Interview

甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道

2018.12.30

 昨年8月に行われた第40回全国中学校軟式野球大会の決勝で、延長11回にも及ぶ激闘を演じた高知中と秀光中等教育学校。大きな注目を集めたのは、最速150キロを誇る高知中のエース・森木大智投手だったが、秀光中等教育学校にも、147キロサウスポー・笹倉世凪投手と共に注目された本格派右腕がいた。

 それが伊藤樹投手だ。完成度の高いフォームから投げ込まれる直球は144キロを計測し、秀光中等教育学校の決勝進出に大きく貢献した。今回は、そんな伊藤投手に独占インタビューを行い、高知中との激闘や高校野球に向けた心境を語っていただいた。

「何か」で森木に勝てる投手になって甲子園で優勝できれば

甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 | 高校野球ドットコム
伊藤樹(秀光中等教育)

―― 全中はお疲れさまでした。まずは高知中との決勝を振り返って頂けますか?

伊藤樹(以下、伊藤) 全中の前に島根、広島に遠征させてもらい、その時にも高知中とも試合をしたのですが7回に自分が崩れてしまい負けてしまいました。
 全中では(高知中と)逆ブロックだったので、決勝で対戦しようという話をしていて、そんな中で決勝で高知中と当たった時は森木と投げ合えるうれしさがありました。試合も投手として積み重ねてきたものがちゃんと出せたと思いますし、負けてしまったんですけどやってきて良かった、楽しかったと思える試合でした。

―― 試合の内容に関しては、反省点はありますか?

伊藤 タイブレークになった10回表に、2アウトを取ってから失投をライト前に打たれてしまいました。あの1球が悔しかったですね。

―― 高知中のメンバーとはまた3年後甲子園で戦いたいねという話などは?

伊藤 しました。また3年後、甲子園で戦いたいですね。

―― そうですよね!3年後に甲子園で対戦が実現したらどんな試合をしたいですか?

伊藤 自分たちの世代で1番いい投手が森木大智だと言われてると思うので、「何か」で森木に勝てる投手になって、甲子園で優勝できればと思ってます。

―― 実現できることを楽しみにしています!ここからは伊藤投手のピッチングについてお伺いしたいと思います。まず、現在の最速は何キロか教えてください。

伊藤 今、最速は144キロです。

―― スピードが速くなったきっかけがあれば教えてください。

伊藤 身長や体重がいきなり伸びたり体幹が強くなったりとかは無かったんですけど、2年生の秋頃から急に急速が上がって、139キロまで上がりました。
 この春から夏にかけては、体幹トレーニングと体重を増やすこと、フォームの改善を行って144キロまで球速は上がりコントロールもよくなりました。

―― 具体的にフォームのどこを改善しましたか?

笹倉 左手の使い方と体を開かないということですね。体を開かないということが急速アップとコントロールに一番影響してると思います。

[page_break:吉田輝星のように甲子園で「花」となれるように]

吉田輝星投手のように甲子園で「花」となれるように

甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 | 高校野球ドットコム
伊藤樹(秀光中等教育)

―― ここからは高校野球に向けたお話を伺いたいと思います。まずこの夏の甲子園はご覧になりましたか?

伊藤 見ました。仙台育英の試合を見て、(秀光中等教育から仙台育英に転出した)須江先生に監督が代わって野球も代わったと感じました。遠い存在に感じていた仙台育英が、近い存在に感じ、その中で投手が必要になってくると思うので自分がチームに必要な存在になれればと思いました。

―― やはり須江監督の存在は大きいのですね。印象に残った選手はいますか?

伊藤 金足農吉田輝星投手ですね。自分は地元が秋田なので、金足農の試合を見てすごく刺激を受けました。自分も吉田投手のように[stadium]甲子園[/stadium]で活躍できればと思ってます。

―― 同じ投手として見習いたいところはありましたか?

伊藤 ストレートが速いのもありますが、それ以上に空振りが取れるストレートだったのでそこを見習いたいと思い刺激を受けました。

―― 吉田投手のピッチングは凄かったですよね!高校ではどんな投手になりたいですか?

伊藤 自分の好きな言葉に「花」という言葉があるんですけど、吉田輝星投手のように躍動して輝ける投手になることが目標です。自分のピッチングで感動を呼べたり輝くことができたらと思ってるので、言葉を大切にして甲子園で「花」となれるように頑張ってます。

―― なるほど!ちなみにプロ野球で意識している選手はいますか?

伊藤 変化球を得意にしているので、金子弌大投手が自分のスタイルに似ていると思います。なので1番意識しています。

―― ありがとうございます。それでは最後に、野球選手としての最終的な目標をお願いします。

伊藤 プロ野球選手になることが夢で、目標は15年以上活躍できる投手になりたいと思います。プロに入ることはその過程であって、それを成し遂げるために様々な努力を積み重ねて、15年以上プロで活躍する投手になることが目標です。

文=栗崎 祐太朗

ネクスト球児関連記事
 ◆最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密
 ◆森木 大智(高知中3年)独占インタビュー !高知高で志す「マルチプレイヤー」【前編】
 ◆「165キロ」「50本塁打」そして「マルチプレイヤーとして」聖地へ 森木 大智(高知中3年)【後編】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?