Column

守備がもっと楽しくなる!「デュアルテクノロジーグラブ」にかけた2人の思い 【連載Vol.03】

2016.10.21

 第3回はグラブ開発に携わる両氏が「縁の下の力持ち」に徹する理由など、「デュアル・テクノロジー」に込められた深い想いをお2人に話して頂きます!

「デュアル・テクノロジー」は縁の下の力持ち

グラブは「縁の下の力持ち」

――第2回でも話がありましたが、「デュアル・テクノロジー」をテストした選手からは具体的にはどんな声があがっているのですか?

日高 泰也氏(以下、日高):ほとんどの選手から言われるのは「捕球しやすくなった」「エラーが減りました」という意見です。これは私たちにとっては一番の褒め言葉です。「なんで捕球しやすくなったの?」と聞いても「わからないんです」という答えが返ってくるんですが、それでいいと思っています。

麻生 茂明氏(以下、麻生):プロの世界でもそうですよ。「こだわり」はリクエストできますが、「なんでよくなったか。捕球できやすくなったか」を理解している選手はなかなかいないと思います。

――それでも構わないんですよね?

麻生:はい。グラブは「縁の下の力持ち」でいいんです。

日高:打球をうまく捕球できない選手には「こんな型のグラブを使った方がいいのでは?」とアドバイスすることもあります。でも、「捕球しやすい。エラーが減った」と言ってくる選手には、一切その理由を言わないようにしています。

――「そんな理由は考える必要がない」ということですね。

麻生:「余計なことを考えることなく直感で捕球できる」。それこそ、私たちが考える守備の理想です。

日高:私たちは選手の守備力が上がるよう、技術と心理の両面からサポートする。そこが大事です。

麻生:私が長年アメリカで仕事をしてよかったと思うことがあります。私は30代で英語の勉強を始めたものですから、決して流暢に話せるわけではありません。でも、私が質問を繰り返すと、選手たちは何度でも丁寧に説明してくれる。その結果、グラブについてお互い突っ込んだ議論ができる。そんなやり取りの集積も今回の「デュアル・テクノロジー」に活かされていると思います。

――日米両国のノウハウが融合して完成したのが「デュアル・テクノロジー」ということですね。

麻生:そのとおりです。

日高:少しでも気になる点は1つ1つ改良を加えて仕上げた商品です。高校球児が日々の練習で磨いている守備力をさらに一段引き上げる。「守備は難しい」という心理的な悩みを払拭させる。そんなグラブになっていると思います。

麻生:1つだけ付け加えます。実はグラブのヒール(土手)の部分は、日高さんからの提案で、いままでの日本の型より少し狭くしています。それは地を這うようなゴロを簡単につかむようにするため。土手が広いと、イレギュラーのない人工芝の打球ならいわゆる「当て捕り」ができる反面、土や芝のグランドで必要な「つかむ動作」が難しいんです。日高さんは「日本の高校球児のためには、欠かせない改良」だと言っていました。本人は忘れているようですが(笑)。

日高:すっかり忘れていました(笑)。とにかく5年もの時間をかけて、細部までこだわり抜いて作りましたからね。

このページのトップへ

[page_break:MLBの守備の名手が高く評価する「デュアル・テクノロジー」]

MLBの守備の名手が高く評価する「デュアル・テクノロジー」

笑顔で開発の舞台裏を語る麻生茂明氏と日高泰也氏

麻生:アメリカ本社では嬉しい話がありました。ダスティン・ペドロイア選手(MLBボストン・レッドソックスの二塁手)は、人生でグラブを3つしか変えていないというほどこだわりが強い選手なんですが、いまのグラブを7年も使っているので、革が破れてきました。そろそろ次のモデルに変えようということになったんですが、いくつか候補のグラブを見せてもなかなか満足しないんです。

 そこで、今回日本向けに開発したデュアル・テクノロジーを少しだけアレンジして渡したところ、「こんな素晴らしいグラブはいままで見たことがない。ありがとう」と言ってくれました。日本の高校生のために開発したグラブをMLBの守備の名手が高く評価してくれた。これまでの苦労が報われたと思いましたね。
ホゼ・アルトゥーベ選手(MLBヒューストン・アストロズの二塁手)にも渡したら、今まで使っていたモデルはそっちのけで、デュアル・テクノロジーを使い続けています。

――そういった国際的な話を聞くと、「第11回BFA U-18アジア選手権」を制した侍ジャパンU-18代表のように高校生が世界と戦う機会が多くなった昨今、「デュアル・テクノロジー」を使うメリットをますます感じます。

