Interview

西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」

2017.10.25

西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 | 高校野球ドットコム

『自分のことで悩むんだったら、もっとチームのことで悩め』

――現在の心境は。

西巻 賢二選手(以下、西巻):甲子園、日本代表が終わってから長かったように感じます。

――高校3年間を振り返ってみるとどうですか。1年夏の甲子園準優勝。2年秋からはキャプテンとしてチームをけん引し、秋、春と東北大会優勝。センバツ、選手権と2季連続で甲子園も戦いました。

西巻:高校に入学して、いきなり夏の甲子園決勝という舞台に行って、準優勝できたという経験は大きいです。あまり負けを知らずに新チームになり、心のどこかにセンバツは大丈夫だろうという気持ちがあったので、東北大会準々決勝で負けた時は実感がありませんでした。あとは夏しかないと強い気持ちで挑み、(準決勝の)東北戦を迎えました。その時は負けることはない、負けることはないと言い聞かせて試合をしていましたが、結局、サヨナラ負けし、あの時は頭が真っ白になりました。甲子園の決勝まで行ったことも経験し、一度も甲子園に行けなかった年も経験した。今だから言えることですが、どちらの代も経験できたことは大きかったなと思います。その2つを踏まえて、自分たちの代はキャプテンとしてチームのことを考えられたかなと思っています。

――キャプテンとして佐々木順一朗監督から言われて印象に残っていることは何ですか。

西巻:思うように結果が出ないことがあったんですけど、そういう時に自分の結果は二の次だということを一番、言われました。『自分のことで悩むんだったら、もっとチームのことで悩め』と言ってもらって、それが一番、キャプテンになってから心に残っている言葉です。

――ベクトルを他に向けられた。

西巻:自分のことだけでなく、周りのことを考えるようになってから、そんなに自分の結果で悩むことがなくなりました。考えすぎることがなくなり、気持ちが楽になりました。みんなも自分のことを支えてくれて、そのことも感じることができました。

――2年生の春頃は攻守に不調でした。

西巻:とんでもなかったですね。打球が来たら捕れない。打席に立ったら打てる気がしない。これまでの野球人生で最大のスランプでした。

――今、思うと、あの時期はあってよかったと思いますか。

西巻:もちろん、よかったです。強くなれました。このまま夏を迎えたらチームに迷惑しかかけないなという結果だったので、もう一度、基本に戻ることができたと思います。守備もバッティングも基本的なところから見つめ直しました。

――よかったことも悪かったことも経験した西巻選手は福島・会津若松市の出身。中学から仙台育英の秀光中に進み、宮城で6年間を過ごしました。仙台育英学園はどんな存在ですか。

西巻:最高(笑)。本当に良かったですね、ここに来て。父の知人から秀光中を紹介され、小学生の時に練習を体験したのですが、最初はトレーニングがきつくて。でも、2回目に来た時の紅白戦が楽しかったんです。秀光中ではいろんなことを学んだ3年間でした。特に野球に対する考え方を学びました。ただ打って、守って、走ってではなく、野球というスポーツに対して、いろんなことを追求しまし、野球を深く学び、考えた3年間でした。高校でも先生(佐々木監督)からいろんな言葉をもらいました。ここまでやれたのも、一番は両親の支えが大きかったと思います。宮城と会津(約160キロ)を何度も行き来してくれて。それが6年間ですからね。小学生の時も会津からいわき(約130キロ)のチームに通っていたので。

[page_break:機敏さを出して確実性のあるバッティングへ]

西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 | 高校野球ドットコム

機敏さを出して確実性のあるバッティングへ

――相当な移動距離ですね。

西巻:それを笑ってやっていますからね(笑)。しかも、後輩の練習試合にも来る(笑)。

――最後はU-18代表入りを果たしました。

西巻:代表の時に感じたことがこれからも重要になってくると思います。海外のチームはランナーが一塁にいると打ってくる。日本は基本的にバント。そうすると、ヒット頼みでしか点数が入らないので、ここぞの盗塁だったり、相手のミスで次の塁に進んだりすることがどれだけ大事かということを感じることができました。ただ打ったり、守ったり、走ったりするだけではなく、それにプラスアルファで、中学や高校で学んだ野球に対しての考え方を生かしながらやっていくことが大切かなと思いました。

――そうした経験をして、プロでは自分の何で勝負ができると考えていますか。

西巻:守備と走塁だと思っています。

――守備は堅実な上、範囲や動作、状況の判断力に一瞬の判断力もいいものがあります。何度も驚かされました。

西巻:自分で印象に残っている守備は1年の秋の練習試合だったと思いますが。ランナー二塁で三遊間に打球が飛んできた時、普通はファーストに送球するのですが、左目でランナーが出ているのが見えたんです。なので、捕ってジャンプしてセカンドに投げてアウトにしたことがありました。何で今のプレーができたんだろうという疑問はありましたが、自分の中でよくできたな、と。プレーしている時、打球も見ているのですが、ランナーが動きながら自然と視界に入ってくるんです。

――先を見据えた時、強化したい部分は。

西巻:もっとスピードをつけたいです。守備に対するスピードもそうですし、走ることもそうです。もっと機敏さを出していきたいです。バッティングは確実性を上げたいと思っています。

――この先、どんな野球人でありたいですか。

西巻:あの人、いいなとか、ああいう風になりたいなとか、そんな感じで思ってもらえる選手になりたいですね。

(インタビュー/文・高橋 昌江

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.25

帝京大の新入生は指名漏れの履正社スラッガーや、日大三の強打のセンターなど好野手たちが一挙入学!

2024.02.25

安樂智大が渡る「メキシカンリーグ」の現実とは…「給料未払い」「武装警官」「トラックの荷台で移動」「1日でクビ」「最高月給は100万円」

2024.02.25

【センバツ出場32校紹介】21世紀枠で76年ぶり出場の田辺、智辯和歌山撃破の実力を聖地で発揮する

2024.02.25

【センバツドラフト候補・スーパー1年生編】大阪桐蔭が誇る怪物右腕、宮城大弥を彷彿とさせる健大高崎の超実戦派左腕、星稜のクレバー型捕手と超名門に逸材が集結!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!