩からの信頼も厚かった。

 「松本さんは自分が見ている中では一番努力していた方で、とてもストイックに練習されていました。夏の大会でも7割を超える打率を残すのは凄いと思いますし、体も小さいのに自分よりもスピードがありました。『松本はこうやったぞ』と指導者の方からも言われたりするので、とても意識しています」

 偉大な先輩の後釜というプレッシャーもあるが、中島は「松本さんを超えたい」と意欲を見せている。外野手に本格転向してから日の浅い中島だが、センターの守備ではどんなことを意識しているのだろうか。

 「足があるので、ピッチャーが打たれたと思ったときに絶対に抜けるような打球を取ってあげたいと思います。そこが自分の見せる場所だと思うので、ポジショニングと一歩目を試合では意識しています。自分の中では徳本健太朗(トヨタ自動車入社予定)さんのような1番センターになりたいと思っています。ホームランも打てますし、走塁もとても注目されていました。守備では肩がとても強いので、少しでも近づいていきたいと思います」

 目標としている選手に、5年前のセンバツ優勝時の1番センターである徳本の名を挙げた中島。徳本のような活躍ができれば龍谷大平安の全国制覇も見えてくるだろう。しかし、「1番打者がいないんですよ。中島にはもっと強い1番になってほしい」と原田監督の評価は厳しい。取材当日には練習中に原田監督から中島に対して厳しい言葉がかけられていた。だが、これも期待の裏返しだろう。

 「言われているうちが花だと思っています。今は苦しい時ですけど、頑張って期待に少しでも応えたいと思います」と中島は監督の言葉に奮起して期待に応えるつもりでいる。一冬超えて心身ともに強くなった中島の活躍が楽しみだ。

文=馬場 遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!