日高:日本でも、国際大会でも荒れた土や芝のグランドで一発勝負のトーナメントをすることは日常茶飯事です。そんな試合で勝つには、不規則なバウンドや前にチャージするゴロを確実に処理しなければならない。「デュアル・テクノロジー」は国内外を問わず、そんな大舞台で真価を発揮してくれると思います。

 ひと昔前まで「ウイルソンのグラブはMLBの選手が使っているが、日本では合うわけがない」と言われて、悔しい思いをしてきました。これからは、ウイルソンのグラブなら世界のどこでもプレーできます。高校時代に使い慣れた「デュアル・テクノロジー」でMLBに挑戦する。そんな選手が出てきてくれたら嬉しいですね。

麻生:私は、いつか日米双方で通用するグラブを作ってみたいという思いがありました。今回の「デュアル・テクノロジー」は「どこへ持っていってもいいものはいい」ということを示してくれました。同じ競技力の選手が二人いたら、「デュアル・テクノロジー」を使う選手が勝つかもしれない。作り手としては、それくらいの自信があります。

日高:私がよく練習を見に行く学校に、守備範囲が広いのに控えの選手がいるんです。監督に理由を聞くと「球際でよくこぼすから」。でも、それは選手の技術ではなくグラブがよくないからだと思います。「デュアル・テクノロジー」は、そんな選手の守備力をサポートしてくれます。いままで捕れなかった打球を捕れるようになったら、選手自身の気持ちまで変わって守備が楽しくなるんです。ぜひ、使ってみてください!

 時には笑いも交えつつ、「デュアル・テクノロジー」開発の舞台裏を語ってくれた麻生 茂明氏と日高 泰也氏。高校球児のために「理想のグラブ」を作り上げる。そんな情熱が、このグラブには詰まっている。

話題の『 硬式用 Wilson Staff Dual 』を一挙紹介!

硬式用 Wilson Staff Dual 内野手用 D6H
上代 55,000円 (税別)
サイズ:6
カラー:Wオレンジ (21)・Eオレンジ (22)・ブラック (90SS)
素材:[表革] プロストック ステアレザー (+スーパースキン)
[裏革] 共革 (指裏/ ディアソフト)
[芯材] 親指/ ウールS + ウールH 小指/ 化繊 + ウールH 指/ ウールH
逆とじ・ウェブ: H・日本製

硬式用 Wilson Staff Dual 内野手用 D5T
上代 55,000円 (税別)
サイズ:7
カラー:Wオレンジ (21)・Eオレンジ (22)・ブラック (90SS)
素材:[表革] プロストック ステアレザー (+スーパースキン)
[裏革] 共革 (指裏/ ディアソフト)
[芯材] 親指/ ウールS + ウールH 小指/ 化繊 + ウールH 指/ ウールH
ウェブ: TⅡ・日本製

硬式用 Wilson Staff Dual 内野手用 DOH
上代 55,000円 (税別)
サイズ:8
カラー:Wオレンジ (21)・Eオレンジ (22)・ブラック (90SS)
素材:[表革] プロストック ステアレザー (+スーパースキン)
[裏革] 共革 (指裏/ ディアソフト)
[芯材] 親指/ ウールS + ウールH 小指/ 化繊 + ウールH 指/ ウールH
ウェブ: HW・日本製

硬式用 Wilson Staff Dual 外野手用 D8D
上代 55,000円 (税別)
サイズ:12
右投げ・左投げ (R)
カラー:Wオレンジ (21)・Eオレンジ (22)・ブラック (90SS)
素材:[表革] プロストック ステアレザー (+スーパースキン)
[裏革] 共革 (指裏/ ディアソフト)
[芯材] 親指/ 化繊 + ウールH 小指/ 化繊 + ウールH 指/ 化繊
逆とじ/ クロス背面紐・ウェブ: Dトンボ・日本製

もっと詳しくWilsonの商品情報をみる

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】開幕戦は延長11回に及ぶ激闘!川内商工が5点差をひっくり返し、逆転サヨナラ!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】伝統の「中玉戦」は鹿児島玉龍の完封勝ち!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】樟南vs鹿児島商 かつて「御三家対決」は、樟南が逆転勝利!

2024.05.27

【鹿児島NHK選抜大会】出水工が延長に及ぶ激戦を制して、サヨナラ勝ち

2024.05.27

愛知高野連が6月1日、2日の招待校変更を発表。智辯和歌山から報徳学園、龍谷大平安に

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商