試合レポート

履正社vs早稲田実業

2016.11.15

大砲競演、エース・竹田の力投で履正社、早実破り初優勝

履正社vs早稲田実業 | 高校野球ドットコム

優勝を決めて喜ぶ竹田祐(履正社)

 早稲田実業清宮 幸太郎履正社安田 尚憲。高校球界を代表する強打者が相まみえたこの試合、明治神宮大会の決勝戦では珍しく、両校ともブラスバンドが加勢して応援合戦を繰り広げ、関心の高さを物語っていた。

 この大会4試合目になる履正社の岡田 龍生監督は、エース・竹田 祐の完投は難しく、「竹田は6回から。とにかく何とか5回まで頑張ってくれれば」という思いで、背番号10の左腕・松井 百代を先発のマウンドに送れば、早稲田実業の和泉 実監督は、「うちの投手陣が抑えられるというイメージがなかった。中川は体調を崩して、体力がないという部分はありましたが、引っ張りたかった」という思いで、1年生エースの中川 広渡を先発のマウンドに送った。

 中川は1回表履正社を三者凡退で抑えた。その裏早稲田実業は、注目の清宮が低めの球をうまく打ち返すと、打球は右中間のスタンドに入る本塁打となり、早稲田実業が1点を先制する。

 しかし2回表履正社は二死二塁から、の大会当たっている驚異の7番打者・片山 悠の左前安打で同点に追いつく。

 さらに3回表には一死一、三塁で打席に入った注目の強打者・安田が、ライトスタンドに入る3ランを放ち、3点のリードを奪った。

 両チームの主砲が強烈な一発を放ち俄然盛り上がってきた決勝戦は、3回裏にまた大きく動く。

 この回先頭の1番野田 優人は、都大会から続く好調を維持して、ライト線への二塁打。2番西田 燎太の遊直を履正社西山 虎太郎が取り損ない無死一、三塁とし、3番清宮は力まず右前安打を放ち、1点を入れる。さらに4番野村 大樹がセンターフェンス直撃の二塁打を放って2人を迎え入れる。「真っ直ぐ待ちで、スライダーが甘いところに来ました」と、野村は語る。


履正社vs早稲田実業 | 高校野球ドットコム

悔しさをかみしめる早稲田実業ナイン

 ここで履正社は松井に代えて、田中雷太をマウンドに送る。それでも早稲田実業の猛攻は続き、6番小西 優喜の左前安打で野村も生還する。なおも続く一死二塁の場面で、8番打者で先発投手でもある中川に打順が回ってきた。中川は、右前安打を放ち、この回5点目を入れる。ここで早稲田実業ベンチは安打の中川に代えて江木達彦を代走に送る。実は中川は、3点を失いベンチに戻ったところで、「次は赤嶺(大哉)で行く」と交代を告げられていた。「(履正社は)1人1人、みんな強打者で、3イニング投げた以上に疲れました」と中川は言う。

 中川の安打に続き、9番横山 優斗が四球で出たところで履正社は、予定よりも早くエースの竹田を投入した。中川から赤嶺、田中から竹田。この投手の交代が、勝敗を大きく分けることになった。

 4回表履正社は、代わった赤嶺に猛攻を浴びせる。安打2本と四球で無死満塁とし、2番西山は一塁清宮の横を抜けるライト線の二塁打を放ち、2人が還り同点。3番安田の中犠飛で逆転に成功する。さらに4番若林 将平の左前安打で1点を追加し、なおも続く二死一、二塁の場面で、驚異の7番片山を迎える。打順は7番でも、振りは上位と遜色ない片山は、「ここで1本出そう」と思って打席に入る。そしてその思い通りに、レフトスタンドに入る3ランを放ち、履正社が試合の主導権を握った。

 一方、3回途中から登板した竹田は、「すごい打者がいるので、その前に走者を出さないよう、気を付けて投げました」と語る通りの、丁寧な投球をみせる。走者を出すものの、3回も併殺で切り抜けるなど、安定した投球も光った。「もう、いっぱいいっぱいでした」という最終回にも最速145キロを出すなど、力のあるところも示した。

 早稲田実業も継投した池田 徹服部 雅生は好投し、得点を許さなかったが、及ばず、11対6で履正社が勝ち、初優勝を飾った。

 早稲田実業の清宮主将が、「八王子戦の負けがあるから、今につながっている。この試合も、来年に向けて大きくつながっていきます」と語る。夏の西東京大会の準々決勝で八王子に敗れてから、この秋にかけて、チームは大きく成長を遂げてきた。この敗戦も、来年に向けての糧になるに違いない。

 優勝した履正社は、下位打線までを含めた打線の重量感では、群を抜いていた。それでも同じ大砲である清宮との比較になると、岡田監督も、安田自身も「レベルが違いました」と、清宮に軍配を上げる。秋の神宮で相まみえた2人のライバル物語は、来年の高校野球を、また熱くするに違いない。

(取材・文=大島裕史

履正社vs早稲田実業 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年明治神宮大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.26

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26

【島根】開星、出雲が各地区で優勝<各地区大会>

2024.05.26

【宮城】仙台育英が投打に圧倒して5大会連続28回目のV<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商