試合レポート

日大三vs早大学院

2016.10.30

強打の日大三が井上と櫻井のホームランなどで早大学院を撃破!

日大三vs早大学院 | 高校野球ドットコム

1番・井上選手(日大三)

 2013年夏以来の甲子園を目指す強豪・日大三早大学院が挑んだ準々決勝。

 先制したのは早大学院。1回表、日大三の先発・岡部 仁の立ち上がりを攻め、1番・木屋がセンター前ヒット。2番・小林は四球を選び、3番・浦野 聖弥は一二塁間を破って、いきなり無死満塁のチャンス。この場面で4番・赤尾 夢翔はショートゴロ。日大三内野陣はセカンドゲッツーを狙うが二封のみで、この間に三塁走者が生還し1点。なおも一死一三塁で、5番・早坂はやや高いバウンドのピッチャーゴロ。日大三は再びセカンドゲッツーを狙うがまたも一塁はセーフとなり代走の古橋がホームイン。早大学院は幸先よく2点を奪った。

 一方、日大三は自慢の強打で反撃。早大学院の左腕・内田 悠佑に対し、1番・井上 大成がライトへ先頭打者ホームラン。この一打で勢いに乗ると、2番・金子は四球。そして、3番・櫻井 周斗との間でエンドランを仕掛けると、この作戦が的中。櫻井の打球はライト前ヒットとなり無死一三塁の好機を作ると、このチャンスで打席に入った4番・比留間はきっちりとセンターへ犠牲フライを打ち上げ、日大三はすぐに同点に追いついた。

 さらに2回裏の日大三は、8番・岡部がセンター前ヒットで出塁すると、今度は9番・津原 瑠斗が確実に送りバント。その後、井上の四球と金子の中前打で一死満塁とすると、櫻井は押し出しの四球を選び、勝ち越しに成功した。

 日大三の岡部は2回表、一死一二塁から木屋をショートライナーでダブルプレー。3回表は一死一塁から赤尾をショートゴロでゲッツーとスコアボードに0を重ねてきたが、5回表。9番・新井の高いバウンドの三塁ゴロが不運な内野安打となると、試合途中から2番に入っていた古橋には三遊間を破られ、一死一二塁のピンチを招いたところで降板。マウンドを左腕の櫻井に譲った。櫻井は今大会、初めての救援となったが、ここは冷静に浦野をライトフライ、赤尾はセンターフライに打ち取り、見事な火消しを見せた。


日大三vs早大学院 | 高校野球ドットコム

先発・内田投手(早大学院)

 ピンチの後にチャンスあり。5回裏の日大三はこの回先頭の櫻井がセンターへソロホームランを放って4対2。そして、初回に続き、またもホームランが呼び水となり、比留間、日置の連打で無死一二塁とすると、ここで早大学院ベンチは内田をあきらめ、二番手の佐藤にスイッチ。しかし、佐藤は代わった直後の初球で暴投してしまうと、動揺からか6番・溝口を四球で歩かせ無死満塁から7番・長谷川にセンター犠牲フライ。なおも暴投などで一死二三塁となり8番・八木にもライトへ犠牲フライを打たれて点差を4点に広げられてしまった。

 逆に、余裕ができた日大三の櫻井は、右打者のひざ元を突くスライダーを有効に使い6回以降も好投。7回表は8番・大石 武史に左中間を破られ無死二塁とされるが、新井を高めの真っ直ぐで空振り三振。佐藤をショートゴロ。古橋は見逃し三振でピンチを切り抜けると、9回は大石と代打の上和野 雄也から二者連続三振を奪うなど4回2/3を1安打に抑え、日大三が6対2で早大学院を破りベスト4に進出した。

 早大学院は初回に2点を先制したものの、2回以降はなかなか得点圏に走者を進めることができず無得点に抑えられた。投手陣も目を見張るような速球はないなかで丁寧な投球を見せていたのだが、ホームランで活気づく相手打線を止めるのは至難の業だった。

 日大三の小倉 全由監督は試合を振り返り「初回、井上のホームランで、すぐに点を取り返せたのがよかった。また、櫻井はナイスピッチングでした」と投打のヒーローを称えた。準決勝は都立日野と顔を合わせることになったが「都立日野はしつこくて勢いがあるチーム。明日はどちらの投手も連投になると思うので、打たなければいけないでしょう」と見通しを教えてくれた。日大三も都立日野も打力は十分。そして、舞台は神宮第二球場となれば、打撃戦は必至のようだ。

(文・写真=大平明

日大三vs早大学院 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード