Interview

中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー

2018.07.16

 今年の中国地区を代表する速球投手・引地秀一郎。最速151キロの速球を投げ込む剛速球右腕だ。1年生の夏から146キロのスピードボールを投げ込み、大きな期待をかけられた引地は最終学年を迎えた。速球投手・引地のルーツや、勝てる投手になるための取り組みを聞いた。

中学時代のケガが速球投手・引地の原点

中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー | 高校野球ドットコム
中国地区を代表する速球投手・引地秀一郎(倉敷商)

 ―― 小学校1年生で野球を始めた引地投手。投手になったのはいつからですか?

引地秀一郎(以下引地):投手になったのは小学校5年生からです。当時から同級生の中ではそこそこ肩は強い方でした。投手は上原浩治さんにあこがれていましたね。

 ―― 投手を始めたときからスピードはありましたか?

引地: スピードが上がってきたのは中学生(軟式)の時からですね。小学校の時に肘を痛めて、中学2年の春にまた肘が痛くなった時に投げた方を変えないとまた痛めるなと思い、通っていた整体の先生に肘の使い方を教わりました。
 それまでは我流でアーム投げでしたが、肘の基本的な使い方を教わってから、スピードも速くなり、中学2年生の夏の大会前には投げれるようになりましたね。中学3年生には137キロを出せるようになりました。

 ―― どう矯正したのですか?

引地: 怪我をしている期間にシャドウピッチング、新聞紙を丸めたボールを投げたりしました。当時は週2回ぐらい整体に通っていました。

 ―― 倉敷商業に進むきっかけを教えてください。

引地: 公立校であった点と、練習の雰囲気がよくて、監督の森光先生が熱い方だったので進学を決めました。

 ―― 実際に高校野球の印象はどうでしたか??

引地: やはりすごいなと思いました。中学校の時のように簡単には勝てないと思いました。

 ―― 1年夏からデビューし、さらに最速146キロを計測します。

引地: 最初は緊張しましたね。146キロを出すことができたのも、スピードは意識せずに、その時は全力で投げた結果で生まれたものだと思っています。

[page_break:昨年は勝てる投手になるにはどうすればいいか考えた]

昨年は勝てる投手になるにはどうすればいいか考えた

中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー | 高校野球ドットコム引地秀一郎(倉敷商)

 ―― そこから1年の秋、そして2年の春と公式戦での経験を積んでいくことで学んだ事は??

引地: どうしたら抑えられるのかを投げているうちに少しずつ分かってきました。

 ―― そして2年の夏はエースとして公式戦を迎えました。

引地: エースナンバーをつけているのに不甲斐ないピッチングを見せてしまいました。ピンチを作って、なんとか抑えたりしましたが、チームに勢いをつけることができませんでした。

 ―― 球速について聞きたいのですが、MAX151キロを出したことについてはいかがですか。

引地:昨年夏の関西戦で出しました。入学した時から150キロは出したいと思っていましたが、負けてしまったので…。
 ただ最速を更新したんだなという気持ちでした。それよりもチームを勝たせたかったです。

 ―― なるほど。では夏の経験をいかして、2年秋からはどう投球を磨いてきたのですか?

引地: 新チームになって最初は自分が打たれて負けてたりしたので、もう一度自分を見つめ直しました。勝つために、丁寧に丁寧に投げる事と一年の時のように我武者羅じゃないけど、気持ち力をこめて投げることを意識しました。

 ―― 配球についてはどうでしょう?

引地: それは捕手と一緒に考えました。変化球でどうストライクを取るかを意識しました。勝っていく中でだんだん自分の中で形になってきた気がしました。

 ―― 秋、春と中国大会にいけたのは自信になりましたか??

引地: そうですね。結果論ですが、夏に向けて春の大会でいけた事は自信になりましたね。

 ―― 秋の中国大会を振り返ってみると?

引地: 県大会の時は打たれなかったのですが、中国大会で3点もとられたのは反省かなと思います。舞い上がったという事ではないですが、選抜がかかっている事を変に意識してしまいました。

 ―― 中国大会の後に怪我をしてしまったそうですが、何かプレーに影響した事はありますか。

引地: 2月末から通常の練習に参加できるようになりましたが、怪我をしてからのほうがコントロールがよくなりました。やはり考える時間が増えたり、投球フォームの意識を変えたりしたのが良かったです。

[page_break:球速の想いは封印。とにかく勝つこと。そして侍ジャパンU-18代表になりたい]

球速の想いは封印。とにかく勝つこと。そして侍ジャパンU-18代表になりたい

中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー | 高校野球ドットコム引地秀一郎(倉敷商)

 ―― 具体的にどんなふうに意識を変えたのですか?

引地: 怪我をした分、下半身をどう使って投げるかを考えていったら、自然とコントロールが良くなっていきました。

 ―― さらにフォームで意識していることを教えてください。

引地: 肩の開きはあまり開かないようにおえさる意識しています。上半身をしっかり使って振り下ろすイメージで投げることでボールに勢いを与えています。

 ―― 一冬超えて、春の県大会での感触はいかがでしたか。

引地: 完璧ではなかったのですが、ゼロで抑えたのは良かったです。2試合で16イニング投げました。7イニング、9イニング投げました。少し(感覚を)掴んだ感じがありました。

 ―― 中国大会はいかがでしたか

引地: 粘り強く投げれたのかなと思います。準決勝の広島新庄戦はピンチの場面で普段自分の後をよく投げてくれている小引のあとに登板したのですが、最後を抑えることができずに、そこを粘れなかったのが自分の弱さかなと思いました。どんな役割でも粘り強く投げることが自分の課題です。

 ―― 打撃でも活躍する引地選手ですが、何がきっかけでホームランを打てるようになったんですか?

引地: 中学の時の監督からバットをボールの下に入れろと言われて、それを1年生の時から意識してました。救い上げるようなスイングはここから始まったと思います。

 ―― 改めて最後の夏に向けて今の課題は??

引地: 甲子園に行くことしか考えていないので、甲子園に行くために何が必要かを考え、1%でもその可能性をあげる事を意識しています。

 ―― 具体的にはどんなところでしょうか??

引地: 無駄な四球をださない。ピンチの場面やエラーやヒット(で出塁を許した)後に如何に冷静にいられるかという点を意識しています。

 ―― スピードに対する意識は

引地: もちろんスピードも出したいですが、一番はゼロにおさえることです。その中でスピードも出れば良いなと考えています

 ―― 侍ジャパンU-18代表に対する思いはどうでしょう。

引地: 入れるなら入りたいとは思います。日本代表は目標でもありますので。

 ―― またその候補選手の中には2年生の選手も選ばれました。

引地: そうですね。同じ岡山県から創志学園の西投手も選ばれていて、年下というのも意識はありますが、それより全国で他の投手に負けたくないですね。自分が一番になりたいので、夏の大会でしっかり逆転できればと思います。

 ―― ありがとうございます。それでは最後に夏に向けた意気込みを聞かせてください。

引地: 勝つだけです。全国制覇できるよう頑張りたいです!!

文=河嶋宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.19

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.19

【千葉】銚子商、光英VERITASの初戦の相手は?<春季大会地区予選組み合わせ>

2024.02.19

野球界にもやってきた「厚底」の流れ 超一流選手も注目の一足「革新をもたらしそうなスパイク」

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.01.22

【2024年度大学野球新体制一覧】注目大学の野球部主将・新体制はどうなったか?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